ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]


WEEFINE WF リングライト3018
モニターをする機会を得た。
 
今回のテストで、
WEEFINE WF リングライト3018最大の特徴
エレクトロニック・フラッシュ(EF) モードは、
実際に、テストして、あまり、感動は無かった。
 
それよりも、
ワイド:() 最大1800ルーメンになった事の方が、
より実用的に感じた。
使用するに内に
エレクトロニック・フラッシュ(EF) モード
最大3000ルーメンで、
照射できる方が、より使用範囲が、広い印象になった。
 
また、
ハリ魔王が感じる
WEEFINE WF リングライト3018と、
相性の良いレンズは、
45mmマクロレンズから、
60mmマクロレンズ程度が
ベストマッチの印象を感じた。
 
今回は、105mmマクロでテストをしたが、
ワークディスタンス[最短撮影距離]が、
長いレンズでは、
WEEFINE WF リングライト3018の光りで、
色再現できる範囲制限が厳し過ぎるφ(・ω・ )メモメモ
 
TG-4までの顕微鏡モードとの組み合わせは、
WEEFINE WF リングライト3018
エレクトロニック・フラッシュ(EF) モード
使うためのアダプターを取り付けると
ライト光が当たる範囲の最短側影響が出る。
 
この様な使い方なら、
先行発売
WEEFINE WF リングライト1000の方がおすすめである。
 
WEEFINE WF リングライト1000 TGシリーズとの相性①』から
読んでいただければよい。
 
また、
WEEFINE WF リングライト1000 TGシリーズとの相性』で、
書いた、ライトカメラ発色の調整などの共通の中身は、
WEEFINE WF リングライト3018の日記では、省略したいと思う。
 
では、
まずは、
自分の愛用品
ライカ MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8ライカ MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8から
組み合わせた。
 
スティチに、-1段調節して撮影した。
 
イメージ 1
WEEFINE WF リングライト1000より
約一段分シャッタースピードが速くなった。
 
水中では、
被写体の吸収率が違うので、
ここまでの差は、無いだろうと予測してテストを開始した。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事