ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]

ハリ魔王流色温度調節フィルターのススメⅠ Bigblue VTL-6300P
続きです。
 
今回も、アップ制限がかかてしまいました<m(__)m>
 
この調節方法では、
色のバランスの微調整
好みまで、引き上げる事は、不可能である。
 
RAWで、撮影して
加工ソフトで、
ホワイトバランス・カラートーン微調整をすれば、
可能だと思っている方が多いが、
原板撮影映像に含まれている以上の
発色は不可能だ。

例えば、
海水の色を好みに調整すると、
他の色は、犠牲にする事になる。
静止画では、
切り貼りをすれば、
これも、
たくさんの時間と労力をかければ可能だが、
動画では、
1コマ・1コマ行うのは、不可能なレベルである。
 
また、
最初にそこまで、
工夫して撮影できるようになれば、
静止画でも、
加工時間大幅な短縮につながる。
 
陸上撮影では、
特に、スタジオなどで行われる撮影の
主流になりつつある。
 
その辺の知識を取り入れた商品も発売になっているが、
まだまだ、水中写真愛好家では、少数派である。
参考)
「色温度変換フィルター&拡散板」撮影テクニック
 
しかし、
2018年度の大瀬崎フォトコンのグランプリと、
カレンダーに選ばれる作品1では、
参考資料以上の調節を撮影時に行い、
JAPGの撮影である。
 
ハリ魔王ブログでお見せしている水中映像は、
説明がない限り
これらの調整をそのエリア・被写体に合わせて、
基本の調整済み組み合わせから、
微調整して
JAPGの撮影している。
後は、掲載の為にフィルサイズの変更と、
シャープネスの変更を行っている。
 
これがハリ魔王の言う『撮った出し』である。
 
陸上でのコマーシャルフォトグラファーの世界での
仕事としては、
特別
珍しいレベルではない。
 
女性を撮影するアマレベルでも、
普通におこなわれているレベルになりつつある。
[それをできる人は、使用カメラで、判っている人にはわかってしまう程度]
 
Bigblue VTL-6300P標準色温度補正フィルターで、
調整できる範囲では、
ハリ魔王のほしい
レベル発色バランスを水中では、
得られなかったので、
 
ハリ魔王のモデファイは、この様になった。
 
イメージ 1
FIX NEOレッドフィルター
ラバー部分を使い
イメージ 2
Bigblue VTL-6300Pは、
色温度6000K以上ライトなので、
FIX NEOトリプルフィルターシステム
WARM (4000K)を組み合わせて、
ホワイトバランス全体太陽光のバランスに近づけた。
 
ハリ魔王の好みに、
たりない色のバランスは、
陸上撮影用カラーフィルターを使って
オリジナルカラーを作り出している。
[このカラーフィルターの種類については、勘違い防止のため、ネット上では非公開です。]
続く

にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事