ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]

D-2000からの変更点とハリ魔王の想定Ⅰ INON D-200ストロボ②」

D-2000からの変更点とハリ魔王の想定Ⅱ INON D-200ストロボ③」
続きです。
 
Z-330と同タイプの
ストロボライトカッター」を
イメージ 1
標準装備しているが、
ワイド用としては、有効な長さになっている事は、
Z-330の検証で判っている。
 
マクロ用としては、
Z-330の時に、短い事を検証済みなので、
マクロを優先するなら、
旧モデルから、
わざわざ、買い替えのメリットは、薄いφ(・ω・ )メモメモ
 
また、
マクロ用専用なら、
値段の安い
S-2000を購入した方が良い様に、考察している。
 
S-20002買っても、
Z-330を買う気なら、
ほとんど、金額に差が生まれないφ(・ω・ )メモメモ
 
D-200発光リサイクルタイム
FULL発光でも最短1.3である。
 
これには、
INONの水中ストロボ中最短であるが、
勘違いしないでほしい。
最上級モデルのZ-330と、
使用されているコンデンサーが、共通であるからである。
 
Z-330ガイドナンバー20相当で、
再チャージすると、
同等の最短1.3程度という事である。
 
内部にこもる熱を水中へ逃がす放熱機構を装備は、
D-200も、Z-330同装備だが、
常に発光管
ガイドナンバー20相当で、
発光すると、
ガイドナンバー32と余裕のある
Z-330の方が、
発光管の寿命が長い事になるだろう。
 
 
以上が、
モニターテスト前に、ハリ魔王が、データから、考えた。
想定である。
 
これがどの程度あっているのか
良い意味で、違っているのか
水中モニターテストを
再開したいと物だ。
 
その日まで、
INON D-200ストロボのシリーズは、休眠したいと思う<(_ _)>
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事