ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]


「ハリ魔王流色温度調節フィルターのススメⅠ Bigblue VTL-6300P⑦」
「ハリ魔王流色温度調節フィルターのススメⅡ Bigblue VTL-6300P⑧」
続きです。


他の方法としても、
イノン 色温度変換フィルター[4600K]
カットして使っても良いしφ(・ω・ )メモメモ

ケンコー色温度変換・色補正フィルター
加工取付する方法もある。
 
これらの調節の中から、
自分の感じる発色の好みに近い物を選んで、
先に、述べたプリセットを行い
さらに、満足いかなければφ(・ω・ )メモメモ
ホワイトバランス微調整機能のあるカメラで、
さらなる調節をすればイイのである。
 
それが面倒であれば
付属品色温度補正黄色フィルターで、十分である。
 
さて、
調節済みのBigblue VTL-6300P
自分のパナソニックGX-7に取り付けは、
 
イメージ 1
この様にした。
 
そう、
メインのオリジナル改造ライト特長
弱められるだろうと想定してスタートした。
 
まずは、カラー調整済みBigblue VTL-6300Pのみ照射の映像
[ホワイトバランス等は、オリジナルライトに合わせてある。]
 
イメージ 2
ライト撮影の利点
 
イメージ 3
チャージを
イメージ 4
待たなくてよいので
 
サクサク
 
イメージ 5
撮影で
イメージ 6
できる。
 
仕上がり画像をチェックすると、
今回のホワイトバランスでは、
若干の黄ばみ確認できる。
 
これは、
Bigblue VTL-6300Pのみ使用なら、
調整できる範囲であるφ(・ω・ )メモメモ
 
つづく

にほんブログ村


水中写真のランキングをしています。


この日記が、


気に入っていただけたなら(*≧m≦*)


毎回、ポチとしてくださいませm(__"m)ペコリ














この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事