ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]


TTL調光正確さを確認する方法として、
オーダーハウジングの元祖
D.I.V.の工藤社長に教わった方法が、
サイド光で、
照射して
照射された所が正確に表現できていれば、
安定して、
使用できるという。
 
以前から、
このテストを水中ストロボなど、
TTL調光を試す場面で、行ってきたが、
ほとんど、見せられる結果は、撮影できない。
 
今回は、
そんなことはなかった。
 
この仕上がり
 
イメージ 1
撮影データ
撮影モード   マニアル(M)モード
Av(絞り数値)         f-18[f-8相当]
Tv(シャッター速度)         1/250

露出補正           -0.7 

ISO感度             ISO-100
フラッシュ     新型コンバーター/N1YS-D2モード」
SEA&SEAYS-D2 DS-TTL調光
ホワイトバランス    5500°K
アスペクト       4:3
 
萌え(*´Д`)萌え(*´Д`)激萌え(*´Д`)ハァハァ


アプリレベル簡単加工をすると
イメージ 2
 
発色以外変更しないで、
潜んでいる感じを大事にできた。
合格である。
 
確かに、
今の流行のハイキー・「ふぁとろ」向きとは言い難いが、
ポジフィルムの様な仕上がりε=\_○ノ イヤッホーゥ!
 
デシタル映像も、
カメラごとに表現の有効性を変える時代に突入した様であるφ(・ω・ )メモメモ
 
それを考えると、
良く考えた発色表現を可能にしている。
 
『じゃじゃ馬ニコンD850
よくぞコントロールしているφ(・ω・ )メモメモ
 
新型光コンバーター/N1は中々であるかもと、
最初のテストで、好感触を持った。
 
続いて、
絞りによる違いをチェックする事にした。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事