ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全326ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

水深15mほどの所で、
ホワイトバランスのプリセットで、
演色性Ra95 Premium LEDバルブ用に
調整したホワイトバランスと、
太陽光が、春濁りで、緑色に見えている海水色で、
ミックス光撮影をした。
 
砂地に顔を出しているダテハゼを使ったので
 
イメージ 1
撮影データ
撮影機種  LUMIX GX7
撮影モード   絞り優先(A)モード
Av(絞り数値)         8
Tv(シャッター速度)       1/100
露出補正             -1.0
ISO感度             オート設定(ISO-200)
水中ライト  FIX NEO Premium 2200 DX II×2台 100%照射
ホワイトバランス   ホワイトバランスのプリセット
35mm換算          90mm相当
アスペクト       4:3
 
太陽光が勝ってる映像からスタートしたが、
エメラルドグリーン不思議な海水色でスタートした。
実際は、青色を全く感じない。
グリーンに見えている海中なので、
違和感がある⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク
 
段々
 
イメージ 2
近づく
 
イメージ 3
エメラルドグリーンの
イメージ 4
 
色カブリには
 
何も変化がなく
 
イメージ 5
この一枚を最後に巣穴へ
 
最後の一枚でも、色カブリがあり
ダテハゼの体色は、正しい発色で表現できなかった。
 
ダテハゼの体色を優先して
SILKYPIXで修正すると
 
イメージ 6
体色には、不自然なピンクが出るぐらいでないと
クラカケ模様の発色が得られない⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク
さらに、
海水色は、
さらにその日の
雰囲気を
失ってしまったorz
 
演色性Ra95 Premium LEDバルブ
2でも、光量が足りていない
 
その条件で撮影すると、海水色も、影響を受けてしまう。
 
想定通りであるが、
実際に、撮影チャレンジした方が、
問題確認できるように、アップした。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


『苦肉の策 演色性Ra95 Premium LEDバルブの色合わせ方法②』
続き
 
ストロボで、撮影したように発色が出たのは、
イメージ 1

撮影データ
撮影機種  LUMIX GX7
撮影モード   絞り優先(A)モード
Av(絞り数値)         8

Tv(シャッター速度)       1/100

露出補正             -1.0
ISO感度             オート設定(ISO-400)
水中ライト  FIX NEO Premium 2200 DX II×2台 100%照射
ホワイトバランス   ホワイトバランスのプリセット
35mm換算          90mm相当
アスペクト       4:3
 
レンズ面から、
20cmを切った所からであった。
ISO感度も、ISO400に落ちたので、
前回までの比較的きれいに写る条件に入った事になる。
 
透明度の問題もあるが、
撮影距離20cm程度より近距離でなくては、
このLEDライトの光量では、発色限界となるといえる(g)b
 
この距離では、
35mm換算90mm相当では、
4cmほどの大きさのツリフネキヌヅツミ
殻高ですら全部画面入れる事が出来ないorz
 
ここからは、
 
イメージ 2
発色を確認しながら
 
イメージ 3
最短撮影に近づけた。
 

ほぼ最短を作り出して撮影すると、
ISO
感度が変わった。

 
イメージ 4
撮影データ
撮影機種  LUMIX GX7
撮影モード   絞り優先(A)モード
Av(絞り数値)         8

Tv(シャッター速度)       1/100

露出補正             -1.0
ISO感度             オート設定(ISO-800)
水中ライト  FIX NEO Premium 2200 DX II×2台 100%照射
ホワイトバランス   ホワイトバランスのプリセット
35mm換算          90mm相当
アスペクト       4:3
 
AFを切って、MF最短撮影開始
Christopher Newbertが、
水中で始めた「おきピン撮影」で撮影をする事に)^o^(
ハリ魔王 水中写真の「バイブル」Within a Rainbowed Sea 水中写真に参考になる本
 
イメージ 5
ISO感度は、
やはり、ISO800
45mmマクロ露出倍数
ISO感度1絞り分稼いで
光量を調整している事がわかる。
 
演色性Ra95 Premium LEDバルブライト光の光量では、
2使っても
十分な明るさがあるとは
言い難い結果⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク
 
光量の少ないLEDライトで、
十分という人がいたら
それは、かなり、
限られた条件のみという事である(g)b
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ホワイトバランスのプリセット』を

演色性Ra95PremiumLEDバルブ

ホワイトバランスを合わせるとil||li _|| il||li
どの様になるか
前回の映像で、十分、判ってくれる方は、
もう、今日からの更新は、読む必要はないと思う。
 
調節終わった

演色性Ra95PremiumLEDバルブ用ホワイトバランスで、

 
30cmほど離れた距離から、撮影テスト開始する事にした。

普段ハリ魔王が使っているLEDライトでは、
この位の距離なら、十分に発色をえられるからである。
実際は
 
イメージ 1
撮影データ
撮影機種  LUMIX GX7
撮影モード   絞り優先(A)モード
Av(絞り数値)         8

Tv(シャッター速度)       1/100

露出補正             -1.0
ISO感度             オート設定(ISO-800)
水中ライト  FIX NEO Premium 2200 DX II×2台 100%照射
ホワイトバランス   ホワイトバランスのプリセット
35mm換算          90mm相当
アスペクト       4:3
 
水深26m以上あるのに、
2200ルーメンの光量を2でも、
ISO感度が、ISO800まで、上がり
太陽光をより取り込む設定に変更になった。
 
その為、太陽光勝った画像になっている。
 
海水の色が、不自然なだけでなく
海藻は、肉眼では、茶色に見えていたが、
変な発色で色カブリをおこしている。
 
この距離から少しづつ距離をつめて
撮影する事にした。
 
イメージ 2
ISO640に変わった。
 
さらに近づく
 
イメージ 3
ISO640は、変わらない。
 
20cmほどの距離になり
 
イメージ 4
ISO500になった。
太陽光の影響が少ない右端の海藻に、
本来の茶色の発色が見られる。
ミックス光で、

演色性Ra95PremiumLEDバルブ

2200ルーメン2の方が、
強くなった瞬間
 
しかし、
四角で囲った部分を
拡大すると、
イメージ 5
 
白く半透明な部分は、残念だが、太陽光の色カブリをおこして、
薄っすらと、ブルーの色が確認できる。
また、太陽光の影響が強い。
 
ツリフネキヌヅツミの後ろ側から、
緩やかな流れを感じていたが、
拡大すると、
被写体が、
シャッタースピードが遅い為にブレがおきている。
 
手ブレ補正は、カメラのブレを抑えてくれるが、
被写体その物のブレは、押さえてくれないorz
 
ここまでは、
今まで書いてきたレベル変わらない状態である。
 
続く
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ハロゲンライトとの呪縛 Ra値の誤解 Premium LEDバルブの勘違い_|| il||liシリーズで、
Ra95の高い演色性は、
太陽光とは違う人工的に作り出した
発色である事を話した。
 
演色性Ra95PremiumLEDバルブは、
ホワイトバランスも、
4000Kの公称であるが、
人工的な光の為
ホワイトバランス色温度設定して、
ホワイトバランス微調整(2軸方式)で、
微調整する方法では、
だいたいの調整しかできない話をφ(・ω・ )メモメモ
ホワイトバランス色温度設定をしても答えは最悪orz ハロゲンライトとの呪縛 Ra値の誤解⑦ Premium LEDバルブの勘違い_|| il||li
からお話した。
 
今回は、
ホワイトバランスのプリセット』での調節φ(・ω・ )メモメモ
 
この仕組みは、
ほぼすべてのデシタルカメラ搭載されている。
 
この方法は、
水深濁りなどの変化に対応するためには、
毎回、読み込みをしなおす必要があるφ(・ω・ )メモメモ
 
プリセット後、色の微調節を可能とするものは、
動画に強い(*^ー゚)bグッジョブ!!
数社のデシタルカメラのフラグシップモデルだけで、
対応に使うには、まだ難しい
 
細かく調節をする必要がある。
 
今回は、
ワザと、
ホワイトバランスのプリセット』を
演色性Ra95PremiumLEDバルブとは、
相性の悪い条件φ(・ω・ )メモメモ
春の西伊豆大瀬崎の春濁りの海で行った。
 
太陽光の影響を小さくするために
湾内の水深26mまで、潜降して、
ホワイトボードに、
演色性Ra95PremiumLEDバルブ
照射して
ホワイトバランスのプリセット』を使い
ホワイトバランスを調整した。
 
ツリフネキヌヅツミそばで見つけて
 
太陽光の影響がない様に撮影した。
イメージ 1
撮影データ
撮影機種  LUMIX GX7
撮影モード   絞り優先(A)モード
Av(絞り数値)         8
Tv(シャッター速度)       1/100
露出補正             -1.0
ISO感度             オート設定(ISO-320)
水中ライト  FIX NEO Premium 2200 DX II×2台 100%照射
ホワイトバランス   ホワイトバランスのプリセット
35mm換算          90mm相当
アスペクト       4:3
 
実際より、
かなり、艶やかな色合いに仕上がった。
 
派手目の体色が、好みならイイのだが、伊豆の生物感ない。
 
また、
図鑑などの標本サンプル写真としては、
不合格なレベルorz
 
そのまま、
太陽の方へ向けて
 
イメージ 2
海水を撮影した。
撮影機種  LUMIX GX7
撮影モード   絞り優先(A)モード
Av(絞り数値)         8
Tv(シャッター速度)       1/100
露出補正             -1.0
ISO感度             オート設定(ISO-320)
水中ライト  FIX NEO Premium 2200 DX II×2台 100%照射
ホワイトバランス   ホワイトバランスのプリセット
35mm換算          90mm相当
アスペクト       4:3
 
残念orz
 
これが、
この方法の
問題点φ(・ω・ )メモメモ
 
春濁りの海水なので、
グリーンがかった海水色に表現されるはずである。
この色を
色温度設定で、調整して出すとすると、
3600K゜程度で、同色の感じである。
 
それなのに被写体ツリフネキヌヅツミ
発色のアンバーが強い。
白色ハッキリ表現されているφ(・ω・ )メモメモ
 
次回は、
この調節のまま
太陽光とのミックス光で、撮影した物を見せていきたい。
 
続く
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

INON X-2 for GX7MK3に、取り付け可能なφ(・ω・ )メモメモ


ユーエヌ社


イメージ 1
水中液晶アングルフード
お話で最終話としたい。


この商品を取り付けるとφ(・ω・ )メモメモ

ローアングルで、


撮影するのには、とても便利になる。


実際にミジンンベニハゼで撮影して見ると、


水中液晶アングルフードでは、

イメージ 2

陸上撮影でいうと


ウエストレベルで撮影したが、
ハイアングルの映像になってしまう。


本来、
自然な状態である場合は、

水底ギリギリの場所に瓶の口がある事が正常である。


その為、

撮影の為にorz

誰かが定期的に、

瓶の口を上向きになる様にいして固定している。



ミジンベニハゼにとっては、

繁殖相手を探す事を考えると決して良い事ではないorz


2019/06/02現在


大瀬崎に昨年度より生き残った個体は、

繁殖相手を見つけられないで、今年の繁殖期が近づいてる。


このまま、ペアを作れないのなら、

今季は、観察できる水深での繁殖行動の観察は、

絶望的であると推測される。


今回の本題ではないので、本題にもどる。


本来は、この例の様に、写るのが自然な事である。


上から、被写体を押さえつけた様に撮影する構図では、

被写体は、おかっなビックリに見えてしまう。

一度ミジンベニハゼから離れて

水中液晶アングルフードを取り付けて


砂地ギリギリ
ローポジションで近づいて
イメージ 3
撮影した。 


続いて
イメージ 4
もう1カット

ミジンベニハゼの視線が、丁度イイ


水平アングルになった。 


ハリ魔王は、
水中液晶アングルフードを使って、
ほぼ、下向きに見ている状態である。 


ミジンベニハゼが、
カメラに違和感を感じていないのを確認して
さらに距離をつめてφ(・ω・ )メモメモ 


撮影 
イメージ 5


キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー
 
イメージ 6


レンズを見つめている顔が撮影できた。 


さらに撮影距離をつめると
一度、瓶の奥へ隠れて戻ってきて、威嚇した。


シャッターチャンス
イメージ 7
キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー


どうやら、前ガラスに反射で自分の映ったのだろう()
侵入者のメスと間違えて、威嚇した(||´Д`)=3=3=3 ゴホゴホ


そう、
ミジンベニハゼで、
瓶の中に一匹いる場合は、

ほぼメスに性転換した個体である。


繁殖のペアを作ろうと、
他の瓶の個体を近づけるダイバーがいるが、
どちらかが死ぬまで縄張り争いをする。



その強い性格を表した撮影が初めてできたφ(・ω・ )メモメモ


INON X-2 for GX7MK3ハウジングの
モニターテストはここで終了したいと思う。
標準ズームレンズ

LUMIX G VARIO 14-42mm /F3.5-5.6 II ASPH.」に、

マグネットシステムが用意されるなど、
変化があったらまた更新したいと思う。 


にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全326ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事