ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今回も、本気で、書いたら、
一回でアップできない量になってしまった<(__)>
数回に分けさせていただく<(_ _)>
 
INON D-200を購入検討している人の中には、
将来は、
2灯撮影用1灯目として、購入を考えている人
現在持っている、
INON社または、他社とのストロボとの組み合わせでの
2灯目に検討している方もいるかもしれないと考えて
次の検証を行った。
 
いつもの様に、
検証結果から、
INON D-200と相性が一番は、
INON D-200で、
二番目は、
INON Z-330であるφ(・ω・ )メモメモ

それ以前のINONストロボ
他社とは、
照射された光の性質が違うので、
変則的な使い方を想定していない限り
お勧めできない
これが、
すべてのテストを終えたφ(・ω・)メモメモ
現在(2018.12)本音の感想である。
 
では、
検証は、INON D-200と、
INON S-2000の組み合わせからスタートした。
費用的に考えた場合
INON D-200の組み合わせに一番と
考える方が多いと想定したからである。

まずは、
ミノカサゴを被写体にして
それぞれの照射された光の癖
S-TTL調光精度
確認して行く事からスタートした。
 
カメラは、
水中用に、一番、使われている。
TG-4に、
INON UWL-H100 28M67 Type2選択した。
 
水中モード」は、
INONストロボの発色と合わないので、
Aモードハリ魔王流に変更した。
通称「ハリ魔王モード」を使った。
 
INON D-200
水中ライティング
基本「左45°光」にセッテングして、
撮影テストする事にした。
 
「左45°光」については、
水中写真の基礎を学べる本3 水中写真虎の巻
p128ページ「ライティングについて」参照
 
では、 
イメージ 1
テスト開始 
イメージ 2
段々に、距離をつめると、 
イメージ 3
INON D-200は、安定して、
S-TTL調光するのは、もはや当たり前なのだ() 
イメージ 4
問題は、照射されている光に注目してほしい。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ
https://photo.blogmura.com/p_underwater/
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事