ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

新型水中ストロボ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


INON D-200のスペックを公表されているデータで比較すると、
標準装備の拡散板を取り付けた。
Zシリーズの前作
Z-240と、ほぼ同等と言える。
 
その検証をして、
INON D-200の検証を終わらせたいと思う。
 
同じぐらいの撮影距離で比較するのが一番なので、
 
それぞれ
1灯を左右に取り付けて撮影する事にした。
 
検証に使用したZ-240タイプ4は、
発売時からハリ魔王が愛用している物で、
オーバーホールには、出しいているが、
発光管は、使用回数と共に、光量は低下して、
公称GNは、ない物として判断してもらいたい。
 
また、先に書くが、
普段ハリ魔王は、付属品の拡散板は、使用しない
 
折角の照射特性をスポイルすると考えているからである。
 
どちらも、
絞りf-11で、
テストカメラのX接点1/250秒でS-TTL調光撮影した。
 
INON D-200
 
イメージ 1
INON Z-240タイプ4拡散フィルター付き
 
イメージ 2
INON D-200
 
イメージ 3
INON Z-240タイプ4拡散フィルター付き
 
イメージ 4
INON D-200
 
イメージ 5
INON Z-240タイプ4拡散フィルター付き
 
イメージ 6
INON D-200
 
イメージ 7
INON Z-240タイプ4拡散フィルター付き
 
イメージ 8
どちらも、
フットライトで撮影している。
 
フットライトについてはφ(・ω・ )メモメモ
水中写真の基礎を学べる本3 水中写真虎の巻』の
P130を参照
 
以上の結果になった。
 
INON D-200の方が、
明らかに、むらなく広い範囲を照射している事が判る。
 
INON Z-240タイプ4拡散フィルター付きでは、
中央が中心に光量が大きく、
同じ画角をカバーする事になっているが、
周辺の光量は、明らかに、小さいφ(・ω・ )メモメモ
 
一番離れた映像で判る通り、
自分のINON Z-240タイプ4の様に、
発光管の使用頻度が、多く、最大光量に低下がみられる場合
INON D-200を購入するとイイと考えてしまうだろう。
 
しかし、良く考えてほしい。
 
INON D-200フル発光に近い状態で使用すると、
それだけ、早い回数の使用頻度で光量が低下する。
 
それなら、その低下量を考慮して
よりガイドナンバーが大きいZ-330を用意して、
余裕のある光量で撮影する方が、
発光管の寿命が、長い事は、言うまでもない。
 
また、
Z-240の特性
フラッシュのムラも、
大事な撮影表現の一つ
明確に、当てたい所に
ライティングできるという前提だが、
当たっている所から影の付き方が、大きく違う特徴となる。
 
光りが、広く回っている写真が、イイ表現とは言い難い。
 
ハリ魔王は、
INON Z-240タイプ4を使う場合
その表現力を大事にするので、
普段から、拡散フィルターは使用しない。
 
INON Z-240タイプ4発光特長
継いでいると言えるストロボは、
発売になっていないので、
自分のINON Z-240タイプ4は、
大事に使って行く事にしている。
 
フラットな明るい光量を求めるなら、
INON D-200ではなく
INON Z-330を用意する事を強く推奨する。
 
INON D-200のメリットは、
コンパクトデシタルカメラに、
ワイトコンバージョンをつけた場面で、
1でカバーできるスペックであるという点である。
 
 
こんな最終結果でこの日記を終わりにしたいと思う。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ
 


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

INON D-200二灯で組み合わせる場合
INON D-200主光にした場合
サブ光は、
INON D-200以外は、組み合わせに不向きであると判断した。
 
INON Z-330が、主光ならば、
サブ光として、INON D-200を組み合わせする事は、
光りの特性が、可能になるが
最も、この特性の生きるワイド撮影で、
INON Z-3302使用の撮影範囲より
劣る事は、書くまでもないだろう。
 
INON S-2000との組み合わせで、
それぞれの光りの特性を理解して
撮影するとしたらどうだろう。
 
INON D-200の柔らかい光で、全体を光で包み込み
透明感も表現したい。
 
INON S-2000では、直進性の強い特徴を生かして
立体感を強調したいと考えた。
 
大瀬崎の湾内の漁礁に長らく見られた。
オオガラスハゼを被写体に、
撮影を繰り返し
ライティングを調整して、
完成したのが、コレ(g)b
 
イメージ 1
今回も、ファイルサイズφ(・ω・ )メモメモ
それに合わせたシャープネスの変更だけである。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

他のストロボとの比較開始 S-2000とは!?① INON D-200 」の
続きです。
 
INON D-200の光りは、
広く、芯が無く、一定の光りで、照射されている。
Z-330と、全く、同じ特徴である。
 
同じに、
被写体ストロボの間の
水中の浮遊物が、
反射してしまう。
 
ハリ魔王は、
INON新型ストロボを使う上で、
最も、気を付けないといけない事
書きたいと思うφ(・ω・ )メモメモ
 
 
対処法は、
水中写真の基礎を学べる本1 水中写真マニュアル
p78ページ 「濁った海での撮影テクニック−ライティングと広角レンズ 実践的撮影テクニック編」参照の事
 
「濁った海のテクニック」となっているが、
この日の透明度は、15mほどある。
この事から考えても、
INON D-200を使う時は、十分に注意が必要である。
 
続いて、
ハウジングの反対側に取りつた。
INON S-2000一灯で、
逆側「右45°光」から、
S-TTL調光撮影した。
 
イメージ 1
照射面積の違い
 
イメージ 2
中央中心に強い直進性の光
 
イメージ 3
その周りは、柔らかい光である。
 
INON D-200比べて、
浮遊物は、INON S-2000の方が、
少なく写ってる事が確認できる。
 
INON S-2000の方が、
後に撮影しているので、
浮遊物以外に、自分を含め複数のダイバーによる
水流の影響で、浮き上がった汚れ
普通は、増えるはずである。
 
それを考慮して画像をチェックしてほしい。
 
INON D-200柔らかい広い滑らかな光
INON S-2000は正確に照射すれば、
はっきりと影を作るφ(・ω・ )メモメモ
INON D-200より強い光である。
 
それぞれの特長を使い分ければ
違う仕上がりの写真が作れることになるφ(・ω・ )メモメモ
 
この検証で、
ハリ魔王は、
INON D-200の導入は無いなと考えた。
 
それは、
浮遊物の写りこみ
これを防ぐには、
旧型INONストロボより、
長いアームが、必要である。
照射面は、広くなっているが、
GNは、旧型D-2000タイプ4と変わらない。
海水の吸収拡散は、
空気中と比べものにならないほど
大きいφ(・ω・ )メモメモ
 
離して
ストロボを照射するという事は
それだけ、海水の吸収拡散影響を受ける
 
それなら、
INON Z-330を使った方良いφ(・ω・ )メモメモ
 
最後に、
 
イメージ 4
INON D-200INON S-2000の組み合わせで、
 
イメージ 5
撮影した。
 
映像がコレ
イメージ 6
 
ミノカサゴゴツゴツ感
INON D-200が、
弱めているが、
迫力は十分( ̄ー+ ̄)
 
砂地に写るミノカサゴが、
二つとも、弱くなっている。
手前側の影をなくすには、
「左45°光」横光側に、高さを下げていけば良い。
 
 
しかし、
これが、
可愛い、愛くるしいなどの表現
考えると、
明らかに
NGの組み合わせである。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今回も、本気で、書いたら、
一回でアップできない量になってしまった<(__)>
数回に分けさせていただく<(_ _)>
 
INON D-200を購入検討している人の中には、
将来は、
2灯撮影用1灯目として、購入を考えている人
現在持っている、
INON社または、他社とのストロボとの組み合わせでの
2灯目に検討している方もいるかもしれないと考えて
次の検証を行った。
 
いつもの様に、
検証結果から、
INON D-200と相性が一番は、
INON D-200で、
二番目は、
INON Z-330であるφ(・ω・ )メモメモ

それ以前のINONストロボ
他社とは、
照射された光の性質が違うので、
変則的な使い方を想定していない限り
お勧めできない
これが、
すべてのテストを終えたφ(・ω・)メモメモ
現在(2018.12)本音の感想である。
 
では、
検証は、INON D-200と、
INON S-2000の組み合わせからスタートした。
費用的に考えた場合
INON D-200の組み合わせに一番と
考える方が多いと想定したからである。

まずは、
ミノカサゴを被写体にして
それぞれの照射された光の癖
S-TTL調光精度
確認して行く事からスタートした。
 
カメラは、
水中用に、一番、使われている。
TG-4に、
INON UWL-H100 28M67 Type2選択した。
 
水中モード」は、
INONストロボの発色と合わないので、
Aモードハリ魔王流に変更した。
通称「ハリ魔王モード」を使った。
 
INON D-200
水中ライティング
基本「左45°光」にセッテングして、
撮影テストする事にした。
 
「左45°光」については、
水中写真の基礎を学べる本3 水中写真虎の巻
p128ページ「ライティングについて」参照
 
では、 
イメージ 1
テスト開始 
イメージ 2
段々に、距離をつめると、 
イメージ 3
INON D-200は、安定して、
S-TTL調光するのは、もはや当たり前なのだ() 
イメージ 4
問題は、照射されている光に注目してほしい。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ
https://photo.blogmura.com/p_underwater/
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


バックが詰まった状態で、
白い被写体を撮影すると、
補正無で撮影すると、周りの吸収率に影響を受けて
オーバー目、または、白トビをおこす事が多い。
 
INON D-200は、前回の検証で、調べる必要性を感じた。

直ぐに、
メガネハギの幼魚を発見して
 
イメージ 1
撮影開始
 
イメージ 2
大光量ストロボの場合は、
撮影距離を近くすると白トビがおきる物が多いが
 
イメージ 3
流石、INONです。
 
しかも、露出が変わりません。
 
ここまでは、
合格ラインのお話ですが

この写真が使えるか
 
使えないか
 
ハリ魔王の判断は、使えない映像です。
 
-3段補正をかけても、
 
イメージ 4
主要被写体のメガネハギの幼魚。。。(_ _)σ‖
白い場所の体色に他の色が見られません。
 
撮影時に、
EV.コントローラー」で、
調節をして
最適な光量を選択する必要がある。
 
最近の最先端デジタルカメラは、
ダイナミックレンジが広い、
その為に、
色のつながりは、人間の目のレベルを超えている所がある。
 
これを、
後加工で発色を調節すると言う考え方は、
一般パソコンの性能が、追いついていない現在
以前より、より長い編集時間がかかる事になる。
 
また、
その方式をしていると、
本来、もっとたくさんの色情報が入っている方が、
結局、仕上がりで大きな差を産むことになるφ(・ω・ )メモメモ
 
キャノンのように、
それを推奨しているメーカーは別だが、
それ以外のメーカー製のカメラなら、
撮影時に、仕上げた方が、
仕上がりが、大きく差がおきるφ(・ω・ )メモメモ
 
 
 
逆に1段オーバーに補正すると
イメージ 5
そう、最新S-TTLでは、
女性フォト派ダイバーに流行の
『ふぁとろ』な仕上がりにはならないφ(・ω・ )メモメモ
 
まあ、
露出オーバー撮影で、
色が粘って残るカメラは、
どんどん、姿をけしていったので、
その必要もなくなったが。。。(_ _)σ‖
 
現在のカメラで撮影した映像を無理して、
後加工で色を作ると、出来上がりは、安っぽくなってしまう。
 
有名巨匠のコメントを盗むなら、
「その時代は、その時代のカメラを使いこなさないと、
その雰囲気は、写せない。」
そう考えると、
新しい撮影時に操作して、
新しい雰囲気
『ふぁとろ』な仕上がりを模索する方が、
ズーと良いだろう。
 
少し話が膨らんでしまったが、
INON D-200を検証する中で、
どの様な場面が、一番、生きる可能性が高いか
 
考えると、
イイ意味で、
『良く飼いならされた』
高性能なストロボと言うのがφ(・ω・ )メモメモ
特徴に感じ始めていた。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

 


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事