ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

新型水中ストロボ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
Nauticam TTLコンバーターNikon基礎テストが終了したので、
詳しく書いていきたいと思う。
 
詳しく書いていると、膨大な更新量になってしまうので、
先に、おすすめの組み合わせについて書いていきたいと思う。
 
ハリ魔王水中同調テストでは、
Nauticam TTLコンバーターNikonと、
相性の良いストロボの順番は、
一般向けの場合
イメージ 2
Nauticam  TTLコンバーター Nikonの設定TTLで、D1設定」

INON D-2000タイプ4か、S-2000を使うのが良いだろう。
この二つなら、同じものを二つ用意しなくてもいい。
また、新品を買わなくても、
現在、使用している物が、
しっかりと
オーバーホール点検を受けていれば、問題なく使用できる。
 
絞り解放では、オーバーにストロボがたけるが、
これは、ストロボ側の設計に忠実な証拠である。
フィルム時代ハイキーな画像を作る時の名残なのだ。
そう、
今、流行の柔らかい雰囲気のマクロを作りやすい
設計になっている。
連載中に詳しく書くが、
その上でも、
光量をカメラ側で、正確に、微調整できるφ(・ω・ )メモメモ
 
Nauticamは、世界で最も流通している。
INONストロボをメインにして
TTLコンバーター Nikonを設計していることがわかる。
 
内蔵フラッシュでは、S-TTLでの連続撮影には、
内蔵フラッシュチャージを待たなくてはならない
絞りを絞った条件でも、
ストロボ側チャージが間に合えば、
今までより、短い間隔の時間で、連続撮影が可能である。
 
生態的瞬間を逃さず撮影する時には、
絶対的に有利である。
 
Nauticam TTLコンバーターNikonは、高い販売価格だが、
D500超高性能AFを駆使して、
撮影するなら、不可欠な装備と言えよう。

欠点は、
Nauticam TTLコンバーターNikonの設定
TTLからマニアルに変更して、
イメージ 4
ストロボ側を
マニアルに変更する為のマグネットをφ(・ω・ )メモメモ
使わなくてはならない点である。
しかし、ここまで、使いこなす人は、そう多くないだろう。
もし、
ここまでの事が読んで理解できる人は、
下記のプロ感覚の組み合わせをおすすめする。
 
 
ハリ魔王
プロのコマシャールフォトカメラマンとして
選択するならφ(・ω・ )メモメモ
Z-240タイプ42灯選択する。
Nauticam  TTLコンバーター Nikonの設定TTLで、D1設定」
先のD-2000S-2000とは、
ストロボ側のS-TTLの設定が違うので、併用できない。
 
このZ-240は、よりフィルム時代のTTLの仕組みに近いので、
ポジフィルム時代からの蓄積データの感覚のまま使用できる。
また、
ガイドナンバーのほんの少しの違いが、
勝負を分ける場面でも強い。
TTL調光方式が苦手とする撮影場面でφ(・ω・ )メモメモ
簡単に、水中で、
ストロボ側で、マニアルストロボに簡単に変更可能になる。
 
このZ-240は、
マニアル調節で光量をかなり小さく発光する事が
容易なしくみなので、
ワザワザ、仕事用の愛用品を変える必要がない。
 
SEA&SEAYS-D1は、お勧めしない
Nauticam  TTLコンバーター Nikonの設定TTLで、D1設定」
 
コンバータを使うと、YS-D2との併用もできない。
大きなトラブルで、
SEA&SEAへ修理に出し、代替え扱いになると
YS-D2に機種変更になるので、
ネット等で費用が安くなるなどを考えて購入しない方がいい。
 
YS-D2は、
Nauticam TTLコンバーターNikonの方で、
Nauticam  TTLコンバーター Nikonの設定TTLで、D2設定
 
イメージ 3
シンクロ信号の変更が必要になる。
他のストロボすべてと、併用使用ができない。
光量の調節は、
本来のこのストロボの設計発光量とは、
違う設定で調光されるφ(・ω・)メモメモ
 
その代り、
絞り開放から、水中でのニュートラルグレーである。
-1ほどアンダー
ヒストグラム構成する光量で正確に発光する。
 
一番、
加工修正がしやすい光量である代わりに、
カメラ側での発光調整もできなくなりφ(・ω・ )メモメモ
ストロボ側での調整で、
その±0から+2から-2段の範囲での調節になる。
DS-TTLを使って、ハイキーな撮影は不可能である。
ストロボ側をマニアル変更にして、
調光量を調節するしかないだろう。
 
SEA&SEAは、
自社のストロボとより相性の良い
コンバーターを出してくる可能性が高いので、
YS-D2をすでに持っていて、
D500の水中利用を考えいている方は、もう少しφ(・ω・ )メモメモ
状況を見てから、選択しても良いだろう。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


昨年から、発売を待っていた。

[NA TTLコンバーター Nikon]
取り扱いが、発表になったので、緊急更新です。
 
ハリ魔王
発売前から、お願いしていたので、
日本の市販テスト機の到着から、テストモニターを開始して
次回のテストで、基本テストを終了する。
 
今までのテスト結果から、
この商品の欠点は、販売価格のみ
でも、この性能なら、十分に納得できる物になっている。
 
輸入代理店
フィッシュアイ社の発表に使われているのは、
プラ製のおもちゃ
実際の水中生物は、反射率が低いことの方が多いので、
結果は、大きく変わってくると
ハリ魔王は、想定していた。
その想定は、的中している。
 
では、
フィッシュアイ社は、なぜ、この映像を公表したのか
 
一番条件の厳しい状況での性能差を見せたかったのだろう。
 
最後の検証テストが、終わっていないので、
どのストロボと一番相性がいいのか
ハリ魔王のおすすめは
 
今後書いていきたいと思う。
 
また、
今回のシリーズを書くのには、
水中でのTTLオートとはについて、
ふれていく必要がある。
 
しかし、
この中身は、
ハリ魔王有料セミナーの中身と重なるので、
セミナー受講者利益を損なわない範囲で書いていくので、
ご了承ください<(_ _)>
 
準備でき次第
マブールの現状」シリーズと、
交互に、更新していきたいと考えている。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


今日は、新製品の検証ではありません。
 
皆さんは、
水中写真をするのに、
水中外付けストロボを使っていると思います。
 
では、
いつから
それを使っていますか
一度購入した商品多分
カメラが変わっても、
同じ様に、
使えるのなら、
そのまま、交換しないで、使い続けていませんか
 
今回は、
そんなから、相談された件から
ストロボの寿命について考えてみたいと思います。
 
実際にこのストロボのテスト撮影をさせてもらった。
 
モデルは、
イノンZ-240タイプ2と、
イノンZ-240タイプ3である。
 
この方は、
イノンZ-240タイプ2は、かなり光量が落ちて
イノンZ-240タイプ3は、まだ、使用可能と考えていたようだ。
 
では、
そのイノンZ-240タイプ3発光部の映像である。
判りやすくする為に、
ホワイトバランスを変えてある。
 
イメージ 1
この様に、
発光管ひび割があり
反射板にも、拡散板にも、黄ばみ変色と、焼けが見られる。
 
 
比較の為に、
ハリ魔王の私物
イノンZ-240タイプ4の映像である。
イメージ 2
 
発光管・反射板・拡散板すべてが、綺麗な状態
 
このストロボは、
自分の本格撮影用なので、
かなり、酷使されているストロボである。
 
何故、この差が、起きたのか
ちょっとした、長持ちさせるコツがある。
それを、話す前に、駄目にストロボがなると、どの様になるか
 
まず、
ストロボの元々、
ガイドナンバー(GN)が、
小さくなり
綺麗な発色作り出せなくなる
 
今回、
寿命の二台を撮影で、調べると、
自分のイノンZ-240タイプ4と比べて
イノンZ-240タイプ2は、2絞り分
イノンZ-240タイプ3は、1絞り1/2
光量小さくなっている。
 
また発色も、悪いφ(・ω・ )メモメモ
 
)
 
イメージ 3
簡単加工『アプリレベル』では、修正不可能なレベルorz
 
SILKYPIXを使い加工してみた。
 
イメージ 4
それでも、
マンジュウイシモチ黄色い顔の色も、
水玉の体模様も、
再現できない。
 
また、
ガイドナンバーが小さいので、
チャージリサイクルも、長くφ(・ω・ )メモメモ
自分のピントあわせと、
シャッターを切るタイミングに、
間に合わない事も合った。
 
コンデンサーも、寿命がきている様である。
 
さて、
この状態になると、
修理費より、新しい物を買った方が安い事になる。
 
普段、
TTLオートで撮影していると、
中々、気がつかないが、発色が段々悪く
チャージに、
時間がかかる場合は、
バッテリー不良の次に、
ストロボの寿命を疑ってほしい。
 
さて、
どの様なタイミングで、
ストロボを交換すればいいのだろうか
 
一般の方で、
カメラ・ハウジングを新型に交換するのは、
5-6一回が、多いと聞いている。
 
そのサイクルだと、
ストロボの寿命は、
扱いが悪い場合
 
毎月、
水中写真を撮る人だと厳しく
それより、早く寿命がくる事になる。
 
2-3で、寿命に達しているケースもあるだろう。
 
現在
タイプ   3以前イノンストロボを使っている方は、
すでに、寿命過ぎている可能性があり、
タイプ4でも、寿命達している方もいるはずである。
 
自分のタイプ4も、十分寿命に達している使用年数である。
 
自分ストロボ
綺麗な発光部の訳は、
発光させる回数ではない。
 
連続発光回数に、気をつけているからである。
 
コレは、
陸上のストロボでも同じなのだが、
連続発光回数制限がある。
 
ちなみに、
今回のイノンのストロボでは、
陸上
フル発光を、
連続10回発光させると、
発光管焼け起こす。
 
水中用に作られているので、
発光で起こる熱を逃がす装置が、足りなくなるからだ。
 
セッテング後テスト撮影の時
気をつけてほしい。
 
水中
発光回数が増やさなければならない時は、
 
何回も、
スイッチonoffを繰り返して、
完全に、冷えるのを待つ必要がある。
 
自分のブログスティチダイバーのテストは、
その事に十分に、配慮して行われている。
 
また、
イノンZ-240タイプ4
マニアル発光で、使用することが多い。
 
その場合も、
FULL発光で使うことは、
で、
使う場合は、
一発の発光で、撮影が、済むように努力している。
 
また、
連続撮影の場合も、
7回目で、一度、シャッターを切るのを止める事にしている。
 
ココまで、気をつかっているのだ。
 
また、
それだけ、その瞬間に集中しているという事でもある。
 
それでも、
段々に、発光量は小さくなって行くφ(・ω・ )メモメモ
 
潜りに、行く前は、
拡散フィルターを外して、発光管異常が無いか
確かめる事にしている。
 
問題が、起きたら、
『潔く』新品を購入する事にしている。
 
また、
オークションでの購入も気をつけてほしい。
タイプ3以前は、言うにおよばないが、
 
タイプ4現行モデルでも、
出展者が、
使用を少なく書いていても、
たとえ少ない回数でも、
扱いを理解しない物が使うとφ(・ω・ )メモメモ
その寿命は、極端に進んでいるケースがある。
 
その事をチェックしたくとも、
アップされている写真を見れば判るが、
発光管等の状態のわかる物は無い。
 
水中カメラ専門店で、
中古ストロボ引き取り価格・販売価格が、
ネットより、極端に、安いのはその為であると理解してほしい。
 
ちなみに、
この持ち主には、
自分イノンZ-240タイプ4を使って、
正しい発光をするモデルの体験をしてもらい。
 
性能差を体感していただいてからφ(・ω・ )メモメモ
 
新しいストロボ用意する事をお勧めした。
 
長い期間、
同じストロボを使っている方は、
是非φ(・ω・ )メモメモ
一度自分のストロボの性能が落ちていないか
調べる事をお勧めする。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、                                                          
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)


この日記から
しばらくは、
日記の更新ができないかもしれません<m(__)m>

マレーシア2年ぶりに向かいます。

秘密のポイントに、
カエルアンコウの仲間のある生態撮影が最大の目標
中身を詳しくかけないほどの中身です。

上手くいったら、
どこかで、お見せできると思います。
 
新たなモニター機の予定もあるのですが、
直前なのに、持っていけるのか
決定してませんorz
モニターできないと、
帰国後、アップできるストックも、
少なくなっています。。。(_ _)σ‖
 
 
前回の続きです。
レンテンヤッコの撮影の失敗をふまえて、
ストロボ側の調整を変えた。
 
SEA&SEA YS-D2には、
DS-TTLII自動調光のまま
EVコントロール機能が使える(g)b
 
サブ光側1EVに調節した。
 
オオアカヒトデに、
白いヒトデヤドリエビ
 
メイン光は、
影を前側に付けたいので、
半逆光気味キメ(g)b

サブ光は、
白いヒトデヤドリエビに、
強く付くだろう影を弱める効果を考えて、
被写体本体に、水平に当たるようにしたφ(・ω・ )メモメモ
 
撮影一枚目
この仕上がりで完成である。
 
イメージ 1
カメラ・レンズ・ハウジングが使い慣れているとはいえ(g)b
この完成度は、満足である。
 
SEA&SEA YS-D2EVコントロール機能は、
最近のオート式コンパクトのプログラムに対応した
イージーな仕様ではなくφ(・ω・ )メモメモ

正確な調整
可能なプロ仕様(スタジオカメラマンレベル)になっている。
 
コレなら、
ハリ魔王には、無茶苦茶使いやすい
 
そのまま
その日3本目まで楽しむ事にした。
 
こんな瞬間に出会った。
 
イメージ 2
自分が、持つ
ミナミギンポベストショット更新である仕上がり(g)b
 
 
完璧な撮影ができたので、
見せたい配置に変え(g)b
いつもの簡単加工『アプリレベル』をしてみるとφ(・ω・ )メモメモ
 
イメージ 3
 
完璧な露出計算ができているので、
ほとんど、加工しても、変化がない(g)b
 
このクオリティー一日で、完成できるφ(・ω・ )メモメモ
SEA&SEA YS-D2は、中々、すばらしいとの印象
イイエ、
保障できるレベル
 
SEA&SEA YS-D1の方がよかったorz」と発言する
プロカメラマンがいたとすると、
結局、
そのレベルでしかない人と、
ハリ魔王オジジは思う。
 
今回の更新で、
SEA&SEA YS-D2のストックは終了である。
まだ、
知りたい事があるのだが、
次に、借りられるチャンスにと思っている。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)


この撮影から随分時間がたってしまった。
 
以前

SEA&SEAMDX-D810ハウジング水中テストの時

一日だけ、
自分のNauticam EM5

SEA&SEAYS-D2を付けて撮影してみた。

 

SEA&SEAYS-D2

他社ハウジングとの検証は、
終わっていないとの話からだ。

一本ダイビングに使って、
駄目なら戻せばいいと考えて、
基本テストも、せずに、試しで使ってみた。
 
その映像を見せたいと思う。
何も、下調べをしないで撮影した映像がコレ(*≧m≦*)
 
イメージ 1
この上がりなら、
文句を言っている人の何か違っているとの印象
 
今度は、最短で
イメージ 2
 
ウミウシの影ができた。
ストロボ光が、強く真っ直ぐに進む特性がある事がわかる。
映像の立体感が半端なくよいφ(・ω・ )メモメモ
 
ニコンD810との組み合わせより、
ストロボ光オーバー目にたけるようだ。

2本目のダイビングもそのまま組み合わせて使うことにした。
 
岩陰に隠れたレンテンヤッコを撮影した。
この時、オーバー目に照射される特徴が明確となる。
 
イメージ 3
今度は、直進光が強すぎてライティング失敗φ(・ω・ )メモメモ
光量調節が正確に、調節する必要がある。
 
この辺のノウハウを正確に、
蓄積できていない
カメラマンが、使ったら失敗のあらしだろう。
 

SEA&SEAYS-D2は、じゃじゃ馬である。

 
こういうのを簡単に、
使いこなせる所が、
ベテランプロと、
そうでない人のしれない。

ハリ魔王(*≧m≦*)楽しくなってきました。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事