ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

新型水中ストロボ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

長らくお休みをいただきました。
 
GH-54K60p動画撮影のフォトクリニックで、
ゲスト様の要望地
フィリピン ドゥマゲッティに行っていました。
 
ハリ魔王初の場所でしたが、
中々、海の中の保全活動が、
進んでいて、楽しく講習を進められました。
 
驚いたのは、
講習生の方、講習内容が想像以上だったのでしょう。
 
さらに、延泊をされて、現在も、練習を続けています。
 
 
さて、
Z-330の日記にから再開したいと思います。
 
今回は、旧作Z-240タイプ4と比較をして行きたいと
考えて、テストの組み合わせを考えました。
 
同一被写体で、いっぺん行うために
 
イメージ 1
この様に、
左右にそれぞれを取り付けました。
 
その為
検証映像では、
被写体へのライティングが違う結果になります。
 
また、
一部では、知られている事実なのですが、
イノン純正光ケーブル以外を使用した場合
S-TTL調光が、不安定になる傾向があります。
 
自分の経験では、
Z-240は、タイプ4でも、他の機種より不安定な印象があります。
しかし、
Z-240を使用するユーザーは、
S-TTLより、
マニアルで光量を調節するレベルのユーザーが多いので、
そういった問題を気にしないで使用してる方も
多いと思われます。
 
ハリ魔王自身、
マニアルの光量調節手動で、
さらに、ニコノス型シンクロコードで、接続して使います。
 
今回
Z-240で、S-TTLを使用するのは、本当に久しぶり事であります。
 
光ケーブルは、
イメージ 2
 
ノーティカム社製を使って
より、
検証結果に影響が出る組み合わせを
(ハリ魔王の仮定)
採用した。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イノンZ-240との比較開始Ⅰ イノンZ-330
イノンZ-240との比較開始Ⅱ イノンZ-330
続きです。

Z-330からの新装備
 
イメージ 1
ストロボライトカッターは、
照射角度が広くなったので、標準装備
 
これ、すでに、
ハリ魔王は使用している仕組み
ハリ魔王スヌート」と表記して、書いていたものである。


しかし、
照射角度が、
Z-240100°から、
Z-330110°により照射角度が広くなったのに、
ハリ魔王製作より、短い全長である。
 
これでは、
ストロボの芯を被写体に、当てた場合
フレア・ゴースト現は、
ほぼ抑えられてもφ(・ω・ )メモメモ
 
ポート直近にストロボを配置させた
際などに発生する撮影画像への
浮遊物の写りこみを、大幅に軽減は、完全に防げない。
 
マクロ撮影では、
スヌートセット for Z-240/D-2000
使用する事が多くなると、想像された。
 
イノンZ-330に、
ラバーフード72を使う場合
ラバーフードスリーブは、
不要で、
ラバーフードスリーブのカバーを使てφ(・ω・ )メモメモ
そのまま取り付けられる。
 
これもね(*^ー゚)bグッジョブ
 
良く考えて設計されています。
 
実際のテスト撮影は、
この様な組み合わせで
 
イメージ 2
行う事にした。
 
*ダイビングビズ2018で、新たな情報を得たので、
追記したいと思います。

スヌートセット for Z-240/D-2000
  使用について
 
Z-330に、取り付けて使う事は、可能ですが、
スヌートのラバーパーツを折りたたんだ時に、
Z-330ドーム部分に、
金属パーツがぶつかり、
長時間使用で、
ドームがつくそうです。
 
Z-330専用の専用設計で、
スヌートを設計中との事です。
 
新たに購入を考えているのなら、
発売まで、待った方がイイかもしれません。
 
ただ、
イノンの設計段階という事は、
発売の目途は、全く立っていないと考えるべきです。
 
すぐ発売の話しては無いという事です。
 
勘違いしないでいただきたい<m(__)m>
 
取り急ぎ、知らせいたします。

 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イノンZ-240との比較開始Ⅰ イノンZ-330
続きです。

今回も、アクセス制限で、次回に続く形になります<m(__)m>


良く見てほしい変更がある。
 
メインモードスイッチ
 
イメージ 1
メニューに変更がある。
 
Z-240には、
イメージ 2
AUTOがあるが、
Z-330には、無い。
 
「外部オート調光」

廃止になったのだ。
 
現在、
イノンストロボを使用のユーザーで、
この機能を使用しているダイバーが、どの程度いるか
 
ハリ魔王自身
もう、10年以上使用していない。
 
アドバンスドキャンセル回路
以降のモデル

特に、タイプ4以降は、
S-TTLの撮影で、ほとんど、問題を感じないし
 
それ以上の連射の瞬間は、
マニアル発光で、
使用したい光量を自分で、
選択する方がメリットが多い。
 
それだけ、
ストロボを使い続けて、
データ蓄積できると、
外部オート調光
ワザワザ使用する事は無い。
 
また、
これも、テスト撮影で気が付いたが、
今までのイノンストロボが苦手とする場面でも、
ほぼ問題なくS-TTL調光が、
ニコンD810との組み合わせでは
効いた。
 
また、
メインモードスイッチでは、
マニアル発光時FULLと、
M-0.5-6の配置が変更にφ(・ω・ )メモメモ
地味な変更だが、
これは、見た瞬間
ハリ魔王は、ただただ感心した。
 
低照度で、
良く、M-0.5-6に調節したつもりで、
FULL発光に、設定されていて、
失敗した経験がある。
 
Z-240までのダイアルでは、
慎重に変更する必要があった。
 
それを
闇夜の中で、
さらに、中層で行う事を想像してほしい。
 
さらに、被写体は、小型な物が多い。
 
見失わないか、ドキドキで変更をする。
 
こんな、時間も、ズーと短くなる。
 
イノン設計者(*^ー゚)bグッジョブ!!
 
続く<m(__)m>

 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


今回も、長文のため複数回に分けて
アップしたいと思う。
 
イノンZ-330のモニター記を書く上で、
一番、最初にすべきは、イノンZ-240との比較
イメージ 1
 
旧型と比較するのが、
一番
判りやすいと考えた。
 
カタログデータを見る限り
撮影のシーンによっては、
Z-240の方が、良い場面も、あるかもしれない。
そう考えた。
 
結果を先に書くが、
マクロレンズで、
絞り開放で、ハイキーに、Z-330は、なりやすい傾向にある。
 
そこで、
自分は、
ワイド用
35mm換算90mmマクロ以上望遠マクロレンズ系用に、
Z-330二台用意する事にした。
 
Z-240タイプ4は、
これまで通り
壊れるまで、使う事にする事にした。
 
二つのモデルの性能の違いに続いて、
イメージ 3
コントロールパネルの変更について書いて行きたいと思う。
 
一番の変化は、
イメージ 2
 
ダイアルの変更
 
イノンZ-330
 
イメージ 4
この形に変更
 
普段、明るい水中で、使用していると、
Z-240に採用されているノブでも、なんら問題を感じない。
 
しかし、
低照度の極限では、
ライトで、照らさない限り
正確に、ダイアル変更ができない。
 
これが意外と不便で、
ナイトトラップでの撮影で、変更する場面では、
その為のライトをマスクなどに、取り付けないとならない。
 
そうナイトダイビングで、常に中層を浮遊しているので、
手二本では足りないのだ。
 
そんな場面でも、
このノブなら、角度を覚えれば、可能だし、
高照度蓄光素材を採用しているので、
以前より、
断然楽である。
 
本当は、
背面発光にしてほしかったのだがorz
 
電力を他に使う事は、
発光量や、そのリサイクルタイムに影響するので、難しいだろう。
 
単三型バッテリーを使う限り
限界がある事は仕方ないorz
 
良く見てほしい変更がある。
 
続く

にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


「一番驚いた作り① イノンZ-330
続きです。
 

では、どの様に可能にしているのか
 
1つは、空気ドームポートによる屈折率の変更である。
 
これだけでは、
むらなく広角の光りには、なりえない。
 
ハリ魔王が感心したのは、
この仕組み
 
イメージ 1
拡散プリズム板
良く考えた物である。
 
発想も斬新で流石としか
言いようがない。
 
かなりの期間の繰り返しテストが必要だったと、想像できる。
 
そうすると、
ターゲットライトは、直進性を失う
 
それは、こんな仕組みで
 
イメージ 2
調整
 
やっぱイノンだねd(^Д^)bグッジョブ!!
 
この仕組みを見て、他社がマネをしてきそうである。
 
そう書くと、
SEA&SEAを想像する方も、いるだろうが、そうではない。
 
イノンの競争相手は、世界にある。
 
それに、
SEA&SEAには、
この仕組み以上の発光管の仕組みを以前は、
採用してきたメーカーである。
 
ハリ魔王としては、
SEA&SEAには、
その発光管の仕組みで、
デジタル用のストロボを出して、
ほしいと、以前から、ズーと、リクエストをしている。
 
ハリ魔王の若き日コンテスト受賞歴も、
プロとして、
苦労したあの日も、
この仕組み無くしては、不可能であったと言える。
 
そう、
ストロボの発光管の仕組みだけで、
現在は、撮影不可能な撮影方法が存在するのだ。
 
話は、長くなってしまったが、それだけ、
イノンZ-330は、待ちに待ったストロボである。

この仕組みなら、同等の撮影が可能になるだろう。
 
発色性能・ストロボ光の直進性は、
長期テストをしてみないと、何とも言えないだろうと
最初から考えている。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事