ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

新型水中ストロボ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イノンZ-330の日記を
イメージ 1
始めたいと思う。


少し、熱を入れて書いたら、
一回でアップでなくなってしまいました<m(__)m>

今回は、前半とお捉えください
 
今回は、前作Z-240タイプ4と、性能比較をしていきたいと思う。
 
その前に、
到着した本体を見て、感心した点から
 
Z-240のガイドナンバーは、
24GNで、照射角度は、100°
 
Z-330は、
33GNで、照射角度は、110°
 
まず、
このガイドナンバーの違いは、何を示すのか
 
例え)
ガイドナンバー(GN)は、実用上の値で表示されている。
たとえばGN22(ISO100, m)1mの距離にある被写体の露出値は
絞りが、f22である事を示している。
小林安雅著 水中写真マニュアル」より引用
引用書籍については、*下記参照
水中写真の基礎を学べる本1 水中写真マニュアル
 
以上から
Z-240より、
Z-330は、1絞り分程度光量が大きい事になる。
大した差では、無いように感じるのは、早合点である。
 
照射角度が、
110°と広くなっている。
 
Z-240で、同じ照射角度にするのには、拡散フィルターを使い
光量を減光する事になる。
 
そう考えると、かなりの光量差になる。
 
単純に考えても、
今まで、太陽光の影響にまけて、
光量が足りない場面でも、ストロボ光が効くことになる。
 
被写体が、離れていて、
ストロボ光が、
今までは、聞かなかった場面でも、
十分に、効いた撮影が可能になる。
 
その代り、欠点も、考えられる。
 
光量の大きい発光管を使用すると、
直進性が強い光になり、
色温度(ケルビン値)も高めになってしまう。
 
その辺は、
今までは、使い方の違いで、使い分けるのが、
陸上のコマーシャルフォトグラファーの間では常識で、
それをコントロールするパーサイドの商品を利用して、
表現したい組み合わせをクライアント要望で変える。
 
さて、
遠回し過ぎたが、
そんな事も、理解しないで、
直進性の強い設計SEA&SEA YS-D2
ハイキー柔らか写真に使用して
作品のデキの良し悪しをあたかも、
知っている素振りで、
ブログを書いてる水中プロと称している方がいるが、
チャンチャラおかしい
 
正しき評価なら、
今回のZ-330の方向性と、
SEA&SEA YS-D2の設計方向性は、
別物で、
本来は、どの様な撮影に使いたいのか
それによって、選択すべき事である。
 
逆に言えば、
このハリ魔王の書いている事が、
全く理解できないレベル
水中写真愛好家が、手をだす代物では、無いとなる。
 
今回は、かなり、選択する側に
キビシイ発言が続くが、
それだけ、クオリティーの高い
プロユーザーをターゲットにした商品である。


続く
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(__"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


「マリンダイビングフェア2017の会場で、


ニコンD500の質問を受けた。


 


「ストロボ光のみ補正する方法が、取扱い説明書に乗っていない?


どの様に操作するのか?


帰って、調べてみたら、本当に、取扱い説明書に乗っていません。


 


考えて見たら、


今までの使用機種で当たり前の印象があり


忘れられていますね。


初めて、ニコンデジイチを使用する人には、不親切


D300S以前のモデルからの乗り換えユーザーにも
不親切な内容です。


 


Nauticam TTLコンバーターNikonのブログは、


自分の日記中で、人気のないシリーズなので、


前回の更新で、最後にする予定でしたが、


急きょ、日記にする事にしました。


 


お付き合いくださいませ<(_ _)>


 


まず、


Nauticamハウジングダイアルで説明をすると、


SEA&SEAのユーザー・ネクサスのユーザーに不親切なので、


裏ブタを外して解説したいと思う。

イメージ 1
 


最初に

イメージ 2
 


Infoボタンを押して


 
イメージ 3


画面を切り替える。


 


サムネイル/縮小/フラッシュモードボタンを長押しすると、

イメージ 4
 


画面が切り替わり


 
イメージ 5


フラッシュモード/調光補正の画面に切り替わる。


 


 


サブコマンドダイアルを操作すると、


-0.3


 
イメージ 6


-0.7


 
イメージ 7


-1.0


 
イメージ 8


1/3で、補正が可能で、 


補正範囲+1.0-3.0まで可能である。


 


それを使った
D-2000タイプ4最短撮影の映像は、


+1.0


イメージ 9
 


±0


イメージ 10
 


-1.0


 
イメージ 11


-2.0


 
イメージ 12


-3.0


 
イメージ 13


-3.0まで、調節できる事にも驚くが、
こんなに、光量を抑えて撮影しても、
D500ダイナミックレンジは、
こんなにも、画像化する事が驚きである。


 


この表現を使えば
比較的簡単に、自分の好きな明るさで撮影が可能であろう。


 


ハウジングの操作をしっかり覚えれば、
被写体の前で、最小限の動きで、撮影条件を変えられるのは、
このシステムのみである。


 


今後、
内蔵フラッシュが搭載されているモデルでも、
このNauticam  TTLコンバーター Nikonを採用できれば、
内蔵フラッシュ+S-TTL調光問題点を補う事も、可能であろう。


 


 


にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

毎回、ポチとしてくださいませm(__"m)ペコリ


開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

 
今回は、画像を小さくしてアップしてみた。
 
SEA&SEA YS-D2との相性のチェック
 
まずは、結果をまとめると
 
SEA&SEA YS-D2だけ、DS-TTLの仕組みが新型なので、
Nauticam  TTLコンバーター Nikonは、切り替えを行う
各社ストロボとの相性は? Nauticam TTLコンバーター Nikon」に
書いたので、そちらを参照してほしい。
 
このDS-TTLとは、TTL調光しているが、範囲は限定的である。
水中での被写体の反射率を優先可能にした時代 Nauticam TTLコンバーター Nikon」の
時代同等レベルTTL調光は、可能である。
 

カメラ側ストロボ光の補正には、対応していない。
SEA&SEA YS-D2側のみで、調整できる範囲となる。
 
カメラ側内蔵フラッシュで、
同調した明るさより、明るく調光補正している様である。
 
最大の問題点は、
Nauticam  TTLコンバーター Nikonからの信号LEDライト光が、
イノン受光センサーに合わせた明るさのため
SEA&SEA純正の光ケーブルを使用しないと、
調光エラーがおきφ(・ω・ )メモメモ
SEA&SEA YS-D2が、発光しない時がある。
ハリ魔王の検証では、
純正の光ケーブルでも、
アームなどにコードを巻くと、
発光不良おこす事があった。
 
以上
 
では、
1/2倍撮影のテストである。
 
f-2.8
 
イメージ 1
f-4
 
イメージ 2
f-5.6
 
イメージ 3
f-8
 
イメージ 4
f-11
 
イメージ 5
f-16
 
イメージ 6
f-22
 
イメージ 7


等倍では
 
f-2.8
 
イメージ 8
f-4
 
イメージ 9
f-5.6
 
イメージ 10
f-8
 
イメージ 11
f-11
 
イメージ 12
f-16
 
イメージ 13
f-22
 
イメージ 14
ガイドナンバーGN現行最大で、
コンデンサーの容量が大きいので、
プレ発光にも十分対応している。
 
この明るさだけ優先するなら、最も、優れていると言えるが、
作者作風意図で、
変更をするのには、水中での操作が多くなってしまう。
 
一世代前イイエ
二世代前コンパクトデジタルカメラ
同様の操作レベルと言える。
 
Nauticam TTLコンバーターNikonに、
SEA&SEA YS-D2を使える様にした事は、賞賛できる事だが、
SEA&SEAが、対応コンバーターを発売予定なので、
SEA&SEAブース② DIVE BIZ SHOW 2017で気になった水中撮影機材 最終話
ワザワザ、相性に疑問の組み合わせを
Nauticamハウジングで、使う必要はないだろう。
 
ハリ魔王なら、イノンストロボを組み合わせる。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(__"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


 
Z-240タイプ4と、

Nauticam TTLコンバーターNikon相性チェック

 
1/2倍撮影
最短撮影と、コケギンポで行った。
 
検証結果が、同じだったので、最短の映像をお見せします。
 
今回は、
撮影順で、
 
絞りf-22
 
イメージ 1
前回の1/3倍撮影の時と、同様ストロボが、プレ発光の影響で、
発光量が足りていない現象の様である。
 
f-16
 
イメージ 2
この絞りで、安定してS-TTL調光を開始した。
f-16からマクロ使用できるのは、
Z-240タイプ4武器
その後は、
f-11
イメージ 3


f-8
 
イメージ 4


f-5.6
 
イメージ 5


f-4
 
イメージ 6
コケギンポが飛び出して、慌ててシャッターを切ってしまった。
マニアルフォーカスで、
撮影距離固定したので、ピントが来ません。
反射率が、コケギンポの体で変わってしまっていたら、困るので、
もう一枚f-4で撮影
 
イメージ 7
問題なく調光している様である。
 
突然の撮影条件の変化に
対応できるのが、
S-TTL調光を使った
撮影の最大の利点φ(・ω・ )メモメモ
 
D500AFなら、
問題なく目から後ろに
ピントのキタ映像を撮影でき、

Nauticam TTLコンバーターNikon

使って、
S-TTL調光なら基本
安定した映像が撮れたと、
考えられる。
そう、
チャンスに、
今まで一番強い
組み合わせである(g)b
 
最後に絞り開放f-2.8では、
イメージ 8
 
Z-240タイプ4特徴
オーバー目調光した。
コケギンポでは、淡い光として足りていないが、
場面によっては、
十分 柔らかい映像として使用できるだろう。
 
この組み合わせなら、
確実な絞りで安定した映像を撮影して、
流行のハイキーな映像は、
絞りを開放にするだけで、ある程度
可能と言う組み合わせになる。
 
Nauticam D500なら、
その操作も簡単に、行える設計になっている
 
この組み合わせの最大の欠点は、
販売価格(*´・д・)(・д・`*)エー
 
ハリ魔王本当に、ほしくなっている(g)b
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
今日も、結果から書きたいと思う。
D-2000タイプ4[S-2000も同様]と、
Z-240タイプ4と比べると、何も工夫無く使えるのは、
D-2000タイプ4[S-2000も同様]である。
 
しかし、いくつかの点で、優れている点は、存在する。
 
あくまでも、
データテストで、
蓄積された撮影パターン
アジャストさせる能力が必要になる。
 
それが出来るダイバーなら、
より絞り込んでもS-TTL調光撮影が可能だし
S-TTL調光のまま、
細かいアンダーオーバー撮影が、
簡単に可能な範囲が、広いことになる。
プロ・ハイアマチュアの組み合わせと考えてほしい。
 
★間違っても、
S-TTL調光の仕組みが違うD-2000タイプ4[S-2000も同様]と、
Z-240タイプ4を組み合わせたセットを使ってはいけない。
マニアルフラッシュ撮影なら可能だが、

(Nauticam TTLコンバーターNikonが、必要ないという事)

 
では、
Z-240タイプ41/3倍撮影のデータからお見せしたいと思います。
 
絞り開放
 
イメージ 1
1/2段以上生物の反射よりオーバーな仕上がり
 
f-4
 
イメージ 2
何故か絞り開放よりオーバー
D-2000タイプ4[S-2000も同様]より、
開放側不安定である。
元々の設定でも、良くある事であるので、驚かなかった。
 
f-5.6
 
イメージ 3
f-8
 
イメージ 4
f-11
 
イメージ 5
最も、水中で多用する絞りは、
安定した調光であった。
(水中生物反射率では、1/31/2オーバー目)
 
f-16
イメージ 6
最も、多用する撮影距離で、
この絞りでも、複数回プレ発光の影響を全く受けていない。 

f-22
イメージ 7
複数回プレ発光により、他の絞りアンダーにたけた。
(水中反射率では適正φ(・ω・ )メモメモ)
 
この結果から、
Z-240タイプ4光量調節ダイアルは、
正確
1/2ごとに光量が調節できるφ(・ω・ )メモメモ
 
この機能で、だいたいで、調光調節して、
残りの微調整
D500フラッシュ光量調節機能を使い。
 
細かい調節をすればいい。
 
絞りこんだ撮影を多用するのなら、
D500フラッシュ光量調節機能だけで、調整可能であろう。
ハリ魔王ならこの方法を多用する(g)b
シャッターレバーから手を離し、
ファインダーから目を外さないと、
ストロボ側の調節はできない。
その分、シャッターチャンス
逃す可能性率は、高くなる。
 
瞬間に強い工夫は、
日々の細かい操作の慣れで大きく変わってくる。
 
続く
 
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)

毎回、ポチとしてくださいませm(__"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事