ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

新型水中ストロボ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
今日の更新は、映像もありません
Nauticam TTLコンバーターNikonと、直接、関係のある話というより、
水中TTL調光のお話をする上で、話さないと現在の状況、
そして、
これからの近未来の状況が理解してもらえないので、
書いて行きたいと思う。
 
Nauticam TTLコンバーターNikonについて、
必要な事を知りたい人には、スルーしてもかまわない。
 
デシタルカメラが、市場に登場した頃のお話
 
ニコンに事件が起きた。
水中で、SB-103が、高性能充電式乾電池の登場で、
水中爆発を起こす事件が起きた。
 
その一件目の爆発当事者が、ハリ魔王本人である。
 
その頃も、モニター検証テストをしていて
某メーカーの超高容量バッテリーのテストをしていた。
現在、発売されている物より、高容量
 
SB-105より、発色が好みのSB-103を愛用していた。
そのSB-103で、水中爆発を起こした。
 
この件がきっかけで、現在まで行われているリコールが起き、
ニコンの水中機材の撤退につながる
一つの要因を作ってしまった。
 
その後
爆発を防ぐSB-105に搭載されている仕組みが、
充電式バッテリーを使うライト・ストロボでは、標準装備になり、
バッテリーの規格も、現在は、日本は、大変厳しくなった。
そのおかげで、サムスンのスマートフォーンの爆発事件は、
日本国内では起きていない。
 
 
当時、
デシタル化する時に、この事件が起きたため
ニコンは、ニコノス型シンクロコードのデシタルTTL化をはからなかった。
 
初期に、その事があり、
現在まで、有線タイプでのストロボの同調は、
マニアルでしかできない事になる。
 
光ケーブルを採用したイノンは、その後、
S-TTL調光という仕組みを開発する事になる。
 
もう、時効なので、書くがφ(・ω・ )メモメモ
この光ケーブル同調の仕組みは、
当時、パテント(特許)の有効期限が、終了したφ(・ω・ )メモメモ
ミノルタの光調光スレーブシステムを基本に、光ケーブル化をはかっている。
 
フィルムカメラの時代の仕組みだ。
 
その為、現在の陸上のTTL調光では、
複雑な情報を専用光信号や、無線信号などで、
デジタル信号を送っている。
 
このシステムを採用したことにより、
シンプルな仕組みである代わりに、
陸上でのシンクロの様に複雑な情報は、送る事が出来ない。
 
現在までの最大の足かせは、
信号をISO100相当に基本として、
発光させて、光ケーブルを通して送る必要がある。
 
低感度が、
ISO200までしかないカメラでは、
ストロボ側で微調整する必要がある。
 
高感度との調光は、
ストロボ側の調光微調節の範囲で限定されてしまう。
 
もし、有線の信号を使えれば、[純正同士の組み合わせ]
その様な問題は、簡単にクリアできる。
 
初期は、水中デシタル光ケーブル同調は、
カメラによっては、内蔵ストロボの発光した信号をストロボ側で、
発光量をマニアルで調節して、
丁度いい明るさを自分で、作り出す必要があった。
 
いち早く
光ケーブルTTL調光が可能になったのは、
イノン社のストロボと、
キャノンのデジタル一眼レフ
 
その為、
その頃から水中写真
または、デジタルへ移行した水中写真愛好家には、
キャノンユーザーが多い事になる。
 
当時は、現在よりシンプルな仕組みだが、
ニコンのi-TTL調光システムは、複雑な発光信号だった為
読み取る事が不可能だった。
 
続く
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


キャノンTTL信号ニコン信号に、
変更するコンバーターを製造したイノン社が、次に発売したのが、
Z-22
 
このストロボの登場と共に、
現在の水中ストロボでは、当たり前の装備になった。
光ケーブルを使用した、TTLシンクロシステム登場する。
 
このシンクロシステムについては、
現在のデシタル使用になるまでの
お話で書かなくてはならないので、
今しばらく待ってほしい。
 
今回は、このシステム登場がもたらした事
 
以前も話したが、
それまでの水中TTL調光は、
陸上での標準的な被写体の反射率を考え
被写体までの撮影距離も、陸上一般的に多用する
50cm以上離れている距離を優先していた。
フィルムの感度情報は、ISO感度DXを使い情報をえて、
発光量を調節した。
もちろん、
それを有線ケーブルで、情報ストロボ共有する仕組みである。
(現在のカメラメーカー純正の組み合わせまで続く仕組み)
 
これらの情報条件
光ケーブルを使うこのシステムに合わせると、
絞り値解放から、
f-2,8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 1
f-4 シャッタースピード1/90
 
イメージ 2
f-5,6 シャッタースピード1/90
 
イメージ 3
f-8 シャッタースピード1/90
イメージ 4
f-11 シャッタースピード1/90
 
イメージ 5
f-16 シャッタースピード1/90
 
イメージ 6
f-22 シャッタースピード1/90
 
イメージ 7
1/3の映像だが、
ほぼ同じ光量ストロボ同調している。
現在のデジタルカメラのヒストグラムで、
-0.7-1.0に、ピークがある画像である。
今回のフィルムデシタル加工でも、
フィルムとの画像の明るさに変化は、ほとんどなかった。
 
ほぼ、現在の水中TTL調光使用と変わらなくなった。
「 Nauticam  TTLコンバーター Nikonを使った場合、
Z-240タイプ4以外は、同レベル調光している。」
 
しかし、だれがとっても、同じ明るさで撮影できるが、
作者意図する明るさに調節するのは共通だし、
水中TTL調光苦手な条件は、クリアできていない。
 
そして、
この光ケーブルを使用する仕組みは、
ニコノス型シンクロコードに変わり、
この後の水中TTL調光主流になっていく
残念な事に、中のカメラ進化により、
そこに、大きなギャップを産むことになる。
 
続く
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


現在も、
その状況だが、
陸上TTL調光システムに比べて、
水中では、
被写体の反射率
場面によって、変化が大きい太陽光の影響を無視できない。
 
その影響の為
急に、
日中シンクロ[ニコンの用語]バランスで、
弱い太陽光と、
バランスをとるために、
ストロボの発光量が抑えられる場面があったり
サンゴ砂地の様に、
白い反射光が、
多くなる場面では、そちらを優先したバランスに変更される。
 
特に、
反射率の低い主要被写体の場合は、
顕著にその様な状態を引き起こす。
 
現在の水中用外部ストロボには、
この様な条件の時に、
微調整をする為の発光量
コントロールするダイアルが搭載され
それを使えば、ある程度可能になった。
 
最近の高級タイプ以上の設定のデジタルカメラには、
カメラ側で、
ストロボ光のみ微調整を可能とする仕組みが搭載されている。
 

Nauticam TTLコンバーターNikon

最初に搭載したモデル
ニコンD500には、もちろん搭載されている機能である。
(オリンパスTG-4顕微鏡モード用FDモードにも、搭載されている。)
 
先に書くが、

Nauticam TTLコンバーターNikonを使用すると、

イノン社製ストロボすべてで、
カメラ側ストロボ光補正機能は、
正常に作動するが、
SEA&SEA YS-D2では、本体側では、正確にできない
(SEA&SEA YS-D2を使う方が、有利な点もあるので誤解しないでいただきたいφ(・ω・ )メモメモ)
では、
フィルム時代は、どうであったか
そんな便利な機能は、搭載されていなかった。
 
そこで、
露出補正ダイアルを使いその補正を行った。
この時、シャッタースピードも、絞り固定できる。
マニアルモードで、補正が使えるカメラでなくてはならなかった。
 
それが、
当時、ニコンだけであった。
 
ストロボ光が優先される。
最短の撮影では、
-2
 
イメージ 1
-1
 
イメージ 2
±0
 
イメージ 3
+1
 
イメージ 4
+2
 
イメージ 5
殆ど、問題なく使用できたので、
撮影者の感じる明るさを再現できた。
 
1/3程度離れると、
-2
 
イメージ 6
-1
 
イメージ 7
±0
 
イメージ 8
+1
 
イメージ 9
+2
 
イメージ 10
ストロボ光以外に、
太陽光の影響を考慮しなければならない
そんなレベルであった。
 
この時代以前から、
水中写真をする人の中には、
TTL調光と聞いて、絶対反対の発言をする
ベテラン愛好家が存在するのは、その為でもある。
 
次回は、フィルム時代TTL調光が、水中の反射率優先して
絞り全域で、
ほぼ安定した画像が、撮れる時代」の到来に
ついて書いて行きたいと思う。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


前回の続きです。

1/2の映像をお見せします。

f-2,8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 1
f-4 シャッタースピード1/90
 
イメージ 2
f-5,6 シャッタースピード1/90
 
イメージ 3
f-8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 4
f-11 シャッタースピード1/90
 
イメージ 5
f-16 シャッタースピード1/90
 
イメージ 6
f-22 シャッタースピード1/90
 
イメージ 7
より安定して、調光している。
当時のストロボの方が、
ガイドナンバーが大きく使える利点があったので、
絞り込んでも、調光ができる。
[現在の仕組みで、これが可能なのは、現行でSEA&SEA YS-D2だけ(g)b]
 
最後は、等倍の映像

f-2,8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 8
f-4 シャッタースピード1/90
 
イメージ 9
f-5,6 シャッタースピード1/90
 
イメージ 10
f-8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 11
f-11 シャッタースピード1/90
 
イメージ 12
f-16 シャッタースピード1/90
 
イメージ 13
f-22 シャッタースピード1/90
 
イメージ 14
この結果から、1/3より近い距離で安定して調光して
最も、相性が良いのは、最短であった。
しかも、
水中生物の反射率
計算した調光ができる様になった時代である。

今回のお話では、
このレベルのTTL調光
[X-1コンバーターTTL調光時代]として、
お話を進めたいと思う。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


TTL調光を可能にする
シンクロコードニコンが開発したので、
ニコノスⅤ型の登場以降の水中写真は、
ニコンの全盛期を迎える。
 
それまで、
キャノンFDレンズ系のカメラを好んで使っていた
ハリ魔王も、
すべてのシステムをニコンに変更する事になる。
 
そのハリ魔王が、
予備機材に買うほどの進化が、
TTL調光に起きた。
 
また、先に書くが、
今回のNauticam  TTLコンバーター Nikonは、
D-2000タイプ4S-2000を使用した場合
その仕組みよりもさらにすぐれている。
 
INONが、
XZ-1ハウジングシリーズ用に開発した。
キャノン信号ニコン信号に切り替える
TTLコンバーターである。
 
それ以前は、
キャノンカメラに対しては、
統一規格がなく、コネクターの形式すら統一されていなく
ストロボも、専用になっていた。
 
このコンバーターも、最短撮影側優先であった。
 
キャノンKissⅡ+100mmマクロ
ニコンSB-105の組み合わせをお見せしたいと思う。
 
今回も、
ポジフィルムをスキャニングして、
なるべく、現物に近い加工をしているもので、
そのデータをお見せしたいと考える。
 
本来のデータとは、微妙に違う事を了承してみていただきたい。

1/5の映像から
 
f-2,8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 1
f-4 シャッタースピード1/90
 
イメージ 2
f-5,6 シャッタースピード1/90
 
イメージ 3
f-8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 4
f-11 シャッタースピード1/90
 
イメージ 5
f-16 シャッタースピード1/90
 
イメージ 6
f-22 シャッタースピード1/90
イメージ 7
離れて調光が厳しくなると、
わざと、フル発光気味で発光し、
オーバー目で調光する仕組みになっていた。
その為、TLL調光ダイアルから、
FULL発光ダイアルに切り替えなくても、
そのまま、
以前にデータ蓄積を使って、
撮影距離に合わせた
マニアル撮影ができる。
 
1/3の映像では、TTL調光がききだす。
 
f-2,8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 8
f-4 シャッタースピード1/90
 
イメージ 9
f-5,6 シャッタースピード1/90
 
イメージ 10
f-8 シャッタースピード1/90
 
イメージ 11
f-11 シャッタースピード1/90
 
イメージ 12
f-16 シャッタースピード1/90
 
イメージ 13
f-16で、ストロボガイドナンバーによる限界値がきて、アンダーに仕上がった。

 
調光は、
[ニコノスTTL調光時代]より安定している。
しかし、
使用カメラのX接点1/90のため
太陽光の影響も、考慮してTTL調光した。
 
アクセス制限なので、次回に続く<(_ _)>
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事