いわきのひみつ基地日記

いわきの四季折々の風景や名所、自然などを紹介しています。

全体表示

[ リスト ]

 
昨日のいわきは、梅雨の晴れ間で暑い日でした。
 
 
これから夏になると 怪談話しなどが似合う季節になりますね。
 
いわきにも、怪談めいた伝説がありますので紹介させてください。
 
 
その怪談の舞台になっているのが、常磐白鳥町にある駒ヶ沢地蔵尊です。
 
駒ヶ沢地蔵尊は、いわき市立磐崎小学校の近くにあります。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
民家のブロック塀にこのような看板があります。
 
そして細い路地の奥に地蔵尊がありました。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
近づいてみると 思っていたより大きな地蔵様です。
 
説明によると1メートル50センチほどあるそうです。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
この地蔵尊にまつわる説明が、書かれた看板もありました。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
説明をかいつまんで紹介すると・・・・
 
 
昔、この地蔵堂に夜な夜な怪しいものが現れて 通るものを悩ましていたそうです。
 
その噂が殿様の耳にまで入るようになりました。
 
ある晩、殿様の命を受けた染山某という剣のたつ武士が、怪物退治にやってきました。
 
地蔵堂に来てあたりをうかがうと 怪物が現れて染山氏へ挑んできたそうです。
 
氏は、腰の一刀を抜く手も見せずに怪しきものを
 
袈裟がけに切り倒したそうです。
 
 
殿へその旨を報告して 夜明け早々に その場を検分すると
 
石の地蔵が袈裟がけに切り倒されていたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
今でもこの地蔵様には、袈裟がけの切り痕があるそうです。
 
私は、その切り痕が見たくて
 
後で罰が当たらないように お参りをしてから
 
前掛けをそっとめくってみました。
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
確かに肩から胴に 袈裟切りにされた痕がありました・・。
 
綺麗に切られているのに不思議と崩れ落ちることもないようです。
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
優しそうなお顔をした地蔵様ですが、
 
このような話しを聞くと なんとなく怖い感じもしますね。
 
 
夏には、このようなミステリースポットを 探検するのもよいかも知れませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(26)

顔アイコン

見事に切られていますね。
本当に刀で切ったのなら凄い達人でしょうね。
いろいろな伝説を紐解いて行くと結構おもしろいかも??(笑)

2010/6/26(土) 午後 1:05 [ - ] 返信する

顔アイコン

大きなお地蔵様ですよね!
それにしても・・・”切り痕”が・・・
生々しいというか・・・不思議ですよね!
説得力のある言い伝えですよね☆
切り痕が、物語っていますよね・・・!

2010/6/26(土) 午後 2:56 [ ☆ REI ☆ ] 返信する

ホントに切られた痕があるんですね!伝説って面白いです。
しかしながら、前掛けをめくってしまうやまめさんの飽くなき探求心には脱帽です。

2010/6/26(土) 午後 6:38 十三番目のトム 返信する

アバター

いやあ、まだまだ知らない伝説ってあるもんですね。石川五右衛門の斬鉄剣でもないと、こうも綺麗には切れないでしょうね。
FMいわきで、永井の昔話って番組がありますが、永井だけで毎週流すだけの伝説があるんですから、いわき全体では膨大な量の昔話があるんでしょうね。

2010/6/26(土) 午後 8:49 [ ねもしゅう ] 返信する

面白い話ですねぇ!
そして、自分的にはちょっと怖い…
この傷跡…
前掛けめくって…って、やまめさん!いいっすねぇ!

2010/6/26(土) 午後 9:08 ぶー 返信する

顔アイコン

おはようございます♪
やまめさんの勇気に脱帽です!
何とオトコらしい^^
お地蔵様 伝説通りの 見事な 切り傷でございました。
やまめさんの 一大決心に拍手です! ポチ☆
お地蔵さま 大変 失礼致しました。<m(__)m>

2010/6/27(日) 午前 8:09 sizuku_moon 返信する

しゅうさん
駒止の滝は、私も行きました。
30年ほど前は、いつも水が流れていたそうですが、現在は、流れていませんね。
これからの時期、怪談めいた話しもいいですね。

2010/6/27(日) 午前 8:38 やまめ 返信する

わらしべライダーさん
これから暑くなる時期に このような話しはいいですよね。
新舞子の海岸道路にそのような人形があったんですか・・・それは怖いですね。
私もそんなのを見つけたら見なかったことにしますよ・・・・!

2010/6/27(日) 午前 8:41 やまめ 返信する

赤鼻しし平さん
おはようございます。
別名 化け地蔵とも言われているようなので 怪物の正体はこお地蔵様だったのかも知れませんね。

2010/6/27(日) 午前 8:49 やまめ 返信する

阿多忙さん
ほんとこれからの時期にぴったりでおもしろいですね。
綺麗な袈裟がけの切り口も凄いですね。
どうして崩れ落ちないのかが、気になりますね。

2010/6/27(日) 午前 8:51 やまめ 返信する

TOUKAIさん
おはようございます。
そうですね、いわきは広いのでたくさんのネタがあって困りませんね(笑)。
ほんとこのお地蔵様の切り痕は、崩れそうですね。
どうして崩れないのか、不思議です。

2010/6/27(日) 午前 9:33 やまめ 返信する

おじさん
そうですね、地蔵様は、良いイメージがありますね。
化け地蔵の別名がある地蔵様ですので 悪い地蔵様もいるんですね。

2010/6/27(日) 午前 9:35 やまめ 返信する

よっぱさん
そうですね、綺麗に袈裟がけに切られています。
刀で切ってこのように綺麗に切れるんでしょうかね・・・?
このような伝説は、おもしろいですね。

2010/6/27(日) 午前 9:37 やまめ 返信する

REIさん
ほんと大きなお地蔵様で1メートル50センチと言ったら人の背丈くらいありますね。
闇の中にこのような大きな地蔵様が立っていたら 怪物に見えるかも知れませんね。
それにしても 生々しい切り痕ですね。

2010/6/27(日) 午前 9:41 やまめ 返信する

十三番目のトムさん
そうですね、このように切られた痕があるんですから 伝説を信じたくなりますね。
私もちょっと怖かったのですが、見てみたい衝動には勝てませんでした。

2010/6/27(日) 午前 9:44 やまめ 返信する

ねもしゅうさん
ほんと普通なら斬鉄剣でもない限り 石でできたお地蔵様は切れないですよね。
いわきは、広いのでたくさんの昔話や伝説がありますね。
このような伝説を調べて その場所を訪ねるのもおもしろいですね。

2010/6/27(日) 午前 9:48 やまめ 返信する

ぶーさん
ほんとこのような伝説は、おもしろいですね。
でも、少し怖いような気もしますね。
私も怖かったのですが、どうしてもその切り痕を確認したかったです。

2010/6/27(日) 午前 9:53 やまめ 返信する

しずくさん
おはようございます。
こんなことで オトコらしいと言っていただくと嬉しいです。
見事な切り痕で私も驚きました。

それにしてもお地蔵様には、たいへん失礼なことをしたと思っています、申し訳ありませんでした・・・!

2010/6/27(日) 午前 10:03 やまめ 返信する

アバター

こんばんは。

早速、僕も行って来ました。ブログにUPしましたのでトラックバックさせてください。

2010/6/30(水) 午後 7:49 [ ねもしゅう ] 返信する

ねもしゅうさん
早速、行ってくださり ありがとうございます。
なかなか趣のある 大きな地蔵様ですよね。
TB、ありがとうございます。

2010/7/1(木) 午前 1:06 やまめ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事