ここから本文です

書庫全体表示

久しぶりにアルカスイスの事をマニアックに書いてみたいと思います。

まずアルカスイスとは何か?というとアルカスイス・インターナショナル社
は1926年にスイスのチューリッヒで創業、現在はフランスに本拠を置くビュー
カメラのメーカーです。
イメージ 33
※画像はアルカスイス社のカタログより

ビューカメラはこのようにレール式の構造となっているため、そのレールを
乗せるために開発されたものがいわゆる「アルカスイス規格」の雲台です。

1964年に自社ビューカメラのレールをホールドするために生まれた自由雲台は
瞬く間にカメラ愛好者にも広まってゆき、今では統一規格の一つになっています。

ただし規格といっても明確に溝のサイズが規格化されている訳ではありません。
ですので「アルカスイス互換」という表現のほうが正しいでしょう。

実際、アルカスイス社自体は、真似されたりクランプを交換されたり、
改造されることを極端に嫌う企業として有名です。

秘密主義なのか面倒くさがりなのか、よく分かりませんが、今時ホームページも
ありません。国内正規取扱店であるKPIがメールで問い合せをしても、無視される
ことの方が多いらしく、変わった企業であることは間違いありません。

話が少し逸れてしまいました。そんなアルカスイスですが、自由雲台は多くの
カメラマン達に支持され、多くの企業がアルカスイス互換製品を作っています。

イメージ 32

その互換製品はコピーや模倣品といった枠を飛び越えて、様々な製品が発表、
発売されています。

①自由雲台

アルカスイス社で最も有名な自由雲台はモノボールZ1です。

イメージ 30

このようにクランプを他社の製品に交換して使うことが当たり前のようになって
いますが、アルカスイス社はこれを嫌っており、最近のパノラミックアダプター
などでは他社製品に互換性を持たせないようにしています。

Really Right Stuff や KIRK といった互換メーカーの先駆者の自由雲台も人気
があります。特にReally Right Stuffは米国自社HPのみの販売という希少性も
手伝って、製品の品質以上に人気があります(失礼)。KIRKは国内ではスタジオ
JINというショップが正規取扱いをしています。スタジオJIN HP

イメージ 1

Really Right StuffもKIRKもアルカスイスのボールの滑らかさにはやや届かない
感じです。特にReally Right Stuffはモデルによって、使い勝手が悪く感じます。
しかしたった180gの超小型のBH−25や、固定力ならアルカスイスZ1に匹敵する
BH-55など、非常に魅力的な製品も多く、たくさんのファンを獲得しています。
KIRKは弱点の少ない雲台ですが、操作に慣れない間は、フリクション調整ノブ
とパンノブを誤作動させてしまう事があるので注意が必要です。

イメージ 6

KIRKのBH-3です。作りの良さ、操作性共に平均点以上です。フリクションの
調整ノブが違う形(または位置)だったら、もっと心が動くと思います。

アルカスイスZ1のボールの動きは独特で、好き嫌いはあると思います。
そういう方はKIRKやReally Right Stuffを選んだ方が良いと思います。

近年、中韓系メーカーも頑張っています。代表的なのはマーキンスやSIRUI、
フォトクラム、sunwayfoto、BENRO辺りでしょう。コピーからオリジナリティ
持った製品へと変わりつつありますが、製品としての信頼度はこれからです。

イメージ 31

マーキンス Q3i-BK です。非常に滑らかなボールの動きで、固定力も抜群です。
ただしボールに施したコーティングによって止めている感じで、何年か経った
場合の固定力に不安を感じます。またパンの固定時のズレは大きくストレスを
感じます。

イメージ 5

SIRUIのK-30Xです。操作各部にグリスが塗り込められており、気付けばホコリ
とグリスでベチャベチャに…。操作性はまぁまぁでしたが、衛生上の問題あり。

他にもドイツのFLM、アメリカのアクラテックなどアルカスイス互換の自由雲台
を発売しています。アクラテック社はデザイン性に優れ、発想もずば抜けている
のですが、部品の耐久性やガタに問題があります。

イメージ 4
アクラテック社のGP-sボールヘッド。大胆な肉抜きがされたデザインは秀逸。
ジンバル雲台としても使えるが部品の耐久性に難あり。

②クランプ

アルカスイスの互換クランプもあらゆるメーカーから発売されています。その
大きな要因は本家アルカスイス社のクランプが使いにくい事が起因しています。
イメージ 2
アルカスイス社が後発で出した新規格「フィックス」と従来の規格を共存させる
形で作ったもので、2段式となっています。この段が曲者で、慣れないうちは
引っ掛けて上手く装着できません。
イメージ 3
こちらが新規格のフィックスタイプ。従来規格よりも小型です。

様々なメーカーから互換クランプが発売されるようになる中で、普通にネジ穴が
空けられている汎用品も多く出回っています。通常の雲台にそのまま取り付ける
ことが可能です。

イメージ 10

マンフロット400にsunwayfotoの丸形クランプを取り付けました。400の
クイックシューが丸形なので見た目の違和感もありません。

反対にネジ穴が切られていない穴だけが空けられた物もあります。そういう
タイプの多くは、自由雲台のクランプを換装する目的で販売されています。

イメージ 11

RRS(Really Right Stuff)の代表ともいえるレバークランプです。しかし他社
との互換性が悪く、本家アルカスイス社のプレートですら合いません。互換性
を重視するなら避けた方が良いでしょう。

イメージ 7

こちらはマンフロット405ギア雲台をアルカスイス互換化したものです。405に
元々付いているクイックシューを取り外して、アメリカのHejnarPHOTO社の
クランプベースを換装し、KIRKのクランプを付けています。

イメージ 8

これが410用のクランプベース。405同様、換装することができます。方向を
変更出来るように十字にネジ穴が空けられています。こういった製品にヒント
を得て、個人でも改造はあちこちで行われるようになりました。

イメージ 9

上は物はマジェスティックのギア雲台にシグマ光機のゴニオステージを取り付け、
KIRKのクランプを取り付ける改造を行いました。

KIRKのクランプはノブのピッチが大きいので、少ない回転で着脱できます。
固定力の強さが原因で締まり過ぎて、ノブが固くなり緩めにくくなる場合が
あります。

イメージ 12

ザハトラービデオ雲台にアルカスイス純正84mmのクランプを付けたものです。
ザハトラーのクイックシューにはズレ防止用のピンが付いており、ちょうどその
ピンがアルカスイスのクランプの裏側にある溝にジャストフィットします。

パノラマ機能が付いたクランプも存在します。

イメージ 18

アルカスイスのパノラミックアダプターとは違って、クランプ自体にパン機能が
備わっています。RRSやBENROやsunwayfotoから販売されています。

色物クランプとしてはKIRKのSS-1に付いているクランプが面白いです。

イメージ 20
アルカスイス互換のカメラストラップですが、ストラップは使いにくいです。
ただ…

イメージ 21

裏側がこれまたアルカスイス互換になっていますので

イメージ 22

こういう風にクランプの上にクランプを付けられます。すなわちストラップを
外さずに装着できるという訳です。しかも正方形ですので、どちらの方向にも
装着可能なのがポイントが高いです。

もう一個、色物続きですが中華メーカーSTOKの激安クランプ「フィッシュ
ボーン」が面白いです。

イメージ 23

何が面白いって形だけではなく、軽くて小さいところです。

イメージ 24

このようにスーパークランプのダボに取り付けて、RRSのストロボマウント

イメージ 27

装着すれば…

イメージ 25

ストロボを付けたり

イメージ 26

PCMレコーダーを付けたりできます。小さいから便利なんです。

他にもジッツオやSLIKなど有名なメーカーを初め、耳慣れない中華系メーカー
まで数えきれないほどのメーカーから販売されています。格安な中華系メーカー
製品でも使えるものも出てきていますが、耐久性など不透明な部分が多いのも
事実です。直接カメラを取り付ける部分ですから、購入の際は慎重に選ぶことが
大切です。

③プレート

プレートもクランプと同じように各社から発売されています。プレートに関して
言うならば、アルミ板とネジで構成されているシンプルなアクセサリーですので
さほど慎重に選ばなくても良いかなと私は考えています。ただしスタジオJinの
店長さんに言わせると「怖くて使えない」と仰られています。確かにきちんと
した素材すら公表していないメーカーの製品は怖いですね。謹んで訂正します。
それでも一応使ってきた物の評価を記載しておきます。

イメージ 14

BENROのPL-100です。BENROは数少ないRRSのレバークランプと相性のいい
メーカーです。それに格安です。上のロングプレートも2000円ほどでした。

イメージ 15

レンズの三脚座の長さに合わせてプレートも選びましょう。

イメージ 16

こちらは台湾メーカーのFEISOLの望遠レンズサポーターです。カメラボディと
レンズを止めてしまうのでヤジロベーブレを軽減してくれます。最悪に使いにくい
製品でしたが。

中にはレンズフット自体がアルカスイス互換となっているモデルもあります。

イメージ 17

Nikonの70-200F2.8 専用のKIRKの三脚座です。そのままアルカスイス互換の
雲台に装着できます。

Lプレートという製品もあります。カメラボディに取り付けるL型プレートとは
異なり、パノラマ撮影や構図変更用のアクセサリーとして販売されています。

イメージ 19

こちらがカスタムブラケット社のジンバル雲台。これもアルカスイス互換です。

④その他互換製品

その他の互換製品の中でも抜群の知名度を誇っているのがウィンバリー社の
ジンバル雲台及びサイドキックでしょう。

イメージ 13

アルカスイスZ1にサイドキックを装着したところ。それにしても合体だなんて!
少年心をくすぐりまくってくれます、本当に。

アルカスイス互換メーカー各社の製品群はこういった合体モノが多く、マニア心
を掴んで離しません。

イメージ 28
三脚 GITZO GT3532S
レベラー Really Right Stuff TA-3 LC-HK with clamp & hook
アダプター Really Right Stuff TH-DVTL-55 
雲台 ArcaSwiss Z1
クランプ Really Right Stuff B2-PROⅡ

イメージ 29
三脚 HUSKY ローライダー
雲台 ArcaSwiss d4ギア
ロングプレート ArcaSwiss MF 200
クランプ KIRK SS-1
マクロスライダー KIRK FR-2



このブログのまとめブログ的な
そちらも読んで頂けたら嬉しいです。

主に安い機材を見つけた時と、撮影当日に場所や出没時間をTwitterで呟きます。
新しい機材を買ったときも嬉しくてつい呟きます。気になる方はこちらから
フォローをよろしくお願いします。

この記事に

  • 顔アイコン

    マニアックです!
    痺れました!!

    [ きくりんぐ ]

    2015/8/14(金) 午後 8:27

    返信する
  • きくりんぐさん、こんばんは。
    ありがとうございます。
    マニアなんです^^;

    [ ハク ]

    2015/8/14(金) 午後 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    この記事は、アルカスイスに関する集大成ですね。素晴らしいです。
    しかし・・決して安価でないモノボールに外れ個体があるとは・・恐ろしく感じます。

    [ snb*8*50 ]

    2015/8/17(月) 午後 9:50

    返信する
  • snb850さん、おはようございます。
    数えてみたら、これまでに手放したものも含めて
    Z1を13台手にしてきたようです。

    そのうち明らかに外れだと思ったのは2台ありました。
    外れが割とあるという事に関しては代理店のKPIもハッキリとではありませんが、
    認めるところのようで、苦笑いしてました^^;

    [ ハク ]

    2015/8/18(火) 午前 8:19

    返信する
  • 顔アイコン

    ハクさん
    おはようございます。
    ううむ・・中古で買うのも慎重にしなければいけませんね。

    [ snb*8*50 ]

    2015/8/20(木) 午前 6:08

    返信する
  • snb850さん、こんにちは。
    中古で店頭で触れるならば、新品よりも外れを引く確率は下がりますね。
    各ノブとハンドルを回してみて、明らかな引っかかりがなければ、まず問題ありません。
    パンとボールの動きも明らかに動きが渋くなければOKです。
    フリクションコントロールが壊れている場合があるので、こちらも確認が必要です。
    最後に下のネジ穴から雲台の内部を覗いたらスチール製のシャフトが見えますので、その棒が錆びてなければ外れではありません。
    新品の場合、動きを確認できませんので、運次第です。
    ただ初期不良ならKPIを通った国内正規品であれば、無料でアルカスイスに修理に出してもらえます。
    ただそれも仕様の範囲内と不良を認めてくれないと、そのまま送り返されます^^;
    つまりは運ですね。

    [ ハク ]

    2015/8/20(木) 午後 1:12

    返信する
  • こんにちは。

    いつ見てもこのマニア度は群を抜いています………!!!(;´∀`)

    GXR&GRist

    2016/1/17(日) 午前 9:50

    返信する
  • > GXR&GRistさん
    こんにちは。
    最高の褒め言葉です^^
    ありがとうございます。

    [ ハク ]

    2016/1/17(日) 午前 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    ハクさん、こんばんは。
    ところで今日初めて知りましたがヨセミテ渓谷などモノクロ風景写真で有名な故アンセル・アダムス氏が使っていた大判カメラもアルカ・スイス社製だったみたいですね。今日DPReviewの記事を読んで知りました。1964 - 68年の間にアダムス氏が使った4X5の大判カメラがオークションに出されるそうです。そのアルカスイスのビューカメラについているMAJESTICと書かれてある古びた雲台がこれがまたハクさんの興味を惹きそうな雲台です。ついでにアンセル・アダムスのウィキの記事の写真の三脚はハスキーっぽいですね。

    https://www.dpreview.com/news/3238968567/ansel-adams-arca-swiss-4x5-view-camera-is-the-first-of-its-kind-at-auction 削除

    [ Nordlys ]

    2016/10/15(土) 午前 3:12

    返信する
  • 顔アイコン

    アンセル・アダムスのマジェスティックって雲台は別の投稿で取り上げている(上の写真にもある)雲台とよく似た造りのような気がします。 削除

    [ Nordlys ]

    2016/10/15(土) 午前 3:19

    返信する
  • > Nordlysさん
    そのニュース記事を読んで私も知りました。ちなみにマジェスティックは私の使っているモデルとほとんど同じです。
    http://blogs.yahoo.co.jp/ha76ck/56472732.html
    重いですがなかなか操作性は良いです。

    [ ハク ]

    2016/10/15(土) 午後 4:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事