ここから本文です

書庫全体表示

最近、周囲でZ1+の購入を考えているという方がまた増えてきました。またReally Right Stuffの取扱いが日本でも始まったことで、Z1ユーザーの方がクランプを交換される機会も増えてきたと思います。尊敬する写真家の一人であるsaizouさんも、そろそろ交換を…と呟いていらっしゃったので、今回久しぶりに雲台のクランプの外し方を書きたいと思います。

イメージ 1

さてまず、なぜネジが固いのか?について説明します。

Z1に限った話ではありませんが、ほとんどの雲台にはクイックシュープレートを着脱するためのクランプというものが装備されています。そのクランプが何かの弾みで緩んでしまったら大変な事態です。大きな事故にも繋がりかねませんので、各メーカーはそのような事が起きないように「ネジロック剤」を使って、ネジが緩まないように適切な処理を行っているのです。

ネジロック剤は用途に合わせて低・中・高強度と3種類ほど接着強さが異なるものが各社から販売されており、多くの雲台に使われているのが中強度の嫌気性接着剤です。

イメージ 2

「嫌気性」とは文字通り「空気を嫌う」性質をもつ接着剤で、空気が遮断されることによって、はじめて硬化が始まります。硬化が始まるもう一つの条件は「金属同士の接触」です。このふたつの条件が満たされて始めて固まる接着剤が嫌気性接着剤、すなわちネジロック剤です。(この特徴を備えないものもあります)

この性質の為、ネジとネジ穴の隙間(クリアランス)も強度に大きな影響を与えます。つまり工作精度が高い製品ほどネジロック剤は効果的と言えます。

このようなネジロック剤の弱点は「熱」。高強度タイプのロックタイトでも、接合部を約218℃〜246℃の高温に約5分間さらすことで工具で取り外し可能となります。ただしねじはめ合い長さが増大するにつれ、取りはずしが困難となります。

うんちくはこの辺で終わらせて、実際に外してみましょう。

イメージ 3

色々探してみましたが。手元にある雲台はすべて既には外してしまった後で、残っていたのはこのテイクウェイの小型雲台だけでした。試しにレンチで回してみます。ボールの固定力の方が負けてしまい空転します。どうやらネジロック剤が掛けられているようです。早速外しましょう。

イメージ 4

まずは熱を入れることにします。ロックタイトの販売元であるロック商事によると工業用ヒーター等で200℃以上に加熱すれば、通常の工具で緩めることが出来ると書いてあります。

半田ごてで熱すること5分。雲台が熱くなり過ぎてないか時々チェックしましょう。

イメージ 5

ここで私が試行錯誤を重ねて辿り着いた現時点でベストなZ1のネジ取り外し用の工具を記載しておきます。

KTC BT3-03SS 
AP 3/8DR ダブルスクエアスピンナハンドル 300mm

KTCのビットは、ビットの中ではちょっと価格が高いですが、低頭ですので効率良く力を加えられます。取り外し作業において一番怖いビット折れの可能性も低くなります。アストロプロダクツのスピンナハンドルは低価格なのに、非常にしっかりとした造りで、一生使えるものですから1本持っておいて損はないと思います。

この低頭のビットと長いスピンナハンドルで一気に負荷をかけます。この「一気に負荷を掛ける」という表現は非常に曖昧で伝わりにくいかもしれません。短い距離、力を入れて、素早く回す感じです。「熱で弱ったロックタイトを一気に割る」というイメージです。ゆっくり力を加えながら無理に回そうとするとビットの方が負けて折れてしまいます。特にアルカスイスZ1の六角穴は3mmと、通常規格より約1mm小さいので注意が必要です。

今回もこの方法であっさり外れました。青色ですので中強度のロックタイトだと思います。アルカスイスZ1のネジも大半がこの程度の固さのネジロックです。

イメージ 6

次に高強度も試してみましょう。

イメージ 7

約2時間くらいで実用強度になるのですが、念のために一晩放置し、翌朝、同じように5分間熱を入れます。

イメージ 8

最初に書き忘れましたが、この5分というのは半田ごてが熱くなった状態でスタートしてください。

イメージ 9

しっかりと雲台をバイス等で固定して一気に回します。中強度に比べると相当固かったですが、それでも比較的、簡単に外せました。

しかし中には非常に手強い個体も存在します。今回の検証から推察すると、
耐熱性ロックタイトを使っている。●アクリル系接着剤を使っている。
などが考えられます。どちらにしても上記ふたつであれば、今回ご紹介した方法では外せません。

時に無理をせずに諦めるという潔さも必要です。


とってもタメになるログカメラさんはコチラ→「ログカメラ カメラと共にステキな記録(ログ)を

この記事に

  • 顔アイコン

    やっぱり、ここまで丁寧に説明されているということは、周りの人たちがほぼ購入してしまうとの予想でしょうか(笑)
    予想通りの行動になりそうですが…

    [ bah*3*6 ]

    2017/5/25(木) 午後 5:19

    返信する
  • > bah*3*6さん
    こんにちは。布教活動です ^^
    あと失敗して悔しい思いをして欲しくないという気持ちもあります。レンチ折っちゃうと本当に悲しいので…

    [ ハク ]

    2017/5/25(木) 午後 5:24

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、いつも参考にさせてもらっています。
    今度Z2+のシングルパンを購入しようと思っていますが何処にも在庫がありません。ダブルパンは在庫があるのでこれを購入してパノラマアダプターを外してシングルパンにすることはできるのでしょうか。

    わかることがあればご教授お願いします。

    [ mah**omo ]

    2017/5/29(月) 午後 7:36

    返信する
  • 顔アイコン

    > mah**omoさん
    こんばんは。まず言える事は止めた方が賢明です。もちろん取り外しは可能ですが、クリアすべきネジが2本になります。一本目は割と簡単に外せるかもしれませんが、2本目は少し奥まったところに3mmの細いレンチを差し込んで外す事になります。当然ですが熱を入れにくく、ロックタイトが強く掛かっていると取り外しが非常に困難です。一度外した経験がありますが、外せなかった経験もあります。交換を目的に購入するのでしたら絶対にオススメしません。またアルカスイス純正のパノラミックアダプターはRRSのパノラマクランプに精度において劣ります。その点からもオススメしたくありません。もし海外輸入に抵抗がないのでしたら、ドイツのアルカショップはいかがでしょうか?今はユーロも安いですしアメリカから買うより安いと思います。

    [ ハク ]

    2017/5/29(月) 午後 8:17

    返信する
  • 顔アイコン

    続きです。


    https://www.arca-shop.de/de/monoball-z-serie/monoball-z1-single-pan-classic?action_ms=1
    私は2度ここで買っています。メールの返信などはちょっと遅いですが商品の状態は専門店だけあってしっかりしています。B&Hのように箱がぐしゃっと言う事は少ないと思います。ご検討下さい。

    [ ハク ]

    2017/5/29(月) 午後 8:18

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございます、やはりやめておいた方がよさそうですね。
    ドイツのアルカショップは知りませんでした。
    一度覗いてみます。

    ありがとうございました。

    [ mah**omo ]

    2017/5/29(月) 午後 8:34

    返信する
  • > mah**omoさん
    いえいえ、参考になりましたら幸いです。また何かあればお気軽にご質問ください。

    [ ハク ]

    2017/5/29(月) 午後 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。ブログ、Twitterともに拝見させて頂いております。質問なのですが、今回RRSのD850のLプレート注文のついでにクランプのB2-LLR-兇鯣注してZ1のクランプと交換しようと思っております。
    交換する時にはロックタイトで接着した方がよろしいのでしょうか?
    左右のネジ穴をネジで埋める?という表現が正しいのか分かりませんが穴を隠したいのですが何かいい方法はありますか?

    [ アクア ]

    2017/9/20(水) 午後 11:53

    返信する
  • > アクアさん
    おはようございます。元々Z1のM6ネジは長いのでロックタイトは必要と感じた事はありません。少し固めに締め込めば、まず外れる事はありません。むしろネジに付着している古いロックタイトを綺麗にしておいた方が良いです。理由はボール内部に落ちたカスが、ボールの底の穴から雲台内部に落ちてしまうからです。ただちに害を成すような事はありませんが、あまり気持ちの良いものではありません。ロックタイト社のガスケットリムーバーという商品で綺麗に取れます。

    [ ハク ]

    2017/9/21(木) 午前 4:53

    返信する
  • > アクアさん
    続きです。左右のネジ穴は1/4ネジ穴です。埋める方法は2種類あり、止めネジと化粧ボルトがあります。いずれも長さが1/4のものを選ぶと良いです。なかなか個人では入手が困難で、種類も少ないのが現状です。モノタロウならおそらくあったと記憶しています。もし見つからなければ私のツイッターに連絡ください。

    [ ハク ]

    2017/9/21(木) 午前 4:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > アクアさん
    すいません。長さの記載を間違えていました。皿ネジは「1/4-20 x 3/8」です。止めネジは「1/4-20 x 1/4」です。Twitterの方に画像をアップしておきます。
    https://twitter.com/dermatograph76/status/910798833705086979

    [ ハク ]

    2017/9/21(木) 午後 6:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > ハクさん
    丁寧に返答していただきありがとうございます。品物が届くまでにガスケットリムーバー注文しておきます。
    ネジは皿ネジの方が見た目スッキリした感じになりそうですね、探してみます。

    [ アクア ]

    2017/9/21(木) 午後 9:36

    返信する
  • > アクアさん
    ガスケットリムーバーは2種類ありまして、黒い方が剥離力が強いです。その代わり換気はしっかりしてください。確かに皿ネジの方がスッキリしてますね。

    [ ハク ]

    2017/9/21(木) 午後 10:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事