日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全218ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

白内障手術を思案中

 以前から太陽光が眩しく、{カッコ付け}ではないが、サングラスを掛ける日がおおくなっている。

先進医療の利く保険料が払い切れないので解約したいと考えたが、白内障の手術に民間の保険が使えると聞き、今、解約前に手術をしようか?
止めようか思案中。

            Mie

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

子供還りの趣味は絵本


 昔から絵本は心を癒してくれるので、{おばあちゃんの寝物語}が思い出され大好きなうえ、気分は子供に還る。

{プレゼント}とは嬉しいもの、
この度、私の心を鷲掴みにした絵本{森から海へ}が、ある【王子サマ】から
送られて、小躍りしている。独り占めはもったいないので、此処にご紹介します。

{さとう ひろし さく}  はっぱの旅  森から海へ より
イメージ 3


イメージ 1
 全頁が葉っぱで作られた虫、魚で出来ていて、その見事さに目も心も惹き付けられる。イメージ 2
 私が常々口にしている「生まれ故郷が恋しくなって、鮭の気持ちが解るなー」に似ている気がする。

絵に魅かれるだけに止まらず、自然の生き物の成り立ちと流れ、そして生き物の命の循環までもが盛り込まれている{美しい楽しい}絵本でもある。

             Mie


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 梅雨入りした最中の6/10日(日曜日)4時起きで東京駅前発のバスツアーに参加、実家に近い軽井沢まで出掛け「こんな素敵なところが在ったか?」

軽井沢が人気な理由(わけ)を改めてじっくり味わってきました。
イメージ 1
 人気(ひとけ)のない東京駅丸の内
イメージ 2
   ローズガーデン・エントランス
イメージ 3
  生憎の(あいにく)の雨に、うな垂れがちなばら
イメージ 4
 ローズを引き立てる周りの花々も首を垂れて・・・
イメージ 5
クレマチス、(和名・てっせん)
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 散策の道は木のチップが敷つめられ{ギボーシ}の新種も?
イメージ 9
 広い園内からは{レイクタウン}と呼ばれる別荘と思われる家屋やレストランが見える。
イメージ 10
 木々の間から{セレブのお住まい}が「イギリス風?」煙突も何となく西洋風。
イメージ 11
 浅い池の周りには、名も知らぬ草花が色とりどりに来客をもてなしてくれている如く咲き乱れて・・
イメージ 12
イメージ 13
 本格営業が6/20なので、未だバラの開花は4分くらいのところ。

レイクガーデンからバスで15分ほど離れた{野菜がおいしいレストラン}でランチを頂いた。
イメージ 14
 契約農家からのその日の朝採りをたっぷり頂いた。
イメージ 15
 パンも焼きたて、地元農家で飼育した飼料にも拘ったポークがこんなに美味しいとは!(((o(*゚▽゚*)o))) デザートはニンジンのアイスクリームにラズベリー、あまり美味しくて写真忘れる。
ランチコース:¥3000  代金は費用に含まれていた。

実家から30分程のところにある、{世界の星野}・・星野温泉に初めて足を踏み入れてみた。
イメージ 16
イメージ 17
 TVでも紹介していたのが「これか?」とさすが思い付きが施設内の気配り、アイディアはそこここに、
イメージ 18
 雨に濡れたウッドデッキにはこんな趣向が見られ、また、
イメージ 19
何気ない{傘立て}にも{古代の壺}を連想させる工夫が。
イメージ 20
海外からの観光客も多く、引きも切らさず押し寄せる人々、雨の日でさえ
この如く、夏休みの混雑は地元でも有名で、「夏は軽井沢へは行かない」と身動き出来ない道路事情があるはず、と納得。

数日後に従妹の別荘にお邪魔して、都合が付いたら再びこの辺を観光してみたいと思いつつ帰途についた。

           Mie


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 思わず声のする方を見ると、小学校高学年くらいの男の子が自転車で目の前を横切って、後から歩きで追いかける仲間に言い残して{美味しい焼き鳥屋}30年以上この地域で評判のおじさんの店に向かったようだ。

3時を少し過ぎた時間だし、「おやじ小学生が焼き鳥の虜になったか?」
長男が中学の頃にも「友達と買って食べたよ、あの頃と味が変わらない」と云い、今でも週一で私の好きな{鳥皮}と、はつ・レバー・ネギをぶら下げて帰る

懐かしい故郷の味になるのかな?

          Mie

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

夏草は伸びる伸びる

 私の住む団地は以前(20年前)までは住民達で敷地内の雑草は決められた日(自治会で日時を決め)掲示板で知らせて除草をしていた。

出る人は何時も決まっていて、「出られない時は500円出すことにしよう」とか出られない人が多ければ方法を変えよう・・と、その後、業者(シルバーセンター)にお願いするようになった。

5月・8月・12月の年3回と決まっている。{花ボランティア}さんと心ある奉仕精神のある方々が、日常的に伸びた草を取り除いて下さるので今回(5月)は稼働日数も1.5日少なく済み費用が少なく済んだことになる。

 お茶出し当番(作業のシルバーさんにお茶とお菓子を10時・12時・3時に出す)が終え、ホッとして一週間、きれいになった敷地には、もう少しづつ緑の雑草が伸び始めている。

夏草や兵共が夢の後・・夏は雑草の伸びが早く、芝刈り機の音の近くを通ると刈り取られた草の香りが鼻孔をくすぐる、懐かしい思いに深呼吸をしてみる。

          Mie

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全218ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事