日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 ようやく恋焦がれていた君(太陽)が青空と共に戻ってきてくれた。
体調が良くなった気さえする、世間では「お天気や」などと揶揄する言葉があるけれど晴れると気分がハイになる。

 胸が潰れるような酷い事件が起きたり(京アニ)耳目を覆いたくなることが日々多くて何故?・・・人間の顔をしていても{内なる悪魔}の同居している動物が人間なのか?

想像力の無いあまりにも身勝手極まりない暴挙に、うっとうしい気候が影響していないか?

理不尽な人生の終わりを遂げられた優秀な若い方々のご冥福を心からお祈りいたします。

             Mie
 私の住む集合住宅(220戸)の大規模修繕が始まった。勧められるままにTVアンテナ等を取り付け、その後、団地全体の加盟(J・cm)に切り替え大皿アンテナは不要になっていたのに知らずに最近まで外すことをしなかった。

この度、工事の妨げになると言うことで町の電気屋さん(Y)に取り外してもらった。ベランダの草花(数種)もこの際極少なめて、昔、夫がゴムの木を育てて居た大きな植木鉢も処分して、団地の新装なった時にはスッキリしたいと思う

              Mie

蒸し暑い日本の夏

 願わくは、「叶うものなら逃れたい」このところの蒸し暑さ、クーラーも上手に使わないと風邪をひくことに成り兼ねない。温度は28℃くらいにして{除湿}設定で今日は何とかしのいだ。

素足で歩くと床が湿気を含んでベタベタ、木の扉は開閉の度に強く引っ張ったり押したり「腹を立てている?」・・ような音が気になる。箪笥も然り、普段開け閉めしている力では言う事を聞いてくれない。

身体の調子も太陽光不足が影響してか{時差ぼけ}的な感じで寝不足が昼間ウトウト眠くなり居眠りが出る。

畑の作物にもそれは現れ、キューり・トマトを始め太陽に恵まれない物達は何らかの影響を受けている。太陽の偉大さを痛感し、文明の発祥の元も如何に太陽の存在を崇め崇拝したかを古い遺跡にそれが見られる事からも解る。

 兎にも角にも{青空}が太陽が出て欲しい、日差しが出れば気温の上昇で真夏日に又悩まされることになり、これも悩ましい、が熱い時は暑く寒い時も無ければ自然のバランスがくずれる、 ヤジロベイ頼みかな?

             Mie

 成田を友人とウキウキ出発する{今より若いピチピチレディ}が現れた。
Vサインをきめながら初めてのヨーロッパへ出発。
フランクフルトを経由して、ライン川クルーズに向かう前に有名なツグミ通りを散策
いよいよライン下りが始まった。

ライン川の両岸には古城が数多く現れて雨にも拘わらず興奮がピークに・・・
有名なローレライの像があると言われて探しても見当たらない、残念。

ハイデルベルク城から街を眺めながらバスで{ノイシュバンシュタイン城}はディズニーランドのお城が真似て作られたそう。お城の中は撮影禁止の為残念。

その後ランチは窓から目の前にお城が見られるレストランで摂り再びローテンブルグを目指した。

城壁に囲まれたおとぎの国のような街並みは家々の窓と言う窓に色とりどりのお花が飾られ写真(ビデオ)を撮らずにはいられない美しさだ。

古い木組みの城壁に登ると窓があり、りんごが色付き始めていた。フィラカンサスの黄色い実がたわわに実っていた。その近くのレストランの{鳥の照り焼きランチの味は今でも忘れ難い香り}であった。テープ3本観たところで、ビデオが高温の為リタイヤだ。ヤレヤレ。

この後は、{世界でも小さい国リヒテンシュタインに向かう予定・・
又時間のある時に見ることにしよう。

               Mie          



八村塁選手頑張って!

 先ず日本からすごい青年が現れた
{月面着陸やコロンブスのアメリカ大陸発見に匹敵する快挙}といわれている。

バスケットそのもののルールも解らず何が凄いのか、ボールが網に入れば得点になるのはわかる。

10年くらい前に友人の息子さんがシカゴに住んで居て、バスケットの試合会場に連れて行って貰った、アメリカ人の奥様のお兄さんの大学チームを応援したように記憶している、その時の試合会場の観衆の熱気と言ったら日本のプロ野球の比ではない

チアガールも居たり、ブラスバンドと言うか鳴り物が観衆を盛り上げて、それに応えるサポーター、耳を覆いたくなる応援合戦には友達と呆気にとられ、しばし、その空気に呑み込まれて目を白黒するばかり。

そんな凄い試合の応援合戦の中、隣の友人はコックリこっくり船を漕ぎ始めた
それを見ていた私も応援や歓声は{騒音}でしかなく、息子さんと奥様は熱心に応援していた。

日本からシカゴに着いて日も浅く緊張から解き放たれて騒音は子守歌に変わり二人でこくりこくり夢の中。気が付けば試合は終わり、息子さんの車で帰路に就いた

「Mさん(息子さん)高い入場券を無駄にさせてごめんなさい」
思い出してもアメリカは、プロ野球よりプロバスケの方が格段に盛んで、日本では
野球の方が人気だからTVでも多く放映するだけだとあの試合会場でも感じた。

野球・サッカー・バスケットがこれから八村塁選手のウイザーズ入団でマイケルジョーダンしか知らなかったばーちゃんが{ジェントルマン八村}の活躍を応援しますよ、人間性に加え国際感覚を身に着けた長身の青年は日本の誇りですね。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事