はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト ]

剣山スーパー林道2013 

剣山攻略作戦は無事終了、
林道局地戦闘機チョイノリは2機ともエンジントラブルなく順調に走りきってくれた。
イメージ 1
両機とも剣山林道撃墜マークを追加した。
攻略林道が増えて箔がついたね。
 
さて各所の損傷を確認してみた。
まず、1号機。
イメージ 2
黄色丸についていたアルミステーが外れて紛失した。
エンジンガードとのアルミロウ接着部位は赤丸のように裂けていたので、ロウ付けが外れたとはいえ
強度はそれなりにあったと思う。
エンジンガードが裂けるほどの衝撃とはすごいね。
イメージ 3
外したエンジンガード。
1号機には凹みのない中古エンジンガードを増設したところだったのだが、剣山林道一回完走するだけでボコボコだ。
取り付けボルトも削れや凹みが見られた。
イメージ 4
メキシカンマフラー 取り付けステーは無事に見えていたが、実は…
イメージ 5
外してみると折れていた。
溶接で補強した前回破断した部分は健在だが、それより先の位置でスパッと切れていた。
また補強しないといけない。
ここは結構負担が来るのだねえ。
 
次は二号機
イメージ 6
エンジンガードがベコベコ
イメージ 7
こっちも整形しないといけません。
これ以外に損傷はなかった。
 
チョイノリで未舗装林道を走るチャレンジでは、
エンジンガードへの打撃損傷とマフラーステーの破断という影響はあるものの
エンジン自体は壊れることなく走りきれる。
林道1号機など、
剣山林道、氷ノ山林道、剣山林道と走ってきたので、未舗装路累積走行距離は200kmを超えるが
エンジンは問題なく稼働している。
 
チョイノリすごいよ(^∀^)
 
さて次はどうしようか?
この夏の間に瀞川山林道 鉢伏山林道も攻略したろうかいな
と画策中。
 

閉じる コメント(16)

なるけど〜

マフラーステーはラバーマウントの方が良いみたいですね

2013/5/10(金) 午後 0:35 [ fast ] 返信する

顔アイコン

>fastさん
若干の遊びがあるほうがよいのかもしれませんね
2号機のステーは耐えたので、補強する方向で考えています。

2013/5/10(金) 午後 1:14 はちまる 返信する

ソルボセインという衝撃吸収能力が高いゴムみたいな素材があるのですが、シートを挟んだりしたら少しは衝撃が緩和されたりしますかね?

3mm厚30cm四方のシートで4000円位しますが。

2013/5/10(金) 午後 9:40 [ 巡音ルカ ] 返信する

顔アイコン

ゲロ林道!

2013/5/10(金) 午後 11:03 [ 黙れ糞坊主 ] 返信する

顔アイコン

>巡音ルカさん
ステー部分の固定がぶれるとヘッド側の固定にビビリが出てボルトが落ちるかもしれませんし
ステー補強の方がよいように思っています。
あと、熱の問題もありますしね〜

2013/5/11(土) 午前 8:22 はちまる 返信する

顔アイコン

>黙れウンコ坊主
ゲリ林道!

2013/5/11(土) 午前 8:23 はちまる 返信する

顔アイコン

確かにマフラーの熱は結構くるかと・・・となると、スプリングワッシャーあたり??
マフラータイコ本体の振動がこのボルト回りにキテルのでしょうなぁ。
しかし、マフラーそのものは強靱ですね( ゚д゚)!

2013/5/12(日) 午前 3:09 まつきち 返信する

顔アイコン

こんにちはー。
林道でお会いしたセローの者です!
無事のご帰還おめでとうございます。
看板の先は無理でしたか…
先行していた釣り竿を背負った二人がチョイノリならやれるかも…と期待してましたよー。
そして、楽しい旅の写真をありがとうごさいました。
また日本のどこかでお会いしましょう! 削除

2013/5/13(月) 午後 0:35 [ かもしか ] 返信する

顔アイコン

>まつきちさん
メキシカンマフラーはプロの作った逸品ですからかなりの信頼度です
あと、自分で製作した水道管マフラーはエルボの部位で回転方向に若干可動しますので、ひねり応力には耐えられるという仕組みです
…狙ったわけではないですが、うまくいっている様子(^^)

2013/5/13(月) 午後 3:44 はちまる 返信する

顔アイコン

>かもしかさん
お久しぶりです。できたら崩落越えをチャレンジしたかったのですけど、
余りに道が狭すぎて、しかも失敗した時のリスクが高すぎた…

またどこかの林道でお会いできたらいいですね(^^)

2013/5/13(月) 午後 3:46 はちまる 返信する

顔アイコン

林道制覇、無事おつかれさまです!

チョイノリ、エンジンなどに全くダメージが無いとは驚きですね、動画で見た限りでもジャンプしたりしてるのに、意外と頑丈なモンですね(^^;

リアホイールなども手に入ったので、林道タイヤ、もう一度組んでみますね!

2013/5/13(月) 午後 8:00 まめぞう 返信する

顔アイコン

>まめぞうさん
フレームやエンジンといったキモは無事でした
案外頑丈な車体です。
林道くらいでは壊れない。頼もしいですが、ちょっと物足りなかったりも…
未舗装走行楽しんでくださいね〜

2013/5/14(火) 午前 7:46 はちまる 返信する

顔アイコン

遅くなりましたが剣山林道走破おつかれさまでした。
過酷な行程をこなしてもなお故障知らずな
チョイノリの基本性能(?)の高さには改めて感心するばかりです。
マフラーはやはりステーの上に重量物(サイレンサ)があるのが
問題でしょうか?
サイレンサはぶら下げる構造の方が取り付け部分への負担は減るかも?
改良の余地ありかな?

2013/5/15(水) 午後 9:36 [ メキシカンオレンジ ] 返信する

顔アイコン

>メキシカンオレンジさん
メキシカンマフラー大活躍で、完走できました。ありがとうございます。
おっしゃるようにメキシカンマフラーでの2回の剣山チャレンジは、いずれもステーが破断したのに比べて、水道管マフラーは氷ノ山・剣山のいずれもステーは無事でした。
この2本の違いは取り付けがメキシカンマフラーの下支え式に対して水道管マフラーは吊り下げ式であることが大きいようです。
吊り下げ式でもマフラーの岩ヒットは皆無なので、林道程度の悪路なら、こちらの方がよいようですね。
でもメキシカンマフラーの跳ね上げ外観はかっこよくて好きです。
起伏がハンパないゲロ林道では下支え式の方が有利かも

2013/5/17(金) 午後 7:08 はちまる 返信する

顔アイコン

スウィングアームじゃなかった!チョイノリの場合はリアフレームになるんか???が左右に振れて(暴れて?)ステーがポッキリなんでしょうか?

水道管マフラーは耐えたとなると・・・
ジョイントがクッションの役目をはたしてんでしょうね

逆にシート下のフレームからステーを伸ばしたほうが後輪の動きに影響されないので良いのかと思いますね

2013/5/18(土) 午前 0:03 [ fast ] 返信する

顔アイコン

>fastさん
リジットなので基本的にはどこからステーだそうと振動は強いですが
後輪から離すことでフレームのしなりが若干なりともクッションの役割を果たすかもしれませんね。

やはり熱に耐えうるクッション材ステーを考えたほうがよいか…

2013/5/20(月) 午前 8:46 はちまる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事