はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト ]

ポート加工してみた

チョイノリの改造キャパシティは非常に狭い。。。
その理由は社外パーツが出ないこと。
シリンダーがクランク室と一体化しているためシリンダーパーツとしてのボアアップキットが出ないのだ
クランク室一体型のボアアップキットならできないわけでもないだろうが、もともと新車の車体価格が6万円そこそこのバイクの改造パーツがあまり高価になるわけにもいかず、各社ともにチョイノリ用パーツのラインナップは皆無に等しい。
巷のチョイノリユーザーたちはこの点に苦心した挙句にチョイノリエンジンの改造の限界を知って、エンジンスワップに手を染めるようだ。
 
はちまるはエンジン交換するくらいならチョイノリにこだわる必要がないような気がしているので
チョイノリはあくまで純正エンジンでの改造にコダワリたい。
もちろん安価で…
ということでシリンダーヘッドのポートを加工することにした。
これなら削るだけなので0円だ
 
最初に言っておくが、はちまるはドシロウトなのでポート加工などしたことがないし、周りに知識がある者もいないので、ネットの知識だけで、壊れること覚悟で確たる理論もなくムリクリ削っている。
なので真似しないほうがいいし、この記事を読んで馬鹿なことをしていると思った方も、批判ではなく、やさしく諭す程度で勘弁して欲しい。
イメージ 1
チョイノリのシリンダーとヘッドを図にしてみた。
このうち赤で塗られているバルブガイドと吸排気の曲がり角を削ることで混合気の流れがスムーズになる…
ような気がしませんか?
本来ならば鏡面加工をしてツルツルにするべきなのかもしれないが、そんな技術も道具も持ち合わせていないので、「敢えて乱流を起こして混合気のミストを細かくする」なんてことを狙ったように見せかけて、リューターでガリガリ荒削りした。
イメージ 2
われながら惚れ惚れすほどのひどい出来栄えだ
バルブガイドは削りすぎると耐久性がなくなるという話らしいが、部品取り用のボルトのメネジも怪しいヘッドなので壊れたら壊れたで捨てるだけさとガリガリいったった。
イメージ 3
曲がり角を削ったおかげでシリンダー側から吸気口が見えるでしょう。
これで混合気の流れがスムーズになるかもしれないが、もともとキャブレターの口径も激細でマフラーの口径も激細
インテークマニホールドなんて90度曲がっているので、いまさらポート加工したってなんも変わりないようにも思うのだが
マア取り付けてみてレポートしてみます。
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事