はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト ]

車載工具のすゝめ

チョイノリには車載工具がない、、、
おおよそすべての国産バイクにはそれ相応の車載工具が標準で装備されていようものなのに、壊れ易いと評判のチョイノリが積んでいないなんて、困ったものです。
これもパーツ点数削減、原価節約のための処置でしょうが、ないならないでいいや…なんてほったらかしていると、トラブルが起こった時にボルトの一つも締めれず、困ります。
なので、個人個人で車載工具を積んでおくべきですが、どういった工具がよいのか
とりあえずはちまるの車載工具を紹介しておきましょう。
 
車載工具はなるべく小さく・少なくが基本です、整備しやすさを突き詰めれば、そりゃあフルセットを持っていく方がよいのは当たり前ですが、積載スペースの問題や重量増にならないよう、よく考えて吟味しましょう。
イメージ 1
はちまるは、写真のような工具を積んでいます。下のAuLosという袋は中学時代のタテ笛の袋で、ちょうどよい大きさなので、工具はこれに収納しています。
工具は左から
1、14mmのメガネ・スパナのコンビネーションレンチ
2、10mm 12mmのスパナ
3、ソケット (8mm、10mm、12mm、ビットアダプター)
4、ビット  (プラス・マイナス・4mm六角・5mm六角)
5、ヘッドライト
6、ラチェット と エクステンションバー
7、プライヤー
8、プラグレンチ
9、プラス・マイナス ドライバー
以上の17点。
これで、ほとんどの作業が可能です。
 
これらの工具を選択した理由としては、
フロアボードの取り外しにはソケットレンチが絶対不可欠であること
マフラーの脱着には六角ビットが必要なこと、
ミラーの調整には14mmメガネではなく14mmスパナが必要になること。
前後のアクスルシャフトは14mm 12mmの2サイズのレンチが必要になることなどなど…
いろいろ考えてこのセットになりました。
 
大事なのはヘッドライト。これは是非積んでおいてもらいたい。
 夜間作業を想定しているわけではなくて、フロアボードを外さずにキャブのスクリュを調整する時、
すごく小さい隙間から真っ暗な空間へドライバーを入れていって、+−の溝に嵌めこまなくてはならないので、ライトがいるのです
イメージ 2
黄色丸のボルトを見るために赤丸方向からライトを当てて作業するわけです。
ないと、暗闇でやみくもにドライバーを差し込んで回すことになります。まず溝にはめることができませんので、フロアボードを外すことに… 
 
あと、こんなものも積んでおくと便利
イメージ 3
パンク修理セットです。
空気入れ、挿入用ラバー、ゴムノリ、挿入具。
チューブレスタイヤなので、タイヤ脱着しなくとも、これだけの機材で修理が可能になります
あと、作業箇所の汚れを取り、キャブの分解時にゴミを飛ばすための携帯用パーツクリーナーも入れています
イメージ 4
袋に収納して…
イメージ 5
リアボックス内に。
コンパクトに収納でき、それでいてキャブのスクリュ調整・オイル交換・パンク修理からエンジン脱着までできる工具セットでした(^^)
 
 
 
 

閉じる コメント(12)

はちまるさん、こんばんは!

そうですね!ボクも成田に行った時キャブのドレン?からガソリン漏れてドライバーが無くて大変な思いをしました!

リコーダーの袋懐かしいです♪同じの使ってました。

2011/11/27(日) 午後 8:26 hiro 返信する

顔アイコン

私は近県ならば、工具は積みませんが、
このバイクは何が起こるかわからないので
工具は積んでいたほうが安心ですよね。
実際、聖地巡礼のとき、出発してすぐに
リアボックスのステーねじ緩んで、まし締め
しましたから(笑)
心配性で、ガソリンまで積んでいきましたが(汗)

2011/11/27(日) 午後 8:44 [ さいばば ] 返信する

顔アイコン

こんばんは
チョイノリ(近場)では必要ないですが・・・
トーノリ(遠乗)では必需品ですね!
リコーダーの袋は私の時代は・・・遠い昔で忘れました^^
私はタンク横のフレームに小バック付けてパンク修理キットとともに
若干の工具を入れています。

2011/11/27(日) 午後 8:59 [ あく太郎 ] 返信する

顔アイコン

自分も同じぐらい積載してます。
何が起こるかわかりませんからね(笑)
パンク修理キットはスプレータイプです。
みんなチューブなもんでf^^;

2011/11/27(日) 午後 9:49 k原 返信する

顔アイコン

遠距離は帰れなくなると困るので、保険ということで一応積んでいきますが
一度もパンクも重大なトラブルもなく、ただのデットウェイトになってますね(笑)

SSはフロアボードの6本中前2本がフェンダー部と同じ大きな+ネジなので、
遠距離の時は6角に変えとくべきかも
そもそもフロアボード開けられる工具は入れてなかったというオチもありますが(笑)

何故かうちのマフラーは元から10mmの6角です

2011/11/28(月) 午前 5:15 [ ふももも ] 返信する

顔アイコン

>hiroさん
自分もドレンボルトが緩み外れてしまったことがあります
走行中にエンジンが止まり、ガソリンダダ漏れでパニックになりましたよ
ボルトが紛失していたので、穴にガムを詰めて家まで帰りました
本当に面白いバイクですよ(^^)

リコーダー一緒なんですね、
姫路と東京で同じ製品だなんてビックリです。

2011/11/28(月) 午前 9:41 はちまる 返信する

顔アイコン

>さいばばさん
ガソリンにオイルに工具に御土産に…
ものすごい量の積載物でしたよね
自分も結構な積載物でしたけど、使わなかった工具がある一方で
ソケットレンチの調子が悪く整備に難渋したりしました
工具はよく考えて選ばないといけませんね。

2011/11/28(月) 午前 11:34 はちまる 返信する

顔アイコン

>あく太郎さん
チョイノリは純正で積載スペースがないので
車載工具を載せるスペースも考えないといけませんね
書類入れ(実態は書類はめ込み場ですが)スペースにドライバー二本くらいなら収納できるのですけど
ちゃんとした工具を収めるには何らかの追加スペースを構築しないといけません。
手のかかるバイクですね(^^)

2011/11/28(月) 午前 11:36 はちまる 返信する

顔アイコン

>K原さん
旧車はトラブルの宝庫ですから、工具には気を使うのではないでしょうか
遠距離走行でトラぶって帰れなくなったら大変ですよね
しかもチューブタイヤって、手間がかかって大変です。
自分も以前はパンク修理ボンベを積載していましたが
チューブレスは修理キットの方が省スペースなので変更しました

2011/11/28(月) 午前 11:39 はちまる 返信する

顔アイコン

>ふもももさん
積載工具を減らすために、装着ボルトの種類を減らすというのは面白い発想ですね。

自分も、これだけの整備道具を入れていますが、ちょっとくらいのトラブルだと、家に帰ってからゆっくり整備しようと
不安定な状態のまま頑張って家まで帰ることの方が多いです。

寒くなると出先でキャブのスクリュ調整はよくしますね

2011/11/28(月) 午前 11:43 はちまる 返信する

チャッキー号は、キャブ調整用スクリュを照らす向きにLEDを仕込んでました。
車載工具は、色んなトコに隠してあります。

2011/11/29(火) 午後 11:31 [ チャッキー ] 返信する

顔アイコン

>チャッキーさん
作業用照明を標準装備ってすごいですね
ボックスを装備していなかったら、いろんな隙間に工具を収納することになりそうです。
以前、セルなし車両にバッテリーボックスを増設して工具箱にしようかと考えたことがありますが、バッテリーボックスを開けるのに工具がいるので断念しました。
ボルトを手で開けれるようなものに変更すればいけたのでしょうけど、ボックス自体微妙に小さくて、やめちゃいました。

2011/11/30(水) 午前 8:13 はちまる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事