はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト ]

このブログを定期的に閲覧してくれている方々にとっては、何を今さら…という記事ですが、
自分がセルなしチョイノリをセル化した時には、セルなしエンジンを外して、セル付きエンジンを丸ごと買ってきて装着し、エンジンをセル付きに換装したわけではなかったので
エンジンをセル付きに換えたい人のためにちょっと記事にしてみました。
 
まず、エンジンをセル化するために必要な物品です
イメージ 1
1、駆動系ケース
黄色丸の部分の裏側ににセルモーターが装着されていて、写真に写っているスターターピニオンギアの挿入穴にアダプター筒が嵌めこまれています。
セルなしのケースでは、セルモーターの装着するところに穴があいておらず、スターターピニオンギア挿入穴にアダプター筒がないので、セルなしのケースを流用することはほぼ不可能です。
蓋側にもアダプター筒が嵌めこまれているので、セル付き用が必要になります。
2、ジェネレーターとフライホイール。
ジェネレーターの配線は3本出ていて、配線2本のセルなしジェネレーターとは異なります。
フライホイールは見た目は一緒なので、何が違うかわかりませんが、パーツNoが違いますので一応セルあり用の物を用意します。
3、スターターピニオンギアが噛みこむための円盤。
パーツの名前がわからん。装着に使用するナットとワッシャはセルなし用のものが流用可能です。セルありでは一個ワッシャを使用しません。後述します。
 
さて、それではエンジン左側から作業をします。
イメージ 2
黄色丸の10mmのボルトを外してカバーを外します。
青丸に示しますようにジェネレーターの配線の数が違いますね、
イメージ 3
ユニバーサルホルダーを装着して14mmのメガネレンチでナットを外し
イメージ 4
フライホイールを外しましょう。
イメージ 5
プーラーで外します
イメージ 6
外れたら、赤丸のボルトを4か所外してジェネレーターを取り外します
黄色の丸の部分にある出っ張りはフライホイールの位置合わせ用の「キー」というパーツです。
これ…外れます、気をつけないとフライホイールを外すときに吹っ飛んで紛失します。用心を。
イメージ 7
外れました。
セル付きジェネレーターの装着は取り外しの逆の順序で取り付けます。
ここは以前にも記事にしているので、参考に↓
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事