はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト ]

次にジェネレーター・フライホイールを取り外します
まずフライホイールの取り外しですが、特殊な工具が必要になります
回り止めをしなくてはならないので
イメージ 1
ユニバーサルホルダーを使います。ネットで3,000円弱で購入できます。写真の赤い取手の工具です。
ドライバーなどをフライホイールの穴に入れて回り止めにする方法もありますが、この中にはコイルがあり配線を傷つける可能性があるのでお勧めできません。
ホルダーで固定した後は14mmのレンチでナットを緩め、外します。このナットを外してもフライホイールは外れません。というのもエンジンのクランクシャフトにガッチリ圧着されていて、特殊工具のボルトの力を利用しないと外れないのです
イメージ 2
で、今度はプレート式ロータープーラーという工具を使います
これはyabumotoという工具ショップで購入しました3000円前後です。
M6のボルト二本でプーラーをフライホイールに固定し、中央のボルト(17mmのレンチで締める)を締め付けていくことでM6ボルトがフライホイールを引っ張り出していくという商品です。
自分は似たような工具を自作して挑戦もしましたが、中央のボルトが締めるときにずれたり、ねじ山を破損したりするのでちゃんと工具を買ったほうがよいです、ここはかなり硬いので力いっぱい締め付け、バキッと外します。
イメージ 3
外れたところです。フライホイールを外すと中にジェネレーターコイルが出てきます。右の黒い箱はポイントです。
ジェネレーターコイルは六角レンチのボルト二本、ポイントは8mmのボルト二本を外すことで取れます
イメージ 4
取った後の写真です。
これでカム室を開けるためのボルトが見えるようになりました。
 

閉じる コメント(5)

顔アイコン

フライホイールの新たな外し方あみだしましたw
−ドライバーで下から軽く力入れて
シャフトを2時間ほど軽くコンコン叩いてると
外れますw工具絶対に買います!!w

2013/9/28(土) 午後 6:11 [ buchi ] 返信する

顔アイコン

>buchiさん
個体差がありますが、さび付いている車両では固さが尋常ではありません
やはり専用工具があると便利ですよ(^^)

2013/9/30(月) 午後 3:30 はちまる 返信する

顔アイコン

ですねぇ・・・カム点検にこの手法は辛い体制維持で2時間平均ですww

2013/9/30(月) 午後 9:21 [ buchi ] 返信する

顔アイコン

>buchiさん
2時間の時給を考えたら専用工具買った方がいいですね(笑)

2013/10/1(火) 午前 8:58 はちまる 返信する

フライホイールって若干違う作りになってますよね??マグネットの数?と言うか・

2018/11/9(金) 午後 10:43 [ チョイノリマッチョ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事