はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
ちゃくちゃくと参加人数が増えてきている巡礼旅ですが、
すでに歴代最高人数に達してまして、
参加人数が増えたことによる制限が出てきてしまっております。

参加者の間で差があってはならないという気持ちはありますが、
店の許容スペースや、記念品も無限に作っているわけではないので、
早い者勝ちになってしまうことは現実的に仕方がないということをご了承ください。

1、ウナギ屋 会食締め切り

ウナギ屋さん会食ですが、現状で39名になってまして、昨年よりも多くなっています。
お店のスペースの関係上、これ以上の参加は不可能だと思われますので
うなぎ会食は申し込み43番で締め切らさせていただくことになりました。
イメージ 1
ウナギ屋さんの予約と注文につきましては、
今年もメキシカンオレンジさんにお世話になります。
面倒なお仕事をお任せすることになりすみませんが よろしくお願いします。

少しでもお手間を減らすべく、
今年は全員 うなぎ重 2700円 ということに仮決めさせてもらい、
大盛がよいとか、うなぎ丼でいいとか、そういう要望がある人のみ、
巡礼中にメキシカンオレンジさんに申告してもらう方向でお願いしたく思います。

2、渚園キャンプ場
渚園キャンプ場はCCJ(シーシージェイ)で予約をしています。使用料として一人500円を負担ください。
はちまるは12時に姫路を出発し、16時半〜17時くらいに到着の予定です。
責任者が来ないと入れないとのことなので、はちまるが到着するまでは駐車場でお待ちください。
(早めに現着できて、はちまるが到着するまでの間、責任者となってくれる方、おられましたらお願いできませんでしょうか?)
2016.08.17追記 責任者は(太郎さん&らくだ少佐)にお願いできることになり解決しました。

キャンプ場内までバイクで乗り入れ可能です。
野営道具は各自持参してください。

夕食ですが、全員分の食事を準備するのは難しいので
はちまるの方で機材は準備するので、食材は各自持ち寄りという方法を取らせていただきたく思います。

1、焼肉プレート&コンロ&焼肉のたれ
2、鍋&コンロ&鍋のだし汁
3、炊飯用具 3合を二回炊飯します
4、机
5、ゴミ袋&液体廃棄用バケツ
6、紙お椀 割りばし 

はちまるは 上記6点の用意をします
食材は自分で持ってきてもらうようお願いします。

お願い01
はちまるの個人装備では30名以上のメンバーの調理は不可能です
他にトランポ車で参加の方は、焼き肉ができる装備を提供いただけないでしょうか
2016.08.17追記 この焼肉装備に関しては機材申し出があり解決しました
(機材 はちまるコンロ  少佐BBQコンロ リュウボウさんコンロ)

炊飯が可能な方には米軍参加を お願いしたく思います。
(米軍 はちまる ケースケー ダカールさん)

お願い02
このキャンプ場はほかの方も利用されています。
夜間に騒ぐのは迷惑になりますので、夜10時をもって宴会は終了としてください。
せっかく遠方から集まった仲間と長く会話したい気持ちはわかるのですが、公共の場であることを理解し
10時でいったんお開きにしましょう。
その後、個人で静かに会話するのは結構ですが、
周囲に気を配って騒がしくならないように十分注意してください。
(実は去年注意されています。出入り禁止にならないように気を付けましょう)

キャンプ場に入る前に
イメージ 3
渚園の東、5kmのところにベイシアフードセンターというスーパーがあり、
品揃えが多く、カインズというホームセンター、ガソリンスタンドも併設されているので
ここで食材準備されたら便利かと思います。

3、乗機の整備とガソリン
長距離を自走される方々、くれぐれも自機体の整備を万全にして、
旅の最中のトラブルにも対応できる準備をしてください。
不幸にも走行不能になった場合の帰宅方法やチョイノリの引き上げなども自己責任になります
ほかの参加者から援助があるかもしれませんが、それをあてにすることなく旅に挑戦してください。
渚園→歴史館→うなぎ(約15km)
この経路は集団走行であり給油する時間はありません。
巡礼イベントに参加する前に、給油をすませておいてください。


大人数の野営・夕食・移動であり、
一人では処理しきれない問題がいろいろあります。
お手伝いいただける方、いましたらよろしくお願いします(^^)


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト

とうとうこの季節になってきましたね!
なにかと多忙を極めておるはちまるですが、
9月のビッグイベントは例年通り決行することにしたぞ!

聖地巡礼作戦2016 
〜導かれし者たち〜
イメージ 1

日程
2016年9月17日土曜日 渚園キャンプ場にて前泊野営
2016年9月18日日曜日 スズキ歴史館参拝 うなぎ昼食

チョイノリ仲間と仲良く楽しみたいという方々、
チョイノリ長距離走行作戦を共にして、うまいビールを飲みましょう!(^^)

参加表明いただける方は(前泊)(歴史館)(うなぎ)の参加可否と(出発県)(乗機チョイノリの色)をお知らせください。
今年、勤務の都合上はちまるはトランポ参加になります。野営機材などの援助を行い、
渚園→歴史館→うなぎの経路をチョイノリで走行します。
今後、参加表明メンバーの状況を見ながら注意点などの記事が書かれますので、
作戦発動まで当ブログの新着記事を注視しておいてください。
注:フレームの切断やエンジンの換装などのない純正チョイノリでおねがいします。


参加者・県・前泊・歴史館・うなぎ・カラー

01 はちまる 兵庫県 ○○○ アイスブルー
02 親方さん 静岡県 ○○○ ホワイトSS
03 ebiちゃん 愛知県 ○○× ベージュ
04 ばんちょーさん 愛知県 ○○○ キディイエロー
05 88さん 福井県 ○○○ ブルームイエロー
06 あっこさん 福井県 ○○○ オレンジ
07 工場長 埼玉県 ○○○ トイブルー
08 Obataさん 神奈川県 ○○○ キディイエロー
09 よっちゃんさん 埼玉県 △○○ キディイエロー
10 虎さん 埼玉県 △○○ グリーン 
11 koroさん 佐賀県 ○○○ アイスブルー
12 ゆみおきさん 北海道 ○○○ ブルームイエロー
13 チョイサンタさん 大阪府 ○○○ キディイエロー
14 軍曹さん 愛知県 ○○○ オレンジ
15 埼大さん 埼玉県 ○○○ ブラックSS
16 ラップマンさん 静岡県 ○○○ オレンジ
17 リュウボウさん 静岡県 ○○○ ピンク
18 クロちゃん 大阪府 ○○× ブラックSS
19 うめさん 大阪府 ○○× ブラックSSシルバーフレーム
20 ふぁんふぁんさん 鳥取県 ○○○ アイスブルー
21 太郎さん 愛知県 ○○○ ホワイト
22 まつきちさん 大阪府 ○×× オレンジ
23 ケースケー(KSK) 富山県 ○○○ オレンジ
24 ゲコゲコさん 愛知県 ○○○ オレンジ
25  かずぼんさん 岐阜県 ○○○ ブラックSS
26 あきさん 愛知県 ○○○ ピンク
27 ギター侍さん(ぽんちゃん) 神奈川県 ○○○ ベージュ
28 山2号さん 岐阜県 ○○○ キディイエロー
29 ぴーちゃん 鳥取県 ○○○ ピンク
30 ぬりかべ君 兵庫県 ○○○ ブラック
31 ぱぶちゃん 愛知県 ×○○ オレンジ
32 ぱぶちゃん奥さん 愛知県 ×○○ オフホワイト
33  ぱぶちゃん娘さん 愛知県 ×○○ アイスブルー
34  キタさん   兵庫県  ○○○   ブラック
35 ハッチさん 愛知県 ×○× ブラック
36 tosiyukiさん 愛知県 ×○○ オレンジSS
37 tosiyukiパパさん 愛知県 ×○○ アイスブルー
38 メキシカンオレンジさん 愛知県 ○○○ ベージュ
39 mtstさん 愛知県 ×○○ ホワイトSSシルバーフレーム
40 ダカールさん 山梨県 ○○○ グリーン 
41 だいさん 愛知県 ○×× グリーン
42 ふもももさん 千葉県 △○○ ブラックSS
43 らくだ少佐 愛知県 ×○○ トイブルー
44 さいばばさん 埼玉県 ×○× オレンジSS
45 kaniさん 愛知県 ○○× ebiちゃんサポーター車
46 ムーミンさん 兵庫県 ○○× ピンク
47  チョイノリ将軍さん 大阪府 ×○○ ホワイト

よろしく!

ヤフーブログの不具合でコメントがしばらくできない時期がありました。
コメントが消えてしまっている人もいるかもしれません。
すみませんが、書き込んだはずなのにコメントがない!という方は再度書き込みお願いします
はちまる最終確認日時 2016.0915



チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト
しまなみ・とびしま作戦では猛烈な雨に打たれてエンジンの調子が悪くなり
止まってしまうというトラブルが続出した。
自分の乗機を整備し、状況確認をしていこう。
イメージ 1
フロアボードを外してみると、内部に細かい砂粒が大量にあることがわかる。
ここは上をフロアボードに守られているのだが、走行に伴う跳ね上げ雨水が下から噴霧され
キャブの周辺、エアクリーナーボックスの周囲にまで水の侵入があったのだろう。

エンジンの不調はこういう雨水を吸気したことによるものと考えられたので
エアクリーナーを分解していく
イメージ 2
蓋側がこんな様子。
内部にまで砂が入ってきている。フロアボード下面に砂が入ってきているのはよく経験することだが、
エアクリ内部まで侵入してきているのはあまり見ない。
イメージ 3
エアクリフィルターを紙タオルで絞ってみた。
液体成分がしみだしてきているが、
オイル湿塗してあるフィルターなので、オイルとともにタオルにしみこみ水分量を推定するのは不可能。
イメージ 4
キャブ側のケース。
さすがにこちらには砂はない。
下部分に液体成分の溜まりがある。
これは乳化したオイルっぽい。
やはり水分の侵入があったのだろう。

キャブレター・インテークマニホールドも分解洗浄したが、
混合気が流れる経路に白い粉状の汚れが散在していた。
水分付着し乾いた後なのか?

以上から、今回の不具合はやはり雨水の侵入により
混合気に水蒸気がまじったことが原因と考えられた。

なぜこんなことが起こるのか。
それは
イメージ 5
ここにエアクリボックスの開口部があるのだが
イメージ 6
上から見ると黄色丸の部分のように下面がしっかりガードされていないのだ。

しかもチョイノリの場合、
エンジンがかなり低い位置にあり、吸気部分も低い。
そのため、走行中にタイヤが巻き上げた水が開口部に降りかかり、
エンジンが動いていて陰圧になっている開口部が水(or かなり濃いミスト)を吸い込んでしまうのだろう。

ただし…
自分がチョイノリに乗り始めて6年ほど、いままで何度も雨中走行をしてきたが、
雨水が原因でエンジン停止になったのは今回が初めてだ。
しかも、今回だって旅の最後になるまで何時間も問題なく雨中走行できていた。
それだけ最後の雨が異常なきつさであったのだろう。
きつい雨の時は雨宿り避難。これにつきるか…

イメージ 8
オイル交換しておいたが
イメージ 9
この機体ではオイルには問題なかった。

電気系統の考察。

うちの機体にはUSB電源がつけてある。
こいつからGPS MAP60Csとスマホに供給しているのだが、
イメージ 7
今回は赤丸のようにUSB電源の差し込み口にコンビに袋を縛り付けてテキトー防水した。
それを黄色丸のようにmicroUSBでスマホにつなげたのだが、
大雨の最中も全く問題なくXperiaは稼働していた。
充電の差し込み口がスマホの下面にあり、水が侵入しにくいこと、
あとはウインドスクリーンで前方からの雨のうちつけがなかったことが功を奏したかもしれない。

自分の持っているXperia Z4は防水だが、さすがに充電しつつ使用するのは無理だと思っていた。
しかし同じXperiaのパタさんのアドバイスもあり、
大雨の中でも充電をしながらgoogleMAPによるナビが利用でき、
しかも手袋モードにすることで画面が濡れまくっていても操作ができた。
今後の先導に非常に役に立つと思われる。よかった。


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト


大和ミュージアムを出た一行は
おやつを買うために呉名物の福住フラーケーキへ
イメージ 1
一個から買えるし、小ぶりなのでおやつにちょうどいい
イメージ 2
一口で食べれるくらいだ。
アンコが入っていてうまい。
これからの走行にも気合が入る。

ここからは本州185号線をひたすら東へ走る。
途中、今回初挑戦となる「ヘチョバイク林道戦闘機隊 給油フォーメーション」を実戦使用することになった。
まず、給油係となるはちまる隊長が先頭に、
そして記録係になるぬりかべ主計課長が二番手になり、
セルフのスタンドを探す。
あった!、よしやるぞみなのもの!

はちまる
「ヘチョバイク 給油フォー・メー・ション!!」
隊員たち
「セーーットアップ!!」
(心の声)

はちまるとぬりかべ君が所定の位置につき、
カードを挿入して順番にガソリンを入れていく。
隊員は全く乱れることなく正確に迅速に配置につき、すべてを高速度で完了して全機隊の給油を完了した。
大成功である!!

残念ながら写真を撮る暇がなかったのだが、
誰か撮っていたら、写真くれろ。

2016.06.27追記
写真もらった
イメージ 10
これがヘチョバイク隊 給油フォーメーション。
はちまる機体とぬりかべ君機体をスタンド脇にセットして、
まずははちまる機体に給油。
隊員は一列になって次々に給油ポイントへやってくる
はちまるが給油して、ぬりかべ君が記録して
最後にぬりかべ君機体に給油して終了。
大成功!

今回の実戦使用での経験から、
1、次回からははちまる隊長はタオルを持参して、給油後のノズルからガソリンが垂れないようにしよう
2、隊員はキャップを開けた状態で給油位置につき、給油後もそのまま移動するのは非常に良かった。
さらに改善していきたいぞ。

給油後はさらに東へ進む。
イメージ 3
雨は降ったりやんだりしている。
道の脇に
イメージ 6
チョイノリが放置されているのをみてほのぼのしながら帰路を急ぐ。
バイク店のようだが、だいぶ埃だらけだったので放置車両ではないだろうか?

ここら辺で、はちまるの機体がぼこつくようになった。
なんだろう、ひどいとエンストしたりする。
イメージ 4
竹原市の道の駅で休息がてら
イメージ 5
フロアボードを外してキャブ周辺をチェックする。
どうも空燃比に関連する症状に思えるのだ。
キャブの組み付けをやり直し、セッティングをし直す。
これでオケー。

この後は順調に走り出した。よかった。

順調に距離を進んでいたチョイノリ部隊だが、尾道まであと9kmほどのところでトラブルが発生する。
自分は先頭で走っていたのだが、
信号が青から黄色になり、止まろうと思ってブレーキをかけた瞬間、
後ろから「あああーーー」という声が聞こえた直後、
どかーーんと
チョイノリSSとパタさんが路上に放りだされてきた。

ええーーーーー!!
なんだと思ったら、前輪がスリップして転倒した様子。
パタさんはかなり動揺していたが、
体は動くようだし全身状態は問題なさそう。
道の脇で休憩して落ち着くことにした。

パタさんのチョイノリSSはミラーが緩んで傷がついた程度で走行には問題ない。
前にいた、はちまる機体のテールランプにぶつかったのか、カバーの下面が割れていた。
心配したパタさんの体だが、左肩部分にカッパの破れはあるものの怪我らしい怪我はなさそうだった。
不幸中の幸いだが、
今後、症状が出るかもしれない。

koroさんから、ここで待機しといてもらって、トランポの軽トラをここまで持ってきてあげようかという提案もあったが、パタさん本人からは、体は大丈夫で走れるとの申告があり、
ゆっくり進んでいくことに決定した。

ここで自走組のろーそんさん・うめさん・チョイサンタさんはこのまま東へ帰っていくとのことで先に行ってもらった。
また、しまなみ海道を全線走って愛媛のフェリーにのる まつきちさんにも
遅れるわけにはいかないので先に行ってもらい、
「はちまる」「koroさん」「パタさん」「ムーミンさん」「ぬりかべ君」の4人で構成される
トランポ部隊が結成された。

よし、これから慎重に帰っていこう。
尾道からしまなみ海道に入って南下する。
イメージ 7
途中の休憩所で雨宿りし、
パタさんの体調をチェックするが問題ないとのこと。
よし、さらに進もう。
と出発したあたりから、豪雨になった。
ものすごい雨である。粒は大きいし降り方が尋常ではない。

道の水たまりもデカく深くなっていて、
水だまりを水しぶきを上げながら通過した後からチョイノリの調子が悪くなった。
エンストしたりボコついたり、
明らかに空燃比の症状に思え、エアクリから水を吸ったのだろうと予想はするのだが、
どんどん暗くなってくるし、雨がすごくて整備をする余裕がない
パタさん機体 ムーミン機体 はちまる機体がなんどもエンストする。
そして
イメージ 8
最後の橋になる生口橋ではちまる機体が力尽きた!?
いくらキックしてもかからない。
エアクリ内部がびしょびしょになっているのかなあ。
かといって、大粒の雨だらけの屋根もない吹きっさらしの暗闇で、いったいどんな整備ができるというのだ。
外したボルトを紛失して被害が増す可能性が高く、
このままなんとかエンジンをかけようと懸命に頑張る。

koroさん、ムーミンさん、交代でキックするもかからない。
やばい、本当にやばいぞ。
ここに置いて行かれるのかあ、と不安に思った後、
最後に自分で、もう一度キックすることにした。

何度か試した後に、
コツがわかってきた。
アクセルを小刻みに素早く開閉するようにエンジンを吹かすのだ。
するとエンジンが初爆して、それにひっかける感じで吹かし、爆発を連続させる!
安定しだした。
ブオン ブオン ブオン …
よしかかった!!!
よっしゃーーーーーー!!!
大雨の音の中、ガッツポーズ!叫ぶ。

出発する。
このあともエンジンが止まりかけるが、
ボコついたら即、アクセルを小刻みに吹かせる。
するとしばらくは走れるようになる。
これを繰り返しつつ先に進む。
水たまりには入らないように!と心掛けるが、ぜってー無理。
道は水だらけだし、何より暗くて水たまりかどうかもよくわからない。
気が付いたらぼぼぼぼ〜と水たまりに突撃してしまっているのだ

そうなるとエンジンが停止する。仕方がない。
もう一度アクセルをオンオフしつつエンジンを再始動していく。

何回目かでエンジンを再始動するときに、後続がついてきていないことに気付いた。
先頭のはちまるとムーミンさんだけ。
あとのぬりかべ君とkoroさん、パタさんがいない。

トラブルか?
どうしよう、後ろには明かりが見えず、随分と離れてしまったようだ。
しかし、自分たちのチョイノリも虫の息だ。

ムーミンさんと雨粒に打たれながら相談する。
引き返して支援するか、
しかし、その間に自分たちのチョイノリも動かなくなって二重遭難になる可能性が高い
残念だが、ここで引き返すわけにはいかない。
このまま先に進んでなんとか泊地まで帰ろう、車で支援する方が良いはずだ。

そう決定して二台で先に進む。
雨はさらに激しくなっている。
シャワー?
いえ、ちがいます。打たせ湯くらいのレベル。

そしてなんとか泊地までたどり着いた。
やったーーーー!
本当にうれしかった、助かったと思った。
アルファードのリアハッチを開けて、それを屋根にする。
イメージ 9
体はびちょびちょ。濡れまくり、
デジカメも雨のせいでフラッシュがたけなくなり、写真もこんなのしかない。
早く積んで救助に向かおう!
と作業にとりかかるところで、後続の3台が到着した。
やったーーー
全員生還!!
よかったよかった!
やったぞ!

喜びもつかの間、
雨がすごすぎて話をしている場合ではない。
それぞれが帰宅準備に入る。
ぬりかべ君はトイレに行き、
その間に一人で積載をしていく。

ぬりかべ君機体を載せて、
はちまる機体を載せて、
タイダウンベルトで締め上げて固定、
キャンプ道具を整理して、、
ぬりかべ君、帰ってこないなあ。

しばらくするとずぶぬれになりながらぬりかべ君が暗闇から登場。
「あの… すみません、さっきそこで転んで 手から血が止まらないんです…」

えーーーー 何やっとんねん〜!!
まじかよ。
一通り突っ込んどいてから傷を確認、
手の甲に擦り傷、出血あり、
ドデカいおっさんであるぬりかべ君が生まれたての仔ヤギのようにプルプル震えている。

受傷と血を見たことで精神的に不安定になっている様子。
あと、カッパを持ってきておらず、最初から最後までほぼ普段着で激烈雨中ツーリングを敢行したため
体が冷えているのだろう。

とりあえず圧迫止血だ。
動脈切っているわけじゃない、圧迫で止まらん出血なんてないから大丈夫じゃ。
押さえておきつつ、
早く体を温めなくてはならない。
着替えがあるというのだが、
その着替えを濡れた服の上に着ようとするぬりかべ君。
あかん あかんて〜
低体温症による判断能力低下か?

単純な命令で、テキパキとした行動を取らせる。
脱ぐ脱ぐ脱ぐ!!!!とりあえず脱ぐ!
裸にさせる。
拭く拭く拭く!!!
タオルを絞って拭く、
ふいたらすぐに着替えを着させる。
これらをアルファードのハッチバックの屋根の下で行った。
打たせ湯のような雨は降り続いている。
上開きタイプで本当によかったと思った。

着替えたら助手席に座らせてエアコンで暖房。
最強にしておく。

よし、これで落ち着いた。
次は自分のこと。
カッパを脱いで、タオルで拭き、ぬりかべ君の衣類を収納して運転席に戻った。
やっと完了。。。
ここでやっとぬりかべ君の震えが止まった。

アルファードで帰路に。
他のメンバーは大丈夫だろうか、特に自走組は…
心配しながら走った。高速道路上も大雨でかなり危険な状態。
気をつけて走る。
掲示板に隊員からの報告が順番に掲載されてくる、
みな無事の様子だぞ。よかったよかった。

11時すぎに姫路に到着し、ぬりかべ君を家に送って帰宅した。
おつかれーーーー!

坂の登攀、大雨、機体の不調。
ものすごい大変な旅だった。
さまざまな困難があったけど、みんなで協力して乗り越えられ、
非常に思い出深い旅になった。
めちゃくちゃ楽しかったぞ!みんなありがとう!


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト


一行は安芸灘大橋を通過し、
展望台へ。
しかしこの展望台がまたきつい坂の上にあり、
ひーひー言いながら押して登っていく。
勾配まではリサーチできないのよ。すまんねみんな。

展望台で休憩。
イメージ 1
ここで当初の予定通りに
まつきちカフェが開催される。
今回はバイト店員としてはちまるが参入。
初使用のジョットボイル ミニモを披露。
速攻で湯が沸く様子と
容器が低背で広口なので調理にも使えそうなこの名器にkoroさんが興味津々。
おそらく次回のまつきちカフェには国籍不明外国人の店員が増えることだろう。

はちまるはもっぱら紅茶派の方々への提供を行う。
ぬりかべ君
うめさん
パタさん
が紅茶選択となった。
イメージ 2
ここから見える安芸灘大橋。
島々をわたってとうとう本州まで上陸したんだねえ。
のんびりした旅ができるよいコースだった。
イメージ 3
歓談をすませて、さあ次に出発しようか、というところで、
台湾のチョイノリスト ヨウさんからのお菓子を出し忘れていることに気付いた!
しまった〜

すまん、みんな、今からでもたべて見てくれ。と出す。
イメージ 4
唾液が吸い取られるお菓子、太陽餅だが、
皆さんに好評だった。
イメージ 5
素材(小麦粉?)の味をばっちり堪能できるお菓子という評価で
喜んでもらえてよかったよ。

食べた後くらいから、東屋の外では雨が強くなってきた。
いよいよ本降りかな?
雨の中次の目的地へ出発する。
さらに西へ進んで呉市へ
呉市の名物である呉冷麺を食すために珍来軒に向かう。
到着すると…
イメージ 7
ひでぶ!!

予想をはるかに超す長蛇の列。
こんな人気店だったとは…
ここですでに予定時刻を1時間弱オーバーしている、
これには並べんよ、さすがにねえ。
イメージ 6
急遽、他の昼食候補を検討することになったが、
ここでも参謀長パタさんが活躍する。

冷麺だけでなく呉の名物をすでに調べ上げており、
「細うどん」というものがあり、人気店も近くにあるとのこと。
事前の行程発表をただ見るだけではなく、さらに調査までしている男。
さすが参謀長だ。
そういや竹田城作戦の昼食もナイスな店に連れて行ってもらったなあ。

パタさんの案内で細うどんの
イメージ 8
山乃家さんへ。
店員にお勧めのメニューを聞いて皆に情報提供していく熱心ぶり。
イメージ 9
カウンターが似合う4人。
焼酎でも置いたらしっくりきそうだね(笑)

さて、自分は何にしようか
イメージ 10
おお呉っぽいやんけ!
これいっとこう。
イメージ 11
定食にしたのでごはんもついている。
辛さも絶妙で、うどんが細くてカレーにうまく絡まり超絶ウマし!

前を見ると
koroさんが
イメージ 12
レモンうどんなるへんなうどんを食べていた。(じつは見てみたかったので食ってくれと頼んだのだが…)
うどんにレモン?
あわんやろ〜
と思ったが、koroさんいわくさわやかなうどんでうまいとのこと。
ぜひ、みなさんも呉に行ったら試してみてください。

食事が終わったら大和ミュージアムへ。
非常にちかいのですぐに着いた。
イメージ 13
一回きてみたかったんだよね〜
でも、残念ながら、時間が遅れすぎていて自由時間は40分!
走って観て来い!
イメージ 14
まず目の前には潜水艦!
海上自衛隊の潜水艦「あきしお」の退役後にここに設置したらしい。
デカいねえ。
神戸の川崎重工で潜水艦が停泊しているのは何度か見たことはあるんだけど、
水上に出ている部分だけだったから全体像を見るのは初めてだ。
これだけでかいのかとびっくりした。

ミュージアムに入るまでにも戦艦「陸奥」の41センチ主砲が展示されている。
ああ、あの原因不明の爆沈をしたやつね
しかしまあ、すごい町だなあ。

入ると
イメージ 15
いきなり大和がドカーーンと展示。
先っぽには菊の御紋、チョイノリにもつけようかしら。
時間がないので早足で展示物やビデオ上映をみていくが、どれも内容が濃いい。
日本人として考えさせられること多かった。
おおーー
イメージ 16
特殊潜航艇「海龍」ではないか!
ムーミンさんが回天と言っていたが、これは回天じゃないよ。
回天は魚雷を切って操縦席付けたやつだからもっと小さくて細い。

って言ってるそばから
イメージ 17
星形エンジンがあるではないか!
これは栄エンジン。ゼロ戦に搭載されていたやつだね。

という風に、次から次にワクワクな展示物があり時間が過ぎていく。
いかん、隊長が遅れるわけにはいかん〜
ということで後ろ髪引かれつつササッとみて終了しといた。



チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事