はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
岡村島から西へ、各島をめぐりながら走っていく。
道はわかりやすいのだが、
先導するはちまるは時折あれっと立ち止まって確認することがあった。
そのたびごとにパタさんが的確な道のアドバイスをくれた。ありがたい
イメージ 1
基本的には海沿いの道を行くので海を眺めたりするが、
豊島に至り、こんどは島中心部の展望台へ行くことにした。
十文字公園展望台である。

田舎の村に入り込んで、さらに島中央部へ、山を登っていく。
道は何度も枝道が出現し、わかりにくい。
さらには看板通りでは展望台に行けないようで、ナビを頼りに進んでいく。
ここでも道のアドバイスにパタさんが協力してくれた。
同じエクスぺリアのグーグルマップを車載しており逐一経路を把握してくれている。
前回の竹田城作戦でも先導の手伝いをしてくれたし、非常にありがたい存在だ。
これからも先導の補助をお願いしたい。
勝手に作戦参謀に任命しておこう(笑)。

しばらくすると坂がかなり厳しくなった。
一番パワーがあったのがムーミンさん機体、
坂をぐいぐい上っていく。
エンジンは今まで全くあけたことがないというオリジナル車体だが、よいエンジンだうらやましい。
その次がkoroさん機体かな。

機体によりパワーの個体差があり、また積載重量の差やスプロケットのギア比の差などで
坂道登坂能力が違う。
はちまる機体も止まってしまう坂が多くあり、足で補助しながら登っていく。
イメージ 2
坂の上の方には先行する人たちが。
そして
イメージ 3
まつきちさん、チョイサンタさん、うめさんの3機体がかなり苦しそうで押し歩きになっていた。
ここまできつい坂だとは予想していなかったのだが、みんなで協力しつつ登っていく。
登りきったところで、一番パワーのあるムーミン機体を貸してもらってはちまるが乗り、
下っていってムーミン機体でうめさんを押しながら最後まで登らせた後、
さらに引き返してまつきちさんを押しながら登らせる。
そして最後にチョイサンタさんも押した。
イメージ 4
なんとか登りきった展望台。
建物観光もそうだけど、みんなで協力してきつい山を登りきった達成感が爽快だった。

水分摂取して展望台を見て回る
イメージ 5
この日は残念ながら曇り〜小雨の天気だったので景色は遠くまでは見えなかった。
イメージ 6
ここで皆さん自機体チェックをすると
イメージ 7
パタさん機体がチェーンが伸びてしまっていた。
そこで整備班はちまる登場。
ササっとチェーンの張りを調整。

次に
ムーミンさん機体のエアクリが落ちているとのことで
イメージ 8
こちらもササッと整備。
チョイノリの整備ってひさしぶりだなあ(←コラ)

直した後はさらに西へとびしま海道を進撃する
イメージ 9
とびしま海道はしまなみと違って原付道が個別に設定されているわけではなく車道を走る。
なので立ち止まって撮影というわけにはいかないので
走りながら撮影しつつ進んだ。


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト


フェリーに乗り込む。
イメージ 1
このフェリーは固定は一切なくバイクスペースに乗客もいれるので、
何かあったら自分で支えてね。と言われる。
まあ、瀬戸内海だし、そんなに揺れないでしょう。
イメージ 6
出発前のバイク待場で
一般客に「このナンバーはどこですか?」と聞かれて、佐賀県ですと言ったら絶句された機体。
サイドバックがうまく取り付けられている。
チョイノリ仲間と旅に出ると参考になることが多い。

艦内の散策にでた。
イメージ 2
デッキなどを観察していると
後方から泡が
イメージ 3
エンジンが動き出したぞ、出航か。
イメージ 4
瀬戸内海の島々を眺めながら船は進んでいく
イメージ 5
内海なので波はほとんどなく揺れは少ない。
20分ほどで岡村島につく

島に着くと、チョイノリで走りだす。
道にはしまなみ海道と同じようにコースの左端に青いラインが入っているので、道を間違えることはない
イメージ 7
さっそく最初の橋が見えてきた
イメージ 8
快適なのんびり田舎道をチョイノリ速度でゆっくり流す。
おそいから、いいんです。
景色がゆっくり眺めれる。
イメージ 9
最初の橋のたもとにある展望台で休憩を取る。
空模様が怪しくなってきたので、カッパを着ることにした。
koroさん「まだ、雨は大丈夫だと思いますよ」
はちまる「koroさんがそういうならカッパ着ておこう。」

みんなおもむろに着替えだす(笑)。
イメージ 10
これが展望台。
こういう東屋はチョイノリ旅に非常に役に立つ。
雨宿りやカフェや。
実はグーグルマップですでに目星をつけていた東屋なのだ。
イメージ 11
橋が繋ぐ島々にかけて
縁結びスポットになっている様子。
イメージ 12
カッパを着てさらに先に進んでいく。


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト

総員出撃!しまなみ・とびしまを蹂躙せよ!
という総大将はちまるの掛け声とともに颯爽と出発!
したら、ムーミンさんのタイヤ空気圧が減っていて仕切り直し。
イメージ 1
さいわいパンクではなかったようで一安心。
さあ、行きましょう。

生口島を南下し、多々良大橋に入る。
イメージ 2
多々良大橋の展望台は前回のしまなみ作戦での休憩所になった。
そういや、あれがまつきちカフェの誕生の瞬間だったのかもなあ。
そういや、そのときはちまるも湯沸ししたよ。
koroさん・ムーミンさん・まつきちさんとともに懐かしく展望台を眺め、
みんなで記念撮影。
元気いっぱいだ。
イメージ 12
ここからはそれぞれで橋を楽しみながら走行。
イメージ 13
高速道路とは隔絶された歩道兼原付道なので写真撮ったりしながら走行。
イメージ 3
斜張橋のワイヤーがきれいだぜ。
イメージ 4
チョイサンタさん爆走
イメージ 5
ローソンさん激走。

橋を渡った後は大三島だ。
ここからしまなみ海道をそれてとびしまへ向かう。
宗方港へ!
イメージ 6
フェリーの大きさによっては9台の原付が乗らないのでは??
という不安があったけど、立派な船でチョイノリくらいなんぼでも乗ることがわかり安心した。
イメージ 7
ここでチョイサンタ機が誕生日を迎えた。
何歳ですか?1万歳です(笑)
イメージ 8
フェリーに乗るためにはチケットが必要。
人間分の410円と原付用490円で900円だった。
券売機が定食屋みたいだ。
イメージ 9
ここからは各地にフェリーが出ているので間違わないように
岡村島行きの列に並ばなくてはならない。
待っていると
イメージ 10
きましたフェリー。
ネットで見たやつと一緒だった。
岡村の字がなかったからこれではないと思っていたのだけど。
あ… なんか下に書き足してある!!
今気が付いた。(写真編集してませんよ〜)
これで岡村港まで行ってくれるらしい。
イメージ 11
さあ乗り込もうぞ!


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト
翌朝、4時半に目が覚めた…。はやっ!!

実はこの日、
大三島〜宗方のフェリーに乗らなくてはならない
イメージ 1
このフェリーの時間が決まっているので、
決して遅れるわけにはいかないのだ。

はちまるは
自分のテントの撤収、
ぬりかべくんのテントの撤収、
食器やコンロなどの提供器具の洗浄、車への積載、
さらには机、タープの撤収、
など、やらなくてはならないことがたくさんある。
隊長がよ、遅れるわけにいかないでしょうよ。

ということで、目が覚めたときが起床時間、
本来なら6時台に起きるつもりだったが、できることはやっていこうと起きだす。
テントの外にはすでにkoroさんがいた。
みんな早起きだねえ。

すぐに準備を始めていく
イメージ 3
チョイノリたちは夜露もほとんどなく拭かなくてもすぐに乗れそうだ。
そういや、昨日の夜、
カバーをかけているkoroさんが
「あああーーーー!!」
という声を上げて、見に行ったら、
自転車用カバー(子供用)
という新品カバーを持って呆然と立ち尽くしていたなあ。
あ、容積は全然足りないけど、とりあえずかぶせているぞ。
(3台目のアイスブルー車両)(笑)

それと、
まつきちさんの子供がとうとう「おじいちゃん」ではなく「おとうさん」と言ってくれるようになったという話題でも盛り上がったなあなどと
昨日の話題を思い出し笑いしながらテントを片付け、、片付けながら食事に準備もする、テキパキ男な自分。
惚れるぜまったく(なんじゃそれ)。
イメージ 4
あさっぱらから焼肉と餃子を食う。
ふだんは朝は食事しないんだけど食材が余ってしまって。
無下に捨てるのが忍びないので食べれるだけ食べておいた。
イメージ 2
みな順番に起きてきてそれぞれの準備を始めていく。
超絶早準備のはちまるに乗せられて、全員が早準備。
7時半出発なのに6時半くらいにはほぼみんな準備完了していた。
イメージ 5
チョイノリの前に並べられた野営グッズや整備グッズの数々、
これらがこれからチョイノリに積載されていきます。
まるでこんなけ兵器つめますという爆撃機の展示のようだね
イメージ 6
そうそう こんなやつ(笑)   (写真はB52)
イメージ 7
これまでのチョイノリ戦闘員歴で培われた知識と経験で
着々と積み込む
「過積載職人 まつきち」
すばらしい。クッキーからボルト、傘まで何でもそろっておりますぞ。

準備中に痔の手術が終わったパタさんが到着
痔はどうでもいいんだけど、インパクトがあったものでつい。
ムーミンさんひととおり痔アルアル話題で盛り上がっていたようだ(笑)
koroさんとchoisantaさんとは初対面なのでご紹介。
これで全員そろったぞ。
イメージ 8
全員で記念撮影。
これからしまなみ海道・とびしま海道を攻略していくぞ!


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト
はちまるはチョイノリ以外にもへチョいバイクを持っていて、
そっちのバイクの整備やツーリングについては
ヘチョバイク林道戦闘機隊司令部という別ブログに掲載している。
そちらのブログで仲間を誘ってツーリングに行ったりしているのだが、
このたびしまなみ海道方面の作戦を行った際、
全員がチョイノリで参加となったので、急遽、作戦詳報はこちらに掲載することになった。

先に、基礎知識として作戦の概要などの記事を、
よければどうぞ読んでみてください

作戦の告知と概要
作戦時の休憩カフェ まつきちカフェにはちまる参入
作戦の詳細行程について
作戦準備完了記事
作戦時連絡掲示板

上記のブログ記事のように、作戦に向けて参加者たちと予定を詰めていき、
6月13日、しまなみ・とびしま作戦が発動した。

作戦参加者は
はちまる(兵庫県)トランポ チョイノリ
ぬりかべ君(兵庫県)トランポ チョイノリ
まつきちさん(大阪府)自走 チョイノリ
うめさん(大阪府)自走 チョイノリ
ろーそんさん(大阪)自走 チョイノリ
チョイサンタさん(大阪)自走 チョイノリ
koroさん(佐賀)トランポ チョイノリ
ムーミンさん(兵庫)トランポ チョイノリ
パタさん(岡山)トランポ チョイノリ
9名だ。

はちまるはぬりかべ君とともに土曜日の午後にトランポ車で広島県へ。
しまなみ海道の4個目の島である生口島のサンセットビーチに集結した。

現地にはろーそんさんとうめさん、まつきちさんが到着していた。
3人とも自宅からチョイノリ自走で来たつわものばかり!!
イメージ 1
まつきちさんのチョイノリはここまでくる間にクラッチの固定ナット(内部の薄型の方)が緩み、
それが引っ掛かってクラッチが繋がりっぱなしになるというトラブルがあり、
一時は参加が危ぶまれたが、フライングクロさんの来援と修理により集結地にたどり着けた。

クラッチ内部を分解して、ナットをしっかり締めつけていなかったことが原因の様子だが、
ここは地面に打ち付けながら締め付けるくらいにしっかり締め付けることが肝要。

ろーそんさんはすでに酒をのんでいた。
がまんできない男だ…(笑)

キャンプ場を見渡す
イメージ 2
芝生がきれいに整備されていて
快適なキャンプ場だ。
奥には海があり西方面なので夕日がきれい。
管理棟で手続きを行った。
タープやコンロ・テントの持ち込み代を合計していって金額が決まる。
写真の中央左のトイレが夜も空いていて
イメージ 3
300円でシャワーが使えて便利だ。
イメージ 4
海もきれいで、夏真っ盛りだと多くの客でにぎわうことだろう。
幸いにもこの日は客が少なく、我々のほかは家族連れ1組だけだった。
イメージ 5
さっそくタープとテントを張って準備していると
koroさんが到着した。
巡礼以来ですね、遠いのでなかなかご一緒できませんが、久しぶりに会えてよかった。
イメージ 6
テントサイトの奥には橋が見える。これは生口島から大三島へ渡る多々良大橋だ。
景色もよく、よい環境のキャンプサイトでありがたい。
キャンプは全く初心者で何の道具も持っていないぬりかべ君には
テントやシュラフなど、はちまるの予備を貸してあげた。

チョイサンタさんも自走で駆けつけ、
まだ明るいうちから宴会が始まる
イメージ 7
今回も米軍総司令官はちまる大将により超絶ウマい銀シャリが炊かれた。
この米炊き器はまず失敗しない。いつもうまく炊けるが、注意点は1合だけとか少量で炊かないこと。
3合いっき炊きが一番うまい。
イメージ 8
イタリア人だがバルセロナに住んでいるという嘘をつく佐賀人koro氏はパエリアを調理。
なかなかうまく、これ全部みんなで平らげてしまった。
イメージ 9
焼肉も鍋もできて楽しく歓談しながら食べる。
ちゃんと準備できてから食ったらいいのに、食材が出るたびに手が出てすぐにかじりつくろーそんさんは
我慢できない男 というあだ名がついた。
これからそう呼ぶことにしよう(嘘)

前回、しまなみ作戦を行ったのはもう2年前になる。
2013年、
はちまる・まつきち・koro・ムーミン
というチョイノリ界の精鋭部隊により全線を制覇、しかも往復が達成されたのだが、
その時の話題や、明日の行程とか、
ワイワイとしゃべりながら夜が更けていく。
ムーミンさんから電話が入り、キャンプ場のゲートが閉まる9時までに到着できるかどうかわからないとの報告があったが、
結局キャンプ場のゲートはずっと閉まることなく、
無事にムーミンさんも合流した。

翌日は早朝から行動開始であるので、10時前くらいには宴会はお開き。
イメージ 10
シャワーを浴びる。
たまにはこういうお色気シーンも入れておかないとね!(いらん)
この足は誰でしょう?

さっぱりした後はテントに入って寝た。


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事