はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
チョイノリ兵庫県部隊「白鷺隊」では
くる12/19に忘年会を開催します。

参加メンバーに確認したところ、
忘年会という節目だし、せっかくだから兵庫以外のチョイノリストも募集してみようという話になり、
ここに開催を告知し、参加者を募集します。
イメージ 1
参考資料:白鷺隊飲み会の風景

チョイノリスト白鷺隊大忘年会(今年もポロリ続出)
日時
H27年12月19日
場所
神戸市三宮駅周辺
(新幹線新神戸駅から地下鉄1駅)

お店は未定だけど居酒屋風の飲み屋で飲んで食ってしゃべります。
二次会はバーに行ってもいいな。会費はその都度合計金額を公平に割り勘だ。
帰宅時間の関係もあるでしょうし、任意の時間で離脱OK
(店は決定次第書き込むよ♪)

遠方から参加する人のために、飲み屋街の近隣の宿泊のご案内。
神戸サウナという温泉&カプセルホテルがあります。歩いていけます
イメージ 2
せっかくなのではちまるはここに泊まってゆっくりして翌日に帰宅する予定にしています。
予約は各自でしてください
これで北海道から飛行機に乗って参加するのも可能だし、
佐賀県から新幹線で駆けつけるのもありですよ(^^)
なんなら富山や福井からチョイノリ自走でも、どうぞ!

店の予約の関係上、参加表明は11月中で閉め切ります。よろしくお願いします。
さて誰かくるかな?それとも結局 白鷺隊の4人だけかな?
チョイノリの一年を締めくくる会に、是非おこしやす〜

参加者

白鷺隊
はちまる隊長
ぬりかべくん 主計課長(会計など雑務お世話いただきます)
ムーミンさん ごろ寝課長(三宮の路上で寝るかもしれません 必見!?)
キタさん プロテイン課長(プロテイン持ってくるかもしれません(笑))

ゲスト参加
88さん from福井県
まつきちさん from大阪府
うめさん from大阪部
クロさん from大阪府


チョイノリ仲間と酒を飲むのは楽しいぜ
おこしやす
全国5人くらいのチョイノリ雪道走行ファンの皆様こんばんは。
今日も細々と雪道機体の整備をすすめているはちまるです。

前回の雪道走行では、リアのスノーチェーンがエンジンに干渉して削れがひどくなり、
一部は切断され、切断を免れたところも削れがひどく使いものにならなくなってしまった。
なんとか補修しようと鎖を買ってきて繋ごうとしたのだけれど思うようにいかず、
仕方なく後輪のチェーンは新調することにした。

まつきちさんのチェーンインプレッション記事を拝見したところ、
いままで使っていたミズノチェーンよりもユタカチェーンの方が調整幅が大きくいろんなサイズに対応可能らしい。
こっちを買ってみよう。
イメージ 1
価格はミズノチェーンとあんまり変わらない。
アマゾンで買えた。
ありがたいことに80/90-10から3.00-10までのサイズに対応できるらしく。
これなら自分の持つ3.00-10のスノータイヤでもピンスパイクタイヤでも
前後どちらも対応可能だと思われる
(3.00-10スノータイヤはミズノ3.00-10用では弛んでしまうのでミズノでは特殊サイズが必要だった)
イメージ 2
リンクのパーツが長いので、収納時に小さくまとまりにくいというデメリットがあるが、
あまり気にならない程度だ。
イメージ 3
付けてみた。
ピッたんこOK。
いったん空気を抜いて装着し、その後空気を入れることでばっちり装着された。
タイヤを回転させたが、干渉なし。
イメージ 4
ううむカッチョイイぜ
雪道走行に特化したチョイノリ
イメージ 5
はちまる内燃機工業の技術の粋を集めて作りだされた傑作機(自称)。
イメージ 6
ウチの機体は3.00-10のピンスパイクタイヤを履いているため
タイヤがでかくなりチェーンが周囲に干渉しやすい。
特に前回の雪道走行チャレンジでは黄色丸の部分でエンジンのリアにチェーンが干渉していた。
そこで今回は12T-25Tのうえ、チェーンを2コマ追加して赤丸のようにアクスルシャフトのチェーン張り調整がなるべく後ろになるようにした。
アジャスターの数字は5の部位であり、結構後ろになっている。
またリアフェンダーは取り付け穴をずらして上に上がるよう調整してある。
イメージ 7
スノボに行くためのチョイノリ。
雪道走行チャレンジを企図してから3年、ここまで進化してきたぞ。。。

チョイノリでどこまでも走れ
おこしやす
前回、スノボを背負ってチョイノリに乗る方法を試してみたが、
キャリアを外すことでテールランプ一式が外れてしまう状況になるため、
そちらを対策した。

毎日頭の中でいろいろ構想してきたが、
一番現実的な方法を取ることにする。
イメージ 1
ウチに余っていたリアキャリア。
これを
イメージ 2
ベンダーでカットしていく
バツンバツン!
で得られたパーツを削って仮留めして溶接して
イメージ 3
いきなり完成。
アストロの半自動溶接機に慣れて結構綺麗なビードができるようになった。
それでも溶接跡を見られると工場長とケースケーからダメ出しが来るだろうから、
さっさと塗装してから撮影しといた(笑)。

以前持っていたホームアークナビプラスとはまったく違い、作業が楽で強度も十分。
ささっと作業が進んでいくので写真を取る暇もなかった。
本当に買い換えて良かったなあと思う。
イメージ 4
反対側はこんな感じ。
こちら側はメキシカンマフラー取り付け用に増設したステーを利用している。
追加の鉄材なく、キャリアを分解した素材のみでできた。
イメージ 5
キャリアがなくなったことで、車体を持つ取っ手がなくなったので赤矢印のようにグラブバーを取り付けた。
これでリアフェンダー上部にスペースができ、
イメージ 6
「夜中に何やっとんpart2」
ほれ、しっかりボードを配置するスペースが確保されたままテールランプ一式が装着できたぞ。

キャリアがないため荷物積載には不利だが、それはフロントの小さいかごに詰め込むことにしよう。
さあ次はチェーンかあ。

チョイノリ魔改造ならこのサイト
おこしやす

スノボ積載方法考慮

チョイノリとは若干離れたマニアックなネタが続いていたが、
チョイノリチャレンジのネタに戻そう。

ここ最近、毎日少しづつ寒くなってきていて、バイクに乗るにはつらい季節になってきているが、
この時期、チョイノリの楽しみといえば…
雪だるま作戦!でしょう。。。

前回はチョイノリで雪道を走行するという目標を見事達成した。
来年はするかしないか、まだ分からないけど、
もしするとしたら、チャレンジはさらに難易度を増して
「自分でスノーボードを積載して運搬し」
「スキー場に颯爽とチョイノリであらわれて」
「スノボを楽しみ」
「颯爽とチョイノリで帰っていく」
というナイスな企画にチャレンジしたい。

おそらく現地の人たちには
「なんて熱い男だ!こんちくしょう!」と称賛されるであろう(それとも呆れられる?)。

マイ・ボードをひっぱり出してきた。
イメージ 1
ううむ
懐かしいぜ。
学生時代は鳥取県米子市に住んでいたので、
こいつで大山(だいせんと読む)のスキー場でブイブイいわしていたものさ。
最後に滑ったのはもう何年前になるだろう?10年前??
幸いにもエッジはさびていなかった。

さて、こいつをチョイノリにどう積載したらいいだろう。
数日間悩みに悩んだのだが、長軸方向が長すぎて積載がかなり困難だ。
自分のものはスノーボードとしてはかなり短いのだが、それでも140cmある。
車体のサイドに前後方向に沿わせてくっつけようとすると、ライダーの足を出すスペースがなくなる。
キャリアに積もうにも、横向きだと追い抜かしてくる車を削る可能性があるし、縦だとめちゃめちゃ高くなる。
いろいろ悩んだ末、
イメージ 2
とりあえずリアのキャリアは外すことにした。
そのうえで
イメージ 3
リュックのようにボードを背負える運搬用ベルトが売っていたので購入し、
背負うことで
イメージ 4
こうしてみた。
いけるんじゃね?これ。

この写真、自分で見ててもワラケルww
こんなやつが雪道走っていたら応援したくなるね&写真撮りたくなるね(笑)
「おおっ あいつバイクでスノボに来ている!!なんて熱い男なんだ!!」
と感激されたら作戦成功だ。
イメージ 5
前からみたらこんな感じ。
頭の上にボードが突出している。
少々はみ出すところはあるものの、前方投影面積や左右投影面積は比較的小さく済ませられている。
これは雪風であおられないために大事なところ。
イメージ 6
ボードの下端はフェンダーにギリギリ当たらないが、
姿勢によっては少々ぶつかる。仕方ないか。

問題はリアキャリアがなくなったことでフロントの小さいかご以外の積載スペースが全くないこと
あと、リアの灯火類&ナンバーをなんとかして付けなくてはいけないところ。
リアフェンダーに直付けするか、それともボードに付けるか!?

まだまだ完成までには程遠いが、
構想練りつつ工作しつつ準備していきたい。
来年度の計画が進めばいいが、ポシャってもいつかしてみたいなぁ。

チョイノリでいろんなことにチャレンジ
おこしやす
最近、チョイノリネタとはすこし外れた話題が散見されるこのブログだけど…
話が逸れるついでに、もう一ネタ。

ブログ上には顔出ししていないで、会った人しかはちまるの顔は知らないだろう。
一個前の記事ではモザイクを最小限にしたギリギリモザイクの写真を掲載したが、
もっとはちまるの顔を知りたいというあなたに(そんなやつあーおらん)
まつきちさん作成の絵で、はちまるの顔を紹介。
イメージ 1
はちまるは一番右。
画伯がしまなみ海道ツーリングに行った記念に描いてくれた絵。
とりあえずツマーが笑い転げていたので、似ているのだと思う(笑)
これで顔ばれしないかひやひやするぜ。

先日は、ヘルシングネタを記事にしたら
イメージ 2
こんな迫力ある絵まで描いてくれた。
ありがとう画伯、はちまるの体型はまさに総統代行にクリソツだぜ。



チョイノリ仲間には他にもいろいろ書いてほしい仲間たちがいる。
特徴的な奴が多いから面白い絵になんじゃないかな。
画伯にはぜひ挑戦してほしいものだ。

ツーリングに出ると絶対ネタを発生させるさいばばさん
どこでも横になってホー○レスのように眠れるムーミンさん
さんざんチョイノリを集めては小っちゃく加工して販売しまくる工場長
チョイノリを15台、倉庫にためて微笑むサンタさん
九州から延々と浜松までチョイノリで走ってくるkoroさん
チョイノリ新車を新潟まで買いに行って自走で帰ってくることを2回繰り返すキタさん
チョイノリにリアカーつけてBBQセット満載で走る少佐
林道でも雪道でもヘチョバイクでもなんでも参加してくるケースケー
イメージ 3
いません!

ということで
はちまる画のセラス・ビクトリア嬢withヘルシング第二話の名言(なぐり書き)
でした
(にてねー)

知らん人、すまんね。
次回からチョイノリ話題に戻るから安心してくれ〜(^∀^)←あそびすぎ。

チョイノリ仲間のつどい
おこしやす

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事