はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

タイヤ パンク修理

夕食を外食で済まそうと出かけたところ、
チョイノリの速度が全然でない。
35km/hまで、もたもた。
なにか抵抗がありそうなこの感覚、
はいはい、パンクじゃない?これ。
確認すると、リアタイヤが空気圧なくへしゃがっている

出先は数キロ先だったので、このままのタイヤ状態で家まで帰った。

確認すると
イメージ 1
赤丸の部分、金属が見えます。
刺さってますね〜
巡礼時にパンクしてまだ数日なのに、またパンクだよ。
巡礼ではチョイサンタさんもパンクしたようだし、この機会に誰にでも起こりえるパンクについて
修理方法を記事にしようと思う。

パンクをするのはほとんど後輪なんだけど、
これがなぜかというと、前輪で踏んだ金属棒が跳ねて立ち、
立ったところに後輪が通りかかって踏み抜く…らしい。
いままで何度もパンクを経験しているが、全部後輪だった。

パンク修理するにはこの金属棒をまず抜かないといけない。
ただ、抜くと、ある程度残っていた空気が全部抜けて走行不可能になってしまうので、
ちゃんとパンク修理できる場所まで行くか、
自分でできないならガソスタやバイクショップでパンク修理依頼するまでは抜かずにおいたほうが良いと思う。
イメージ 2
プライヤーで引っ張っていく…
ながっ!(驚愕)
どこまでも金属棒が出てくるのでビビった。
イメージ 3
ずぽっ
抜けた〜 何とも長い金属棒。
ここで注意するのは抜いた後、穴の位置を見失わないように!
今回の金属棒は太かったので問題なく見えるが、小さい穴だと見失うことがある。
抜いた棒を軽く差し込んで目印にしておいても良い。
イメージ 4
これがはちまるの使っているパンク修理道具。
黄色いべっこう色の道具が、分解して小さくまとまるので気に入っている。
いらないところを少し切って、車載道具袋に収納可能なサイズまで切り詰めてある。

あとパンク穴に差し込むプラグ(銀色シートにくるまれているヤツ)と
エコ・セメント(揮発性接着剤)だ
イメージ 5
組み立てるとこんな感じになる。
先の尖った棒の所は、前後差し替えることでプラグ差し込み棒にもなる。
まず、この尖った棒にエコセメントを塗って
イメージ 6
穴にブッ刺す。
ここでひるんではいけない。
穴が大きくなってしまうことに躊躇するかもしれないが、いずれ差し込むプラグが入るように、穴の大きさは確保しないといけない。
最後まで差し込んでグリグリ回して穴を形成する、しっかりと。

エコセメントを塗るのが正しいやりかたなのだが、
このエコセメント、一度開けてしまうとふたを閉めていても徐々に蒸発してなくなってしまう。
いざパンク修理しよう!と開けたら空になっていることが多いので、新品のまま携帯するようにしよう。
そして、不幸にもなくなっていた場合は、実はなくてもパンク修理は可能だったりするので
接着剤なしで作業を進めよう。
イメージ 7
穴がしっかり形成できたら
先端を差し込み棒の方に変える。
先端はよく見ると分離している、恐ろしく平坦なCの文字のような形状だ。
イメージ 8
ここに銀色のシートをはがしたプラグを差し込む。
プラグにエコセメント(接着成分)を塗る。
プラグにはネチャネチャ成分が付いているので、不幸にもエコセメントが無いときは無しで修理を進めよう。
そして
イメージ 9
ブッ刺す
ここがパンク修理の難関。
かなり力がいる、なかなか刺さりきらないので女性には難しいのではないだろうか。
中途半端で抜くとプラグも一緒に抜けるので、刺す針の膨らんでいる部分がしっかりタイヤ内に入り込むまで
確実に刺す。
パンクで空気が抜けているとタイヤがへしゃがリ、棒がホイールに当たってしまうことがあるが、
その時は上下に傾けてでも最後まで刺す。
えぐりこむように刺すべし刺すべし刺すべし

しっかりさせたら抜く。
イメージ 10
すると、プラグだけ残り、針が出てくる。
プラグが針の先の分離部を通ってリリースされるのだ。
イメージ 11
余った部分を切る。
ここは引きちぎることは不可能。刃物でないと切り取れない。
ハサミやカッターなどがいる。
はちまるはキーホルダーにしているレザーマン・マルチツールで切っている。
イメージ 12
完成した。
これで永久修理完了なので、このままタイヤの寿命まで使えるよ。
イメージ 13
空気を入れて終了。
慣れると簡単だが、
パンクなんてなかなか遭遇しないので、初めての修理が出先での緊急修理になって焦ることが多い。
用具と修理方法について頭に入れておいて、
もしすり減って捨てる前のタイヤがある様なら、事前練習しておくことを勧める。

イメージ 14
最後に必要道具を提示。

1、空気入れ
小さいほうが良いが、小さすぎるとポンピングの回数が増えてしんどい。
はちまるのはラフ&ロードのやつだが、空気入れながら空気圧が表示されるので非常に便利だ。
パワーデジタルポンプという商品、最近のモノはモデルチェンジしているみたいだ。

2、エクステンションチューブ(直線&L型)
これがあると空気入れがだいぶ楽になる。はちまる的には必須用具。

3、エコ・セメント
一度開けると徐々になくなっていくので、次のパンク修理時に空になっていることが多い。
はちまるは新品を携帯するようにしている。(なくてもパンク修理はできる)

4、ブッ刺し道具
名前を知らない。携帯性が良くなるように分解して棒になるやつを選択した。
切り詰めて短くし車載工具袋に収納している。もう10年以上使っているが壊れないタフガイ。

5、プラグ
いろんな商品があるので、いろいろ試して見られたらよいだろうが、
はちまるはこの平たい棒のタイプを使用している。
正式名称は「パワーバルカシール」というそうだ。
プラグとエコセメントがセットになった補充キットがあるので、
なくなったら追加で買っている。

6、レザーマンのウィングマン(マルチツール)
異物抜くプライヤー、最後に切り取るハサミとして利用している。
キーホルダーにして毎日持ち歩いているので便利だ。

チョイノリストにはプロのバイク屋さんもいるので、
はちまるがネットで聞きかじって実践しているこの修理法には
あかんやろ!という突込みあるかもしれません
なにか修正必要なら教えてくださいませ。(^^)

パンクしたとき、自分で修理しちゃって旅が続けられるのと、
へしゃがったタイヤで修理屋を探してさまよったり、押し歩きしたりするのとでは雲泥の差がでるので
是非習得しておいてほしいと思う。

注入タイプの緊急修理剤は使用したことがない、
だれか使用感おせーて。

チョイノリの整備ならこのサイト
おこしやす
原付で浜松に?
なんでそんなことするん?

それは伝説を作るためだ!
数キロしか走ってはいけないといわれたチョイノリが、
このへなちょこバイクが、
ちゃんと整備してやれば、仲間と協力し合えば、
こんなことができちゃうのだ!!!
イメージ 2
みよ、これがチョイノリの底力だ



イメージ 1
イメージ 3

みんなで達成した総走行距離
なんと18920.6 km !!
ほぼ1万9千キロ!!

ゆみおき氏の日本一周が10336kmだったから
我々は40人で日本1.9周くらいした(^^)
正気の沙汰ではない数字だ。もちろん過去最高記録!!
みんなありがとう!

集合写真のご要望について。
お一人お一人写真をお送りするのが超面倒なので、
ある場所に、はちまる撮影の写真をだだだっと掲載しました。
欲しい方はコメントでその旨を意思表示してください。
その方のブログに秘密コメントとして写真掲載場所のアドレスを連絡します。
そこから画像ダウンロードできますよ。
(ブログ開設されていない方は1記事でもいいのでブログ書いてください。)

チョイノリ仲間の集うサイト
おこしやす
みなさんとの楽しい時間も終わり、あとは帰宅するだけ、
って360kmもあるけどね(汗)
ほかの車の邪魔にならないように路肩を走行することが多いが、その影響か急に速度低下した。

あー はいはい。
慣れたもので、すぐに原因は予想つく。パンクだろうねえ、これ。

タイヤを調べる。
イメージ 1
はい 見つかりました金属片。
イメージ 2
ペンチで抜去
イメージ 3
パンク修理キットのプラグ埋め込み、空気入れて完了。
この間3分。
はちまる3分間パンク修理
タララッタッタ♪タララッタッタ♪
など口ずさみながら再出発。

蒲郡市でいったんバイパスが終わり、下道を走る。
途中コンビニで補給作業中の重巡洋艦「美浜」を発見する。
ホーンを用いて電文を発信
「貴艦ノ作戦成功ヲ祈ル」
「チョイノリ帝国ニ栄光アレ」
通じたようだ、乗員が手を振っている(^^)

さらに先の23号バイパスへ乗る。
そしてあっという間に今日のお宿。
イメージ 4
巡礼旅2012でも泊まったところだ。
「チョイノリ帝国ホテル四日市」 (^^)

かなり小さなお部屋だったが、古き良き日本家屋の雰囲気満載のシックなお宿。落ち着くなあ。
風呂に入ってリラックスして、夕食へ。
イメージ 5
このお宿は すき焼きで有名なのだ。
仲居さんにすき焼きを作ってもらうのだが、
このおばあちゃん。調子悪いのか時折ゴホゴホ咳き込みながら調理する。(T∀T)マジデカ
ううむ。
少し躊躇するが、宿泊代の大部分を占める高級肉を残すわけにはいかんので食う!
うまし。

一人でビール注いで飲んで、さらにもう一本追加〜♪
酔っぱらいながらコメント欄で皆の進行状況を確認しつつ返信を入れたりする。
走行中はゆっくり掲示板見る余裕がなかったが、酒飲みながらコメントを楽しめるのはサイコーの環境だ。

食後、部屋に戻ったら、
連日の寝不足と疲れですぐ寝てしまった。

翌朝。
コメント欄には中日新聞朝刊に巡礼が掲載されているとの話題で大盛り上がりだった。
自分も買おうかと思ったが、
静岡版にしか載ってないらしく、すでに三重県まで来ていたので自力では購入できそうになかった。
ありがたいことにみんなのために複数購入された方々がおられ、そちらからお譲りいただくことにした。

朝食をとってゆっくり出発。
作戦はほぼ成功している、勝利は揺るがない。ウイニングランを走る気持ちで景色を楽しみつつ走行する
イメージ 6
年々、道はよくなり、
道に慣れ、移動時間が少なくスムーズになっている
あっ
イメージ 7
というまに姫路着。
巡礼旅が終了した。
758km 13.18L燃費57.5km/L

ああ楽しかった。
イメージ 8
今回のいただきものたち。
大事にしますね。
写真右端のスイフトのミニカーは歴史館でもらったもの。
ウナギ屋で配ったので渡せていない人がいると思います。余ってるので欲しいようなら次回の巡礼でお持ちしますね。
イメージ 9
そして巡礼作戦を完遂した証を貼り付ける。
カウルがにぎやかになってきたなあ(^^)

そして忘れてはならないのが
イメージ 10
おみやげ for マイ家族〜
お土産屋さんの饅頭とかあんまり好きじゃなくて残ってしまうので、
うちではコンビニお菓子などをお土産にしてるのだ。

聖地巡礼旅に参加していただいたみなさん
並びに、巡礼のお手伝いをいただきましたみなさん
おかげで最後まで楽しく旅ができました、ありがとうございました。(^^)

チョイノリ仲間の集うサイト
おこしやす
各部隊に分かれて渚園から歴史館へ進行する
イメージ 1
自分が直接指揮するのは神戸以西の第一部隊と
神奈川の第五部隊。
このグループの一番遅い機体に合わせて走行する。ミラーを見ながらゆっくり進行。

例年、集団で走行するとき、
前の機体はぐんぐん先に進んでいくが、後ろの機体が遅く、
なんとか間を取り持とうとしても差が開きすぎて、どこかで集団がぶち切れることがあった。
そうなると後ろの集団の先頭が道を知っている人ならよいが、知らない人の場合迷ってしまう。
そこで今年は部隊分けという方法を取ったのだが、
はぐれる者もおらず。安心して走行ができたと思う。
イメージ 2
結構ゆっくり走っていたつもりだったが、前の大阪第二部隊に追い付いた。
追い付いた場合も、信号などで途切れそうなときは部隊と部隊の間で切れるように止まれば、
道に迷うこともない。
我ながら素晴らしい方法だった…と思うが、みなさんはどう思ったかな?

歴史館に到着すると、そこにはtosiyukiさん tosiyukiパパさん 軍曹さん ぬりかべ君が待っていた。
おおー、無事にここまでたどり着いたか!
素晴らしい、よく頑張ったなとぬりかべ君とハイタッチする。
tosiyukiさんとは1年ぶり。パパさんと軍曹さんを紹介してもらうが、
軍曹さんの名前とのギャップにビビる。
文句なしの最年少のこの方が、こう見えて鬼軍曹だったりするのだろうか!?
できたらネーミングの由来を聞きたかったが、仕切りで忙しく聞けていない。無念。
ぐんそーさんこの記事見ていたら教えてくれ〜

朝一番に歴史館に到着したにもかかわらず、
大型連休であったこと、またスズキK125の集団も来訪されていたことから、
駐車場は激込みであった。
大量のチョイノリをなんとか駐車場に置かせていただく。

ここで中日新聞の記者の方が来られていて、取材させてほしいとの申し出があった。
また、歴史館の方からも巡礼旅のメンバーに是非記念品をお配りしたいとの申し出があった。
遊びで勝手にやっていることに、お仕事で動いている方がお付き合いくださることに申し訳なく思う
恐縮しながら取材を受ける、非常にありがたいことだ。

はちまるが仕組んだのではなく。
今回集まってくれて方々の御親類や友人を通して新聞社や歴史館に情報が行ったことで実現したらしい。
イメージ 3
全員で会合を行うべく、入口奥にある集会場を貸してもらう。
いつのまにかチックさんが来ていた。
おおー久しぶり。
なんでもキャブのドレンボルトが緩んでガソリンまき散らしてガス欠になったため遅れたらしい。
だから〜締めけと何度も…。
ありがちのトラブル。締めれば済むけど(もしくはガム詰める)、ガス欠は困るね。

一人一人自己紹介してもらう。ブログのやり取りでしか関わりのなかった方々と、
こうして実際に合って話すのは楽しい。
記念品をお配りし、
皆さんの持ち寄ってくれたグッズをくじ引きで分配した。
はちまるは巡礼シールとチョイノリキーホルダー、中古カムをゲットした。
さいばばさんから草加せんべい、koroさんから「ちょい海苔」、スズキからステッカー、ケースケーから公式ステッカーをいただく。

その後は歴史館の展示を各自見てもらう時間を40分ほど取った。
はちまるはその間にはちまる機・ぬりかべ機のオイル交換をして、その後、御神体へ。

さて、今年はどうなっているかな?と行ってみると
イメージ 4
あったー!
撤去されてなかった、よかった(^^)。
さらに嬉しいことに、チョイノリ聖地巡礼旅2015のメンバーのために立て看板まで準備されていた。

スズキ職員の方の警備のもと
イメージ 5
礼拝!!
天気晴れました〜ありがとうごぜいますだ〜
イメージ 6
礼拝!
無事に旅が完遂できますように〜

「おう、まあガンバリや〜。」

礼拝の後はチョイノリの写真撮影会だが、
撮影会に向かう途中でK125のメンバーに御挨拶させてもらった。
kuroki-tiさんと、今後もお互いより良い会にしていきましょうと話す。
偶然とはいえ、全国規模の同型バイク会合が同日同時刻になるのは運命感じますね。
イメージ 7
外に出て、チョイノリを並べる
一列に並べても写真に収まりきらないことが分かっているので、2列にすることにした。
並べるだけで大変な作業!

並べる最中、スズキの職員の方から
自分もチョイノリを持っていて、「はちまるの日常」ブログ見てます、と言われた。
なんと!こんなところに隠れチョイノリストが!
彼には、パーツを途絶えさせることなく供給し続けられるよう密かにスズキに働きかける忍(しのび)の役目を与えておいた。
たのむぞ!(けっこう本気だ!ww)
イメージ 8
並べられた!
何台あるのか?みんな数えてみてくれ。
イメージ 9
スズキの方にお願いして集合写真撮影してもらう
高所から撮らないと全員写らないから、3脚での撮影は無理だっただろう。
非常に助かった、ありがとうございました。

後列左から
太郎さん・メキオレさん・ebiちゃん・ギター侍さん・ぱぶちゃん・チョイサンタさん・山2号さん・Obataさん・ちっくさん・koroさん・キタさん・88さん・あっこさん・軍曹さん・ケースケー(KSK@ばす)・ラップマンさん・よこちょいさん・やっくんさん・まつきちさん

前列左から
あきさん・うめだまさん・かずぼんさん・ポンタさん・mtstさん・さいばばさん(下に埋まっているので注意)・tosiyukiさん・埼玉の大ちゃん・ぬりかべ君・ヴェルさん・fastさん・リュウボウさん・ろーそんさん・虎さん(虎の穴ワークスさん)・tosiyukiパパさん・ふぁんふぁんさん・らくだ少佐

前の垂れ幕・左から
ザッキーさん・はちまる

合計38名の集合写真。
全員の名前わかる俺、すげえ。
ここでebiちゃんkaniさん、やっくんさんが離脱し、
残りのメンバーでうなぎ屋さんへ向かうことになった。

ここでも部隊分けで走行する。
イメージ 10
そしてうなぎを喰らう。
うまし!

人数が多かったために二部屋に分かれて食べる。
焼きたてを出してくれる関係上、一気に全員分を出せるわけもなく
最後のうなぎが供せられた時には一部の方々はすでに食べ終えていた。
まあ、仕方ないね。
イメージ 11
食事を食べ終えたところで、すべてのイベントが終了した。
気の合う仲間と楽しく過ごした時間がもう終わってしまう。
名残惜しい。
はちまるがそれぞれの部屋で締めのあいさつをし、解散となった。

順に出発していく仲間と「また会おう」と握手し、ハイタッチし、送り出していく。
一番最後にはちまる一人になった。

さあ帰路につこう。

チョイノリ仲間の集うサイト
おこしやす
気がつくと朝だった。
外ではもう話し声が聞こえる。おっさんの朝は早い。

テントから這い出しておはようとあいさつ。
みなさん、それぞれがテキパキと後片付けをしている。
BBQ台や炭の処理など終わっているようだったので、
自分は米軍司令官として米炊きに使用した飯盒たちをまとめて持って行き水場で洗った。
ムーミンさんより先に寝て、後から起きだしたので、今回彼がどういう状況で眠ったのか分からないが、
テントに付着したかなりの夜露から、彼の防水ウエアが役に立ったことは疑いない。
イメージ 1
今年は食材の持ち込みがハンパなく多かったのでゴミの量がすごい。
ムーミンさんがゴミの持ち帰りを引き受けてくれたので車に積ませていただくが、
ゴミ袋の中にタレやら飲み残しが漏れて溜まっており、小さな穴からポタポタと滴り落ちている。
せっかくのお車が汚れることになり申し訳なかった。
次回は、この点に注意したいと思うので、ご協力お願いしたい。
(飲み残しを無くす、タレ・残飯など液体成分を捨てるバケツの設置、缶・ペットボトルをつぶして捨てるなど)

ムーミンさんは神戸市在住、姫路から近いので、はちまるの野営機材も積んでもらうためにリアカーに同乗させる。決してごみではない。まだ使うのだ捨てないでくれ。
イメージ 13
片付けにいそしむメンバー。

キタさんに圧縮圧力測定をお願いする。
なぜかと言うと、キタさんの車両は新車購入ののち1000km程度しか走っていない
非分解のほぼ新車状態だからだ。
快く承諾いただき、チョイノリ技術班の面々が測定に入る
イメージ 4
koroさま 画像をお借りいたします。
キックをしているのがはちまるだ。
イメージ 3
するとなんと900kPa だった
チョイノリ整備マニュアルにある

冷機時
基準値 1100kPa〜1200kPa
下限 800kPa

という記載だが、これが本当なのかどうか、甚だ疑問である。
われわれが測定してきたエンジン、ほぼ新車エンジン含めても800〜900kPaで1000に届くエンジンなどないのだ
いずれさらなる検証をして記事にしていこう。
巡礼では、こういう貴重な整備情報も集まるので嬉しい。

つぎは自機体の整備だ。
イメージ 5
まつきち画伯からいただいたファッショナブル名札は夜露で滲んでいる。
次は防水加工版を!?
イメージ 6
ざっとチェックしたところ、
ボックスを固定するナットが一個紛失していた。
M6のナットがどこかに余っていないか探し、なくてもそれほど困らないボックス内木版を固定するナットから1個拝借して取り付けた。
他の部位に問題はない。

各員それぞれが出発準備にかかる。
イメージ 9
まさか静岡の地で大阪名物パチパチパンチが見れるとは思わなかった(笑)
ナイス チョイサンタ師匠
とりあえずチョイノリにうずたかく積まれた荷物の山を見ていただきたい。
路上生活者ならぬチョイノリ上生活者と称される荷物の多さ。
これがチェーンに過大な負荷をかけていたことが帰還時に証明されようとは、このとき誰も予想していなかった…

そうこうしていると
巡礼から参加されるメンバーが集まってくる。
mtstさん 1年ぶりの久しぶりの再会。長老!お元気そうでなによりです(^^)
ぱぶちゃん ろーそんさんのためにフロントかごをかごの上に積載したダブルかごで来られた。

せっかくなので、渚園での広大な敷地で集合写真を撮る
イメージ 2
もう多すぎて写真におさまりきらない。
一列ではチョイノリが小さくなりすぎるので、次に撮る機会は二列にしようと誓う。
イメージ 7
写真を撮るだけにこれだけのスペースが必要、
歴史館でスペース確保できるか!?
イメージ 8
乗員とともに撮影。
左から
はちまる・虎さん・mtstさん・太郎さん・あきさん・ふぁんふぁんさん・ろーそんさん・まつきちさん・山2号さん・よこちょいさん・かずぼんさん・あっこさん・キタさん・88さん・koroさん・ぱぶちゃん・メキオレさん・ebiちゃん・ヴェルさん・Obataさん・らくだ少佐・fastさん・ポンタさん・ラップマンさん・リュウボウさん・KSK@ばす・うめだまさん・チョイサンタさん・やっくんさん・埼玉のだいちゃん・ザッキーさん・ギター侍さん・さいばばさん・ムーミンさん

多っ!!

っていうかちゃんと名前と顔が一致するはちまる総司令官、すごくね?
まあ司令官としては当たり前か。

集合写真撮影後は、かねてからの手筈どおりに部隊に分かれて歴史館へ移動する。
第7部隊から順に出発だ。
イメージ 12
出発を待つ部隊
イメージ 11
数台ずつ出発していく。
自分の所属部隊を覚えていない人が多く。
各部隊のメンバー点呼をしながら部隊集結してもらう。
イメージ 10
みなさんご安全に〜

ここで第五部隊の部隊長が準備にモタモタ。
しかも歴史館までのナビが準備できずさらにモタモタ。
仕方ないので第五部隊は飛ばして出発していくが、最後までモタモタ。
結局第一部隊と合同部隊にして一緒に移動することにした。

え、第五部隊の部隊長はだれって?
ギター侍あらためポンコツ侍だ!((笑))

またおまえか〜!!
よくしゃべり、豊富な知識で話を盛り上げ、
皆に愛されるキャラの彼だが、こと作戦行動予測やら準備作業やらは苦手らしい。
まあ、そこも愛される理由か(^^)


写真の解像度が低く、拡大しても顔の判別ができないので
この集合写真ではモザイク処理はかけておりません。
もし、この画像でもちょっとマズイ。またこの画像は消してほしいなど要望がありましたら
内緒コメントでお知らせください、早急に対処します。
希望者にお配りする集合写真は解像度下げませんのでご安心を

チョイノリ仲間の集うサイト
おこしやす


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事