はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日、氷ノ山林道を走行したのだが、
林道を走り終えたあとのエンジンガードが何やら歪んでいるような…
イメージ 1
ぱっと見じゃあわからないのだが、ガードが曲がっている様子。
外して見ようとボルトにレンチをあてがうと、あらら、レンチが入らない。
ボルトも岩にガンガンヒットして変形してしまい、六角棒が挿入できなくなっていました
何とかエキストラクターを駆使して外すと
イメージ 2
エンジンガードの下面は傷だらけで凹みまくり
赤丸のボルトは全くびくともせず、チョイノリ用セルガードごと外しています。
イメージ 3
後ろからのビュー。
明らかに歪んでいます。岩に乗り上げたときに車体+ライダー体重がかかってひんまがった様子。
このエンジンガードは使い捨てではありませんよ、まったく
イメージ 4
最後のボルトはバイスプライヤーで噛んで回し外しましたが、先が曲がっていましたすごい力がかかったのですね〜恐ろしや
ボルトは交換しますが、今後の悪路走行でも同様の損傷が予想されます
練習のためにも、何度か氷ノ山林道へ行こうと思っていましたが、本番の○○林道までにエンジンガードが逝ってしまいそうなので悪路練習ができません。
とりあえず可能な限り形を戻して取り付け、ぶっつけ本番で行くしかないのでしょうかね
(何か良い案ないですか?ってないですよね、低車高はチョイノリの宿命…)
林道走破作戦中にエンジン整備が必要になっても、ガードがひんまがって、ボルトが損傷して外せないじゃあ困ります。
ボルトは10mmの六角形状にしてみようか…おなじかなぁ
 
エンジンガードは大損傷を受けていますが、おかげでエンジンは無事でした。
メキシカンマフラーも損傷なく健在です。熱のせいか一部塗装が落ちたので耐熱塗装を重ね塗りしときました
メキシカンマフラーは換えのない世界に一つの虎の子パーツなので厳重に保管しときましょう。
 
 
 

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

チョイノリはセンタースタンドを解除したままキックできないようになっている。
イメージ 1
赤矢印の方向にキックするのだが、黄色線で示したセンタースタンドに干渉するため
スタンドを立てないとキックできないようになっている。
これはキックした時に急発進したりしないようにという安全設計なのだと思うが
林道でスタックした時にエンストなどしてしまうと、
自力でスタンドが立てれる位置まで引っ張り上げなければならず、非常に大変なので、改装することとにした
 
まず思いついたのがサイドスタンドへの変更だが、安定性が悪く、整備の時に車体が傾いているのは具合が悪いので、センタースタンド自体を改造することに、
最初は切ろうと思ったが、安定性が失われるのもいやなので、曲げることにした。
イメージ 9
センタースタンドを外すには、解除した状態の方がよいため、写真のように木などを台座にして車体を安定させ
スタンドを解除、はね上げた状態で外します。
イメージ 2
赤矢印のクリップをペンチでまっすぐに矯正して引き抜き、黄色矢印のバネを外す。
イメージ 3
バネを外す専用工具もあるようですが、自分はメガネレンチでバネを延ばしながら外しています
これだと楽に外せます。
イメージ 4
クリップが抜け、バネが外せたら、金色の棒を車体左方向へ抜くことで外れます。
スタンドと装着しているパーツは写真の5点で全部です。
スタンドが外せたら、スタンドを曲げましょう。
イメージ 5
はちまるはベンダーを持っています。
まず一般家庭にはないでしょう。
鉄筋を曲げて、切断もできるすぐれもの、
以前所有していた富士重工ラビットに、自分の好みの形のキャリアを作って付けようかと思い購入していました
ほとんど使っていないので新品同様。
チョイノリのスタンドごときの太さの鉄棒なら簡単に曲げられます。
イメージ 6
赤い線がもともとのスタンドのラインです
これを黄色矢印の方向に曲げました。
なんども車体に装着したり外したりして、曲げ具合を確認しつつ作っていきます。
イメージ 7
キックを下ろしてきても干渉しません。
スタンドを上げたままキックスタートしてみましたが急発進することもなくうまく始動できます
もちろんキックのストロークが短くなることもありません
イメージ 8
スタンドを立てた状態です。
青矢印のところ、赤線のような山曲がりがありますが、スタンドを曲げたことで後ろ方向へ上がるような形になってしまい、水平な地面にうまく接地しなかったため、曲げてあります
これで安定して立てられました。
 
もともとのスタンドに比べると、立てるのが比較的難しく、安定性も比較的落ちますが
正直、気にならない程度です。
自分で言うのもなんですが、うまくできました。
林道いかんに関わらず、セルなしのチョイノリに乗っていたらスタンド立てずにキックできたらと思う場面はよくあります。どうでしょう、欲しい方おられましたら余分に一個作ったのであげますよ〜(送料は持ってくださいね)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事