はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

琵琶湖包囲作戦06

準備ができて出発、南下して奈良市に入り、そこから国道308号線に乗って西へ。
久しぶりに前期型純正11T-36Tにのったが、なんとも乗りにくい。
停車からの発進が強くなったが、そんなことよりもチョットスピードを出せば高回転でウオンウオンうなるエンジン
回転数頭打ちで出ない速度が不快でしゃあない。
よくもまあこんなギア比で乗っていたなあという感覚だ。
激坂チャレンジのための登攀性能重視なのでしゃあない。
イメージ 1
せまい国道。そして坂がきつくなってくる。
なかなか普段走ることのない坂道だ。
登坂能力の順位は
 
1、メキシカンオレンジさん
12T-36T +軽量車体
 
2、はちまる
11T-36T +キャンプ道具過積載
 
3、まつきちさん
11T-30T +キャンプ道具過積載
 
4、チョイサンタさん
11T-36T +超絶過積載
 
やはりスプロケもさることながら、積載量がネックな様子だ。
メキシカンオレンジさんは遅いながらもグイグイ登攀していく。
はちまるも何とか上がっていくが2か所ほど乗りながらの足補助が必要であった。
イメージ 2
フルスロットルにしながら、周囲の景色が存分に楽しめる低速走行。
なかなか面白い環境ですね。
イメージ 3
頂上まで来ました。
次は下りです。
下りはブレーキがなかなか厳しく、握りっこみぱなしでも止まるまでにずいぶんと進んでしまう。
二人乗りのスクーターはエンジンブレーキが使えずブレーキ加熱で効きが悪くなり、降りて手押しされていました。
峠の大阪側には最大斜度の難所があります。
イメージ 4
この坂、すごすぎ。
はちまるが写っていますが、これは出たがりなのではなくて、
はちまる号がリアの積載物の影響で重心が後ろになり、この坂ではフロントタイヤが浮いて、さらに後ろへ…
ウイリー状態から後ろにひっくりかえってしまうために前で支えているのです。
 
そんな大げさな…
って思ったあなた。
ウイリーしないメキシカンオレンジ号とはちまる直立の写真をご覧ください。
イメージ 5
超絶激坂!
 
チョイノリはこの激坂を登攀できるのか?
キャンプ仕様のチョイノリたちでは不利なので、全チョイノリストとスズキの威信をかけてメキシカンオレンジさんが、ここの登攀に挑戦。
 
 
なんと登れたー!
 
激坂をクリアした後は下りきって茶屋で休憩。
すべての旅スケジュールを終えた一行、乾杯です。
イメージ 6
また面白い旅をしましょうねと約し解散。
主催者としてみんなをお見送りしました。
 
その後はすぐにスプロケ戻し
イメージ 7
ここから帰りも長いですからね、
11T-36Tなんかで走ってられませんよ。
もしチョイノリがハイギアードの状態で市場に出されていたら、売れ行きはもうちょっと違っていたのではないでしょうか?
この日は大阪を北上し、池田から宝塚、三田から加古川と北方面を西へ帰りました。
総走行距離550kmきっかり 燃費は50と少しでした。
 
この旅に参加してくださいましたみなさん、
ありがとうございました。

開く コメント(24)

開く トラックバック(0)

琵琶湖包囲作戦05

琵琶湖包囲作戦は完遂しましたが、次に激坂 暗峠への挑戦があります。
イメージ 1
朝は6時に起床。みんな黙々とキャンプ道具を撤収し、食材、ガスなどの積載物を消費して重量減に努める。
撤収してリアカーで荷物とともに駐車場へ
イメージ 2
駐車場。青い車はメキシカンオレンジさんの愛車。
これに積まれていたベージュのチョイノリ。写真でなんか変に見えますが…
イメージ 3
それもそのはず前後タイヤやハンドルが外してあります。
この状態で積んであったんですね。
さて、メキシカンオレンジさんはこれから車体の組み立て、我々はオイル交換やスプロケ交換を始めます。
イメージ 4
チョイノリツーリングならではの集団路上整備。
ちょっと気になったのですが
イメージ 5
まつきちさんのリアブレーキワイヤ、走行がおかしいのわかります?
いったん上に行ってから下に下がっています。
これはリアブレーキドラムの溝がフレームの突起にちゃんと嵌っていないのです。
まつきちさんはスプロケットはそのままでチャレンジされるとのことでしたが、気になってしゃあないので直しときました。
イメージ 6
これが正解です。
まあ問題なく走っていたようですけど、バイク屋さんで整備してもらったにしては残念なミスでした。
イメージ 7
はちまる号はスプロケ交換13T-25T→11T-36T
それとオイル交換です。
整備が済んだら出発です!

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

琵琶湖包囲作戦04

食事の後、らくださんがオイル交換、ここで引き返して帰宅の途に就くのだ。
イメージ 1
この写真、らくださんには一切の加工は加えておりません。
どうみてもいたずらでビールを混入する変質者ですね。
イメージ 2
らくださん任務ご苦労様です!と敬礼する自分ら。
走り去るらくださん。
遠いところをありがとうございます。
気を付けて帰ってくださいね。
 
らくださんと別れた後は琵琶湖西岸を南下していく。
琵琶湖の西側はほぼ高速道路のようなバイパスとなっている。
今夜もキャンプ場宿泊だが、キャンプ場泊ではちまるが窮屈なこと…
それは時間制限。
今日のキャンプ地も17時までに入らなくてはならない。
もう観光している暇は全くないので、ただひたすらに走って南下する。
途中から125cc以下は走行不可能なバイパスとなり、湖岸道路に切り替えて南下、
大津市内の超絶うっとおしい渋滞を走り切り。
イメージ 3
瀬戸唐橋到着。
北端から南端の写真に一気に飛んだので、景色の違いがよくわかるでしょ(^^)
これで琵琶湖一周は制覇完了。
写真撮影後はすぐさまチョイノリにまたがり、キャンプ場へ向かうために南下していく。
いままでの湖岸のフラット道から、今度は山岳コースへ。
イメージ 4
キャンプ場 アクトパル宇治に到着しました。
このキャンプ場は非常に使い勝手が悪く、駐車場にチョイノリを置いた後は荷物をリアカーに移動。
このリアカーを引いてなんと坂を上って、歩いて5分くらいかかるサイトまで行かねばならない。
しかもそのサイトは絶賛がけ崩れ中の丘の上にあり、崩れた面がブルーシートで覆ってあった。大丈夫かよ。
しかもトイレも遠い。歩いて2分。
しかも燃えないゴミは持ち帰り。
 
条件わるっ!
イメージ 5
良いところは管理棟に大浴場がついていたこと。
この日は風呂に入れた。風呂がないと困るような性格ではないが、寒い時に湯に浸かれるのはうれしい。
2日分の汚れを落とす。
イメージ 6
この日もパーソナル鍋で宴会して、そのあとは酒を飲みながら談笑。
さすれば暗闇からメキシカンオレンジさん登場。
おおー久しぶりです。
 
メキシカンオレンジさんとは巡礼旅3回にわたる3年の付き合いだが、
巡礼では現地で数時間しか会えないので、これだけゆっくりとしゃべるのは初めてだった。
いろいろ話せてよかったです。
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

琵琶湖包囲作戦03

つるやを出発したら、もう琵琶湖北岸、
いやーー琵琶湖ってでかいんだね、南と北では景色が全然違う。
イメージ 1
こっちはもう雪国ですぜ。
幸いにも晴れていたので道に雪はありませんでしたが、日程をミスっていたら雪道走行ってのもあったかも。
この寒い地域を日中に走りきってしまうスバラシイ計画とした自分に惚れるぜ。
イメージ 2
そして琵琶湖北岸の観光地、メタセコイヤ並木に到着した。
こんなにたくさんの木の長さ、サイズが一定ってすごいなあ、
イメージ 3
感動の景色。
メタセコイヤは季節によってさまざまに変化するので、春、夏、秋と別にの季節にも来てみたいものだ。
イメージ 4
路肩には雪が
うおおーーー雪じゃ雪じゃ。
兵庫県民には珍しい雪。
イメージ 5
どりゃー
全身で雪を楽しむ変な人一名。
イメージ 6
近所のペンション風喫茶店で昼ごはん。
イメージ 7
みなさんシシ汁とかご当地メニューを頼むなか、単なるカレーを食うはちまる。
スキー場ではカレーがうまいという感覚が忘れられなくてつい…
イメージ 8
まんぷく丸。(まつきちさん作)
 

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

琵琶湖包囲作戦02

翌日の朝、目が覚めると6時だった。
昨日、シュラフに潜り込んでからの記憶が全くない。一晩ぐっすり眠っていたようだ。
テントの外では近所の鶏の鳴き声と波の音、道路が近くを通っているので車の走る音がちらほら。
そこになんか聞いたことがあるようなエンジン音。これってチョイノリでないか?滋賀県にもチョイノリを維持している人がいるのか?
などと思いつつテントからはい出す。
イメージ 2
琵琶湖湖岸の夜明け。
イメージ 3
チョイノリでここまで来たぜ。
遠かったなあ、今日はこれから一周か、がんばらねば。
などと早朝の景色を楽しんでいるとキャンプ場内をまっすぐこっちへ向かってくる一つ目ライト…
おおっ らくださんだ!
イメージ 1
仕事の都合上で参加キャンセルされていたのだけれど、時間の都合をつけてなんと徹夜で駆けつけてくれたとのこと。この寒空に野営するヤツもすごいが、夜を徹して走ってくるヤツもかなりのものだ。
ここから4人で旅を進めることになった。
イメージ 4
荷物を撤収して積載していく。
過積載な4台で旅を再開した。
イメージ 5
琵琶湖東岸の湖岸道路は平坦で信号がほとんどなく非常に快適な道です。
ほぼフルスロットルで周りの景色を楽しみながら北上していきます。
イメージ 6
コンビニで休憩。
こちら側から
まつきち号
はちまる号
チョイサンタ号
らくだ号
 
あきらかにチョイサンタさん機体の積載量が抜きんでてすごい。
イメージ 7
路上生活者ならぬチョイノリ上生活者のような様相。
 
さらに北上を続けると、徐々に寒さが厳しくなって、路肩の雪の量が増えてきました。
イメージ 8
最初の目的地到着
イメージ 9
ケンミンショーで紹介されてブレイクしたというサラダパンのお店「つるや」です。
店先で食べましたがめちゃうまかった。
急遽ツマー用お土産サラダパンを追加購入。
ブレイクの波に乗ったか、なんとサラダパンTシャツまで売っていた。
一瞬血迷って買いかけたが理性で止めたぞ(笑)

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事