はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

さいばばさんのブログ記事にチョイノリ関東部隊でisさんの工場を訪問するというイベントの告知がでた。
isさん工場は神奈川県で、姫路の自分からすればかなり遠い。
まずもって参加は不可能なのだが、運の良いことに、その週末は東京出張…
ううむ。これはチョイノリ神のお導きか、

図々しくもさいばばさんブログに、「3/1なら行けるんですけど〜」と軽く、
この日にしてくれ的なコメントを書き込んだところ。
皆さんがスケジュールを合わせてくれて3/1になった。言ってみるもんだね〜

2月28日に東京へ、
この日のうちに仕事は終わり、
3月1日 日曜日の朝から東京の私鉄を乗り継いでis工場へ向かう。
皆さんご存知かどうか知らないが、はちまるは田舎モンだ。それはもう呻るほどにイナカッペなのだ。
なので電車を乗り継ぐなどという高等技術には不安が多い。
予定よりも早めに出立し、泊地から東京メトロとかいう銀河鉄道にでも出てきそうな私鉄の永田町駅に入る。
ううむどんどん地下に下りていく。いったいドコまで掘ったんだよ東京人、おめえらモグラかよ。
キップ販売機はたった二つ。
たくさんの人が行きかうが、みなキップではなくチャージカードのようで、財布を掲げて改札へ入っていく。

キップ販売機のタッチパネルで行先を探すが、全然わからん。
まず何線とか何方面とか、いろいろ情報を入力しないとボタンが出てこないようだ。
駅員の協力を仰ぎ、何とか購入。そして目的の電車を探すが、ホームがこれまた広い…
どこまで歩かすねん。このまま神奈川つくんちゃうか。

そんなこんなで案内板を穴があくまで眺めたり、東京観光に来た爆買い中国人と間違われたりしながら、
中央林間駅で乗り換えて高座渋谷駅に着くころにはだいぶ白髪が増えた(ゲッソリ)。

私鉄乗り継ぐくらいなら、チョイノリ乗っている方がラクだ〜(かなり本気)

駅で待っていると、チョイノリの骨組みを積んだ軽トラが到着。
イメージ 1
is工場長です。
これまでメールでいろいろやりとりさせてもらっていましたが、はじめてお目にかかります。
非常に話しやすく、いつもニコニコ、笑い声が絶えない楽しいお方でした。
軽トラに同乗させてもらって神奈川チョイノリランドへ。
現地ではさいばばさん、ヴェルさん、ギター侍さんがすでに到着されていた。
イメージ 2
ヴェルさんはご家庭の都合でお子様連れで、来訪。
こちらの都合で3/1になったことで、御家庭にまで迷惑かけてしましましてすみませんでした。
困難なスケジュールの中、来訪いただいたおかげで、お会いすることができてよかったです。

さいばばさんは、いつものメンバー。
第一回聖地巡礼からの付き合いなので古い友人のよう。
怪我とネタが絶えない大物だが、この日は
無事故無ネタ
で無事到着。それでいいんですよ(笑)。

ギター侍さんは、ブログでよくコメントをいただき、金属カム探索&初回購入にも参加された古参チョイノリスト
なれども、いままでお会いしたことがなく、
やっとお会いできましたね〜と感動すら覚えた。

is工場にはこれまで分解されてきたチョイノリのパーツがそこらじゅうに保管されており。
出てくるパーツを見ながら、みんなであーでもないこーでもないとチョイノリトークに花が咲く。

そんな中、
チョイノリ界の「鎧の巨人」ふももも氏あらわる。
イメージ 3
この日は雨だったが、カッパを脱ぐと中から甲冑プロテクターの数々が…
むち打ち用首巻まで装着する防御ぶりは相変わらずですね〜
初対面の人たちが若干引いてますがな。
ギター侍さん曰く。「ブログで見た、そのままの印象〜!」
イメージ 4
ふももも氏のマフラーがis工房作の素晴らしい品であることは、氏のブログを参考にしていただいて、
ここではミラー3個装備を紹介しておく。
危機管理能力が行き過ぎるとこうなるのね(笑)。
多分これで沿道の女性をチェックしているのでしょう(コラコラ)
イメージ 5
工場長のストック車両がえらい数になっていて、
工場前が宝の山になっていたり。
イメージ 6
いままで分解してきたチョイノリの数がハンパないことを示すオブジェをながめつつ、
チョイノリフリークどもの会話は尽きない。
ヴェルさんがご都合で先に帰られたあと、
イメージ 7
グリンピースさん(今後グリピーさんと略す)が来訪。(紫メット)
聖地巡礼以来で懐かしい。
遠いところ来てもらってありが…
「自分、ここから一番近いんです」→なんで一番遅れてくんねん!(笑)
イメージ 9
グリピーさんのSS、(○グリピー ×ゲリピー 注意。。。)
ウインカーがインシュロックで留めてあって自由に位置が変えれます(なぜに…)
ウインカーステーがぶった切られていたらしい。
あとフロントカウルもカゴ用の穴が開いていたらしい。
いろんな人の手を経てくる中古チョイノリは、いろんな傷跡があるものです。

これで全員そろったことだし、近場をツーリングしますか。
ということでチョイノリに乗り込みます。
はちまるは自分の機体がないので、isさんに貸していただきますが…
イメージ 8
これ…ですか?
チョイノリかどうかも怪しい長ーい何か、に乗り込む。
当たり前だが普通のチョイノリに比べると乗り味が全然違う。

工場の周囲、米軍基地の周りを散策し、
数キロごとに車体を交換しつつ、
この長いヤツとちっこい2stエンジンのヤツを交代で試乗しつつ、帰還した。

自分の機体がないので、交代のたびに皆さんのチョイノリに乗らせていただくことになったのだが、
実ははちまる。この日に初めてSSに乗った。
ノーマルに比べると足を置くスペースが狭くて、T字ハンドルのポジションが新鮮。
同じチョイノリだけど違うんですね〜
外は雨なので、ツーリングは適当で終了。工場に帰る。

その後は、チョイノリSSのパーツを貸してもらって
パーツリストコンプリートに向けて写真撮影させてもらう。
新品パーツが次から次に出てくるのでビビった。
おかげで画像素材は揃った。すんばらしい!

はちまる「やっぱり関東は ちょっと寒いですね、」
is工場長「ああそう、そしたら、暖房つけようか…」
イメージ 10
ゴゴゴゴゴ
工場長!それ暖房ちゃうから〜!!
爆笑。

このままチョイノリを囲んで話が尽きない。
どんな話題を出しても、細かい知識をもって乗ってくるギター侍さん。
ちょっと話題が出たら、ガンガンしゃべってくる、おもろいわ〜。
そしてどいつもこいつも聖典(はちまるブログ)の読み込みがハンパなく、
はちまる自身が忘れている内容まで知っていたりするので、ビビる。
チョイノリ信仰心がヤバいぞ、こいつら。

工場に到着したのが11時、気が付けばもう6時…
この間、誰一人として
「昼ごはん食べましょか」
という案は出ず。絶食のまま話し続けたチョイノリ変態野郎ども。
話した内容は多すぎて書ききれん!
外はもう真っ暗です。いい加減に解散しましょう(笑)
イメージ 11この日は一日中雨が降っていました。
チョイノリ神からのお告げは
「今日は工場内でしゃべっとけ。」だったみたいですね。
皆さんをお送りした後はis工場長に高座渋谷駅まで送っていただき、
また電車乗継作戦というストレスフルな戦いを経て帰宅したのでした。

今回、さいばばさんから草加せんべいのお土産をいただき、
ギター侍さんからはこんなものを。
イメージ 12おお!レアアイテム。
チョイノリの模型。
残念ながらアイスブルーの方は一つパーツが欠品していてこの状態。
エンジンからマフラーまで忠実に再現されています。
イメージ 13
セルなしカゴなし車両ですね。
前期か後期か…判断は難しいが、ブレーキアッセイの色からは後期型と判断…か。

関東部隊の皆さん、雨の中集まっていただいてありがとうございます。
is工場長もたくさんの珍しいパーツを見せてもらったり、役に立つ整備知識を教えてもらい
ありがとうございました。
また、集まれたらいいですね(^^)

チョイノリサイトやってます
整備情報が見やすいですよ
イメージ 14

開く コメント(30)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事