はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

プロローグ その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

チョイノリ聖地巡礼旅2018にて、
ムーミンさんが出した景品のチョイノリSS車体だが、
見事に引き当てた「ふくさん」が、
是非チョイノリを持っていない人へ譲ってあげてくださいと、景品車体をはちまるに委託された。

またブログでほしい人募集でもしようかなと思っていた矢先、
このブログのコメント欄にてチョイノリの購入について相談してきてくれた方「プリズマンさん」がいたので、
このチョイノリSSをお譲りしますよ、と申し出たところ、喜んでいただけたので、差し上げることになった。

ムーミンさんにチョイノリSSを持ってきてもらう。
イメージ 1
ぱっと見はきれいなのだが、
実はこの車体、現在は不動とのことで、
タンクをあけてみますと
イメージ 2
お味噌汁が入っていた。

うーん 日本人はやっぱり味噌汁だよね〜
なんて
海外旅行から帰ってきたときの感覚になっているバアイじゃない。

排出しますと
イメージ 3
お味噌汁はじつは
イメージ 4
錆錆タンクのカスなのですよ。
イメージ 5
「これは強敵だぜ」
(娘をレゴランドに連れて行ったもので、つい。)

プリズマンさんは、このチョイノリSSが初バイクになるらしく、
もちろん整備に長けておられるわけでもなかろうし、
このままお譲りしたら、整備がままならずゴミになってしまうかもしれない

そこで
ささっとタンクにサンポールアタックをかけて錆を除去していく。
出るわ出るわ、エンドレスさび。
二晩のサンポール処理+高圧洗浄機噴射で錆をあらかた除去した。

そしてコックを調べると
イメージ 6
まあ、案の定、錆まみれで、さらに負圧コックが固着していて、
キャブも同様に錆まみれなのですよ。
イメージ 7
「相手にとって不足はなし!」
(娘をレゴランドに連れて行ったもので、つい。)

キャブとコックを洗浄して組み、
欠品していた左ブレーキレバーを予備パーツから供給して装着。
エアクリーナーフィルターを洗浄して
エンジンオイルを交換したら、
とりあえず走行可能な状態になった。
純正スプロケットで42km/h程度の速度。まあこんなもんだろう。

そして本日、プリズマんさんが引き取りに来てくれた。
京都府北部から姫路まで、結構遠かったでしょうに、わざわざありがとうございます。
非常に丁寧な、感じの良い方で、いい人にお譲りするすることができてよかった。
イメージ 8
スズキ スペーシアの後部荷室に積載し帰られました。
また一台、チョイノリが公道復帰することになり,よかったです。

まだ完璧に整備できているわけではないので、
これから こまごまとしたところを整備しつつ、
チョイノリを楽しんでくださいね!
沢山のご応募ありがとうございます。

メールでいただきました皆さんのチョイノリに対する思いを拝見し、
できることなら全員にチョイノリを差し上げたいところでしたが…
残念ながら1台しかないので、一名の方に決定いたしました。
イメージ 1
決め手は、
現在チョイノリを持っておらず、今回初めてチョイノリオーナーになられる新人さんであること、
チョイノリに乗っている仲間がいて、手に入れた後もチョイノリを楽しむ環境があること、
豊川市のアキさん家まで直接引き取りに行っていただけること
もしかしたら聖地巡礼にもご参加いただけるかもしれないこと。

以上の好条件を兼ね備えた
「ハクさん」に決定いたしました。

今後はアキさんと直接連絡を取り合って譲渡を行っていただくことになりました。

アキさん
貴重な車両を譲渡いただきましてありがとうございました。

ハクさん
引き取りよろしくお願いいたします。いつかチョイノリ企画でお会いできることを楽しみにしております。

ご応募くださいました皆さん、
ご興味お持ちいただきありがとうございました。
また、機体が手に入るような状況がありましたら、キャンペーンをいたしますので、
今後も変わらず当ブログを御贔屓に、よろしくお願いいたします。



チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト

多数のご応募ありがとうございました。
下記キャンペーンは終了いたしました

聖地巡礼2017の景品交換会で、1等を引き当てたはちまるは、
アキさんが出品された、「なんとチョイノリ丸ごと一台!」をゲットした。
なんとも ありがたいことだ。

自分で利用することも考えたのだけど、
あとで熟考したところ、まちまるがガレージで保管しておくよりも、
これからチョイノリに乗りたい!という方に譲った方がいいのではないかと思った。
チョイノリを世に広め、たくさんの人に楽しんでもらいたい!!

そんな気持ちを理解してくれて、アキさんも賛成してくれたので、
なんと!!!このブログを見ているあなたに!

チョイノリ!あげるぞ!!

あげるチョイノリはこれだ!
イメージ 1
あきさんが整備しただけあって、外装がきれい!
ホイールとかめっちゃきれいだし、フロアボードもきれいだね。

前かごタイプのK3(前かごは付属していません)、
セル付き
アイスブルー
の車両です。

イメージ 2
カギはちゃんとついていて、メインキーもタンクキャップも開けれます。
登録にかかわる書類、ちゃんとあります。
セル付きですが、バッテリーが弱いです。バッテリーは交換前提でお考えください。
始動問題なく、安定してアイドリングします。
保安部品動作問題なし、走って曲がって止まるに問題なし。
タイヤは前後共に5分以上あり
走行距離は14735kmですが、10000kmの段階でカム交換、ガスケット交換されていますのでまだまだ走れます。
シートに穴あり、ボードの固定部に欠けあり。

イメージ 3
これからチョイノリに乗ってみたい
だけど、不良品を買ってしまうことになったら直せないし困るなあ
なんて思っていた方、いかがでしょう。
完全動作するチョイノリですよ!! (^^)

車両はあきさんの家にあるので、愛知県豊川市まで引き取りに行ける方がよいです。
輸送を希望される方はドアtoドアの対応をしてくれるジェットリンクに依頼しますが、送料は負担してください。
できたら、現在チョイノリを一台も持っていなくて、これからチョイノリを始めたい!という方に差し上げたいです。
そして、こいつで聖地巡礼2018に参加してくれたらカナリ嬉しいです。(強制ではありません)

応募方法は…
チョイノリファンサイト
の一番下に「mail」という項目がありますので、ここをクリックしてください。
はちまるにメールが送れますので、チョイノリが欲しい旨、ご連絡ください。
複数の申し込みがあった場合は抽選とさせていただきます。

多数のご応募ありがとうございました
譲渡する方が決定し、上記のキャンペーンは終了いたしました。



チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト

前かご帝国からの脱退

今回の聖地巡礼旅2017では 「はちまる」 と 「ぬりかべ君」 の機体をどちらもアルファードに積んでいった。
さらに野営装備も満載して、おっさん二人が乗り込む関係上、
チョイノリはなるべく小さくコンパクトのまとめなくてはならなくなったため、
前カゴつきのぬりかべ君機体から前かごを外していた。

旅から帰ってきて、
前かごを付けてからぬりかべ君に返す計画だったが、
ぬりかべ君から、
「ノーマルチョイノリのシルエット、外観がいいなあと思っていて、
この機会に前かごは…もう…」

いらないとのこと!

しかも…
イメージ 1
すでに
前かご付けたら隠れちゃうじゃんという
ド正面にCCJステッカーを貼ってしまっていた。

そうか、
前かご帝国から脱退するのか…
まつきちさんが悲しむだろうなあ、とほんの一瞬感じたが、すぐに行動に移した。
ってかすでに前かごのキーシリンダーは破損して外れちゃっているし、蓋もがたがたうるさいしねえ、
荷物はリアボックスって方法がいいよ。と背中を押すしまつ。

まずは
イメージ 2
かごの取り付け穴のメクラ栓を買う。
純正部品で291円×4個。
これだけで1200円もするのかあ。なんか高いなあ。
イメージ 3
でも付けないと雨が入ってしまうし、内部フレームもさびるだろうしねえ
イメージ 4
さすが専用品。
ピッタリはまってきれいに収まった。
黒い車体なので栓も目立たない。

後はリアキャリアを付けて、そこにいつものアイリスオーヤマ鍵付きボックスを!
イメージ 5
つける。

付けるポイントは
イメージ 6
ライダーの背中に当たらないように、なるべく後ろに付ける。
赤丸のようにスペースをとるのだが、
そうするとボックスの前半分しかキャリアに載らないため、
このまま固定するとボックスの底面が割れるので注意しよう。
イメージ 7
内部に裏打ち木版をいれて共締めする。
これでボックスの底面は補強された。
イメージ 8
もちろんボルトのゆるみ止め&脱落防止のためにkoroさん発案のボルトキャップも装着。
イメージ 9
完璧な仕上がり、
これで前かご帝国からの脱退が完了した。

ボックスの底面が割れた症例報告と
初めてアイリスオーヤマボックスをチョイノリ界に紹介した記事
懐かしいなあ、もう4年以上前だ。

チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト
数年前にこのブログを介して知り合いましたooiさん。
このたびとうとうチョイノリをタイに持ち込んで現地で始動させました。

これまでも海外からチョイノリの写真をもらうことはありましたが、
それは輸出された車体や、現地生産の台湾チョイノリばかりでした。
それにくらべてooiさんはチョイノリの部品点数の少なさを生かして、
なんと!
日本で手に入れたチョイノリを分解して部品とし、何度かに分けて飛行機でタイに持ち込み、
現地で組み立てる!?という荒業を達成したのだ!すげえ。
分解したらどこにでも持ち込めるバイク、それはチョイノリ!

猛暑の現地に日本チョイノリが元気に走っております。
数年前からコツコツ作業されてきたのをずっと応援していたので、達成されたことが本当に感動ですよ。
場所は
イメージ 2
このあたりらしい。

異国の地でチョイノリツーリングなんて楽しそうだな。
なかなか長期休暇を得られない身からしますと、うらやましい限りです。
ooiさん おめでとうございます。
タイでチョイノリが元気に走り続けられるように維持整備頑張ってくださいね!(^^)


おまけ

ooiさんの車体に起きた珍しい損傷
イメージ 3
バルブロッカアーム…
折れることあるんだねえ


チョイノリストあつまれ
チョイノリ仲間のサイト

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事