Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

全体表示

[ リスト ]

プロローグ

「これを買える財力と住居を持つ人は、目的を持ってここに来れば聴くことが出来る。しかし、気軽にこのスピーカーを聴く機会に恵まれて、こんなにもオーディオと音楽は素晴らしいものだったのか、という喜びが広まってくれる事の影響はどうだろうか。」

.......

「こんなに素晴らしいものがあるんだったら、もっと多くの人々に知らせなければ!」そして、「売れる売れないは関係ない、むしろ、一生の目標として記憶するにふさわしい音質、究極ともいえる理想の到達点の音を提示する事が出来るこのスピーカーを、より多くの人々に知らせる事はハイエンドショップの使命ではなかろうか。」


これは四半世紀前にダイナミックオーディオの川又氏が「音の細道」の第四話「究極の音を体験し、理想の到達点を知ることの価値を問う 」で述べられた言葉です。価格は1500万円、5ユニット構成、片チャンネルの重量は325kg、高さは185cmのゴールドムンドのエピローグを展示するに至った川又氏の決意が文面から伝わってきます。





「Enjoy H.A.L.2019 Vol.4」

先日、ダイナミックオーディオ H.A.L. にて、夢のような試聴会 「Enjoy H.A.L.2019 Vol.4」 が開催されました。試聴室の写真にはたくさんのスピーカーが映っていますが、今回はHIRO Acoustic MODEL-C8CS のみが使われました。

イメージ 1


試聴会で使われた主要な機器は下記の通りで、国内メーカーのみで構成されていましたが、ケーブル類はWireworldやTransparent等の海外メーカーのものが多用されていました。
  • CD/SACD Transport ESOTERIC Grandioso P1X
  • D/A Converter ESOTERIC Grandioso D1X
  • Pre Amp ESOTERIC Grandioso C1
  • Channel Divider Accuphase DF-65
  • Power Amp ESOTERIC Grandioso M1 x 8
  • Speaker System HIRO Acoustic MODEL-C8CS

今回の試聴会では Accuphase のデジタルチャンネルデバイダー DF-65 と ESOTERIC のモノラルパワーアンプ Grandioso M1 8台を使ってHIRO Acoustic MODEL-C8CS をマルチアンプ方式で鳴らされました。ダイナミックオーディオで Accuphase の製品を取り扱うようになったことによって試聴会で使われる機器の選択肢が広がったのは嬉しいことです。ESOTERIC Grandioso クラスのデジタルチャンネルデバイダーを製品化してくれればなどと期待は膨らみます。


デジタルチャンネルデバイダー DF-65の設定は下記の通りです。MODEL-C8CS の後方の4個のユニットはサブウーファーとして160Hz以下を受け持ちます。
  • トゥイーター カットオフ周波数                                  3550Hz -18dB/oct
  • ミッド カットオフ周波数              400Hz -18dB/oct    3150Hz -18dB/oct
  • ウーファー カットオフ周波数      160Hz -18dB/oct    355Hz -18dB/oct
  • サブウーファー カットオフ周波数 160Hz -18dB/oct

合計16個の22cmのユニットの写真を見て MODEL-C4CS 以上の低音の量感を求めていると誤解をされそうですが、川又氏は4個のユニットをサブウーファーとして使用することによって、160Hz -355Hzの帯域を受け持つウーファーが混変調を受けることなく中低音域をよりクリアに再生することを主目的をされています。

試聴会はまず後方のサブウーファーをオフにして MODEL-C4CS としてキースジャレットのケルンコンサートのCDを再生、次に、上記の設定で MODEL-C8CS で鳴らされました。特に重低音の入っていないピアノソロの音源を使いウーファーを160Hz以下の再生から解放することによって、中低音域がよりクリアになることを実演されました。

その後は川又氏の選曲で約2時間、ベスト(前列のセンター)ポジションを一曲ずつローテーションで替わりながらの試聴となりました。参加人数を制限した上で、ベストポジションを交代しながら聴く形式は有難いです。 MODEL-C4CS は音場感が広いスピーカーですが、やはりベストポジションでの音は格別です。録音に拘ったCD/SACDの再生もありましたが、録音がハイエンドの機器での再生を主ターゲットとにしていないビートルズや松田聖子のCDも川又氏の解釈付きで試聴しました。最近のビートルズのCDはプロデューサーが変わり、ビートルズメンバーの声がより自然に再生されるようになりハーモニーが美しいです。

川又氏より事前にCDの持ち込みは可(試聴は一曲まで)と伺っていましたので、当初は山下達郎の「アトムの子」を予定していたのですが、試聴会の前日改めて聴いてみて重低音が少ないことと音場感が狭い理由で、私が当日持ち込んだCDは若手有望株のパーカッショニスト Martin Grubinger の 「Drums 'n 'chant」 です。

Martin Grubinger 「Drums 'n 'chant」はパーカッションとグレゴリアンチャントとのコラボレーションのCDですが、Martin Grubingerはビッグバンドとの共演もありコンテンポラリー・ジャズの要素も感じます。このCDは普通のシステムで聴くと、演奏(録音も)の本当の良さは伝わらないようで日本や米国のAmazonでの評判はあまり宜しくありません。

お勧めのYouTube
Martin Grubinger and The Percussive Planet Ensemble - live at the ESC Eurovision Song Contest 2015


Martin Grubinger 「Drums 'n 'chant」
イメージ 2



HIRO Acoustic MODEL-C8CS で聴く Martin Grubinger 「Drums 'n 'chant」 は別格なオーディオ再生で、演奏良し・録音良しを存分に堪能しました。 まるで H.A.L の試聴室の天井が取り払われたかなのような空間(時空も)表現には「オーディオ的快感」すら覚えます。硬性の高いユニットにアルミニウム合金で作られた密閉タイプのエンクロージャーから生み出される質の高い低音あっての音楽再生なのでしょう。

前回行われた MODEL-C4CS の試聴会の参加者の感想で、 「輪郭をなでることができるような低音」 「彫りが深さく見える低音」と述べられていましたが、MODEL-C8CS を聴いて私も同じような感想を持ちました。

HIRO Acoustic MODEL-C8CS で聴いた Martin Grubinger 「Drums 'n 'chant」 は16ビット・44kHzのパッケージメディアにかかわらず、私が今まで最高の音楽再生でした。曲の終わりころには感動で目頭が熱くなりました。





エピローグ

「これからは売るだけの専門店でよいのか、目標と夢を与える試みは経費のむだ遣いか、売上げには直結しない試みをする店が日本に一つくらいあっても良いではないか。そして、こんな私の職業と営業方針に対する素朴な疑問に対して、実に多くの反響が寄せられたのである。多くの皆様のご意見が輸入商社の存在価値を高め、ハイエンドショップとして情報提供能力のレベルを高め、音を追究していく姿勢と活動を促す事になったのである。」

上記はプロローグで紹介した「音の細道」で川又氏が四半世紀前に述べられた言葉です。一昔前、世界一の電気店街の秋葉原にあれほどあったオーディオ店が今では数えるほどに減少している現実を考えると、ダイナミックオーディオおよび H.A.L.の理念が間違っていなかった証でしょう。

今回、夢のようなシステムで音楽を聴く機会があり、その結果も心に一生残るほどの完成度で、いろいろ感じるところのある試聴会でした。


閉じる コメント(12)

ナイス!!

2019/4/16(火) 午前 9:21 [ nightwish_daisuki ] 返信する

顔アイコン

> nightwish_daisukiさん

ナイス、ありがとうございます。

2019/4/16(火) 午後 1:18 [ Myu ] 返信する

顔アイコン

これからこのご体験をご自身のオーディオにどう落とし込まれていかれるのか、いい体験になったようで何よりです。

片道3時間でしたか?その熱意にも感服です。

2019/4/16(火) 午後 4:10 ゴルゴ平蔵 返信する

顔アイコン

> ゴルゴ平蔵さん

平蔵さんの所から東京へは新幹線一本で行けるから便利ですね。

Martin Grubinger 「Drums 'n 'chant」を是非平蔵さんにソナスで聴いてほしいです。

2019/4/16(火) 午後 8:35 [ Myu ] 返信する

顔アイコン

早速注文しました。アコースティックアーツのノーコンプレッションシリーズは使われていましたか?

2019/4/16(火) 午後 9:26 ゴルゴ平蔵 返信する

顔アイコン

> ゴルゴ平蔵さん

今回の試聴会ではアコースティックアーツのノーコンプレッションシリーズは使われませんでした。川又氏は3曲目を良く使われるようですね。

Martin Grubinger 「Drums 'n 'chant」、平蔵さんの感想が楽しみです。気に入って貰えれば嬉しいのですが....

2019/4/16(火) 午後 10:49 [ Myu ] 返信する

Myuさん
DRAMS'N'CHANTは、低音のトランジェントを確認する時によく使っていました。
低音までの解像度が良く、空間再現に優れ、かつ重低音も再生できないと良さが出せないアルバムだと思います。
うまく鳴らせば、壮大なスケール感が得られます。
川又さんもデモに使う選曲がうまいですね。
ましてやこのアルバムを感動レベルで鳴らせるシステムは数少ないと思いますが、試聴会では何曲目が演奏されたのでしょうか?

2019/4/18(木) 午後 6:00 [ 京都のまつ ] 返信する

顔アイコン

> 京都のまつさん

DRAMS'N'CHANTは私が持ち込んだCDで7曲目を掛けて頂きました。私もこのCDはAS250を導入してからその音源の良さに気づきました。

>>低音までの解像度が良く、空間再現に優れ、かつ重低音も再生できないと良さが出せない

私も同感です。低域がしっかり出るスピーカーでそれなりの音量で聴くと「壮大なスケール感」が堪能できますよね。

まつさんとこのCDの良さを共有できて嬉しいです。

2019/4/18(木) 午後 8:13 [ Myu ] 返信する

Myuさんが持ち込まれたのですか。
小生も、Antiphona:Crucem tuam adorams
ではないかと思っていました。
4曲目のkyrie XIVもいいですね。

2019/4/18(木) 午後 8:37 [ 京都のまつ ] 返信する

顔アイコン

7曲目のAntiphona:Crucem tuam adoramsは凄い録音ですよね。ダイナミックレンジが広く奥行感とかなり出ていますので、大音量で聴くとオーディオ的快感が味わえますね。

4曲目のkyrie XIVはいろいろな要素が入った曲で素晴らしいですね。

2019/4/18(木) 午後 9:43 [ Myu ] 返信する

Myuさん こんにちは!

ちょっと風邪を引いてしまいコメントがおくれました ^ ^

早速、入手して聴いております。
どの曲も良いですねー。

試作の小型2wayスピーカーなのですが、感動しております!!

良い音楽を、ありがとうございます

2019/4/20(土) 午後 2:56 Woody&Allen 返信する

顔アイコン

> Woody&Allenさん

気に入って頂き嬉しいです。「試作の小型2wayスピーカー」ですと音場感を十分に感じて頂けたのではないでしょうか。

MODEL-C4CSには及びませんが、太鼓型スピーカー+AS250でも、このCDの良さが十分に満喫できます。

2019/4/20(土) 午後 5:20 [ Myu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事