Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

全体表示

[ リスト ]

先日、妻と一緒にお伺いした伊豆高原のY様宅で聴かせて頂いたモノラルレコードに感激しました。私には演奏のことは良く分かりませんが、録音が素晴らしいです。オーケストラの奥行き感が自然で、音場派の私にはストレスを感じることなく演奏に没頭できます。1950年代に、このような素晴らしい録音技術がすでに確立していたのですね。

ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調
  • ヨハンナ・マルツィ(vn)
  • フェレンツ・フリッチャイ指揮
  • RIASベルリン・ドイツ交響楽団
 
イメージ 1


ヨハンナ・マルツィは1924年にルーマニアで生まれ、ハンガリーで活躍した女性ヴァイオリニストだそうです。このドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調は1955年にモノラルで録音されています。

最近、私は録音時期が新しく特に録音の良さで評判の交響曲をCDで聴いているのですが、今回のモノラル録音のレコード再生には目から鱗でした。Y様に感謝。

Y様のセンスの良い部屋とシステム
イメージ 2
* 写真は昨年お伺いした時のものです。


閉じる コメント(6)

ナイス!

2019/4/28(日) 午前 10:16 [ mizu ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。ナイスです。

モノラル録音全盛時代である50年代のJAZZレコードも、同様に、奥深いサウンドステージが展開されますよ。ご参考までに。(^ω^)

2019/4/28(日) 午後 1:25 [ mm ] 返信する

顔アイコン

mizuさん

ナイスありがとうございます。

2019/4/28(日) 午後 1:47 [ Myu ] 返信する

顔アイコン

> mmさん

「奥深いサウンドステージ」を感じる録音は演奏の良さをより引き立てくれます。半世紀以上前に録音され、今でも聴かれている名盤には理由があるのですね。

2019/4/28(日) 午後 1:53 [ Myu ] 返信する

モノラル音源時代のJAZZ名演も数多ありますが、濃密なプレイバックで引き込まれるものが多いですね !!!

2019/4/28(日) 午後 5:01 [ ogu ] 返信する

顔アイコン

> oguさん

モノラル録音でも優れたものは音場感が十分に感じられるのが不思議です。現代の録音のように変な加工をしていない分、時間情報が正確に入っているのでしょうね。

2019/4/28(日) 午後 8:20 [ Myu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事