社会活動

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

ナップス広島店さんで、チャリティ商品販売を開始しました。
こちらも売上げは全て義援金になります。が、この企画の主眼は義援金だけではなく、多くのバイク乗りさん達に、こちらの商品を買いに広島まで遊びに来て欲しい、んでついでに倉敷にも遊びに行って欲しい、っていう趣旨です。

これらの商品は、ナップス広島店でしか入手できません。(^^
ようやく猛暑も終わり、ツーリングに最高の季節ですね。
是非、広島から倉敷、遊びに来てくださいね。

イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(5)

義援活動第二弾

倉敷2りんかんにて、第二弾が始まりました。
趣旨に賛同いただいた印刷所からの提供により、Tシャツ+ステッカーのセットで爆安1080円!
この企画の売上げは全て被災地の義援金になりますが、売上額は第一の目的ではなく、倉敷まで遊びに来てくれる人を増やすのが目的になります。その趣旨は、前回の企画第一弾と変わらず。

そろそろ暑さも和らいできましたね。
是非、倉敷に遊びに来てください。

イメージ 1

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

この度の水害について、各々が出来ることを少しずつやりましょう。
というわけで。チャリティステッカーを製作し、地元の倉敷2りんかんさんに置いていただく運びとなりました。
このくらしきちゃん(猫耳Ver.)ステッカーは、通販しません。倉敷2りんかんでしか買えません。
なので、がんばって走って行ってください。

ステッカー1枚ごとに全て異なるシリアルナンバーが印刷されています。
価格は1080円です。そのまま被災地域の義援金になります。

ライダーが最も得意なこと。それは走り、旅をし、遊ぶことである。
ライダー各位、是非倉敷2りんかんで買い物をし、倉敷市内を大いに観光していただきたい。

観光地は被害がなかったにも関わらず、観光客のキャンセルが相次いでおり、見込んでいた観光収入が激減していると聞く。ならば、いつもは人でごったがえす観光地が、今はガラ空きだ。この絶好の機会を逃す手などありはしない。旅をし、遊ぶこと、それこそが我々ライダーの被災地支援なのだ。


倉敷2りんかんブログはこちらです。
http://2rinkan.blog.jp/kurashiki-2rinkan/2079150


イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(36)

「昔から存在し今も確かにあり近い将来にはより根深さ厄介さが露呈すると予想される差別の一種」として「被曝による遺伝影響への懸念」がある。
これは解消可能なのだろうか。ぼくは不可能と思う。
人間は生来差別的な生き物だから。
なので「差別による被害の軽減」を目指すべきと思う。

差別被害軽減方法としては、
A●『科学的観点では遺伝影響が出る確率はゼロか、もしくは天文学的に低い確率であることの周知』
B●『被曝者本人および2世に、あるいは3世まで何らかの形で公的な補償を確約する』
これら2つの面が両方必要と思われる。

A●の方法だけでは、差別は勿論、差別被害もなくならないし被害軽減度合いも少ない。
何故なら人間の生活や判断ってそんなに論理的にできてないからだ。
広島長崎の原爆被害では実に多くの人が2世代3世代にわたって差別に苦しんだ。

B●の方法だけでは、差別被害をお金に換えることで「傷口に多少の薬をつけて絆創膏を貼る」ぐらいの効果はあるけれど、人間お金だけが幸せの基準じゃないよね。
でも広島長崎の原爆被害ではこの補償が弱かったのではないかという反省もあり、今後もそうかもという危惧もある。A●とB●を両方やることで、ようやく差別被害軽減効果が多少あると思う。
が、A●は論者によっては「遺伝影響の確率はゼロではない」との主張もある。
またB●は「被爆者手帳を国家が配布することは国家が被曝影響(遺伝など含む?)を公認する」形で差別を助長する恐れがある。

ややこしくなってきた。
A●論は少数派だが無視できない数の支持を得ている反対意見がある。
B●を行うには「何らかの被害がある」ことが前提とならなければ補償に割く予算が不十分になったり人や地域によって補償が受けられないかもしれない。だからB●を進めたい人はA●の主張に易々と乗るワケにはいかない面がある。
AB両方なければ威力が少ないのに、Aを立てればBが立たない可能性があるのだ。
その上現在のネット世論は双方が互いを「呪いをかける差別主義者」などとウンコを投げ合っている。おちつけよ。

なのでぼくは提案したい。
A'●『科学的観点では遺伝影響が出る確率はゼロもしくは天文学的に低いが、にも関わらず多くの人は変わらず差別を行う。それは解消不可能である』と主張を現状に合わせて改変する。
B'●『被災県民のうち福島県にのみ特例として、原発事故について政府の不始末および国民の無理解に由来する社会的被害について公的な補償を被災2世場合によっては3世まで確約する』とする。
つまり「差別は否定し続ける。だが無くならない」と自覚しつつ、「福島県にかかる補償の根拠となる理由から放射能影響の文言を外す」この2点が必要なのではないだろうか。

これじゃ国家の予算を使いすぎる、というツッコミはあるだろう。

しかしちょっと乱暴に言えば「福島県に限ってだけは、大いにばらまきゃいいじゃん」とぼくは思う。
政府および国民には、今まで原発災害で起こる差別や社会的被害に備えてこなかった責任があると思う。
ヤクザの手打ちみたいで嫌だ、との意見は甘受する。

科学や政治には反対意見がつきものだ。しかも決着がつくまで恐ろしく時間がかかる。
差別論にいたってはその内容や論点は奇怪なまでに複雑になるので、精緻な議論に多くの人がついて行けないか、あるいは双方感情論、つまり喧嘩に終始してまともな議論が不可能だ。

でも忘れちゃいけない。
ぼくらはややこしい議論に決着がつくことを優先させるべきか? 違うだろ。
昔からあり、今も未来にもきっとある差別による被害を軽減するために現実的な方法を今から練っておくこと。
それが最優先されるべき、とぼくは思う。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

もし、このテキストが何かの参考に、皆さんが考える際のネタになれば、とても幸いです。
私は特に何の専門家でもありませんので、専門的なことを質問されたりつっこまれたりしても、あまり良い答えはできないと思いますので、その点すみませんがご了承ください。
また、私の考えに全く同意できない、あるいはお花畑に過ぎる、との意見も無論あるでしょう。それはそれでよいと思います。
私は誰かを教えに導くような立場にありません。
私は読んでくださった方が今後どのような考えに進まれるかはともかく、ただ思考し続けることのみを願っています。

文責:八的暁

開く コメント(2)

To sail beyond sunset

西暦2012年10月17日。
51年に亘って宇野−高松間を航行し続けた宇高国道フェリーが休航となる。
今日は、雨。
イメージ 1

イメージ 2

売り場の記念グッズ類は全てなくなっている、とのことだったので、手持ちのステッカー(フェリーネタではないが…)を持って行った。
イメージ 3

無料配布したらネコミミシリーズは速攻でなくなった。
オタクっぽい人達はあまりいなかったのだが。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今後、なんらかのオファーがない場合、三姉妹は宇宙に旅立ちます。(笑)

うちのキャラクター達が航路の延命にどれほど寄与したかは疑問だが、しかしそれなりに多くの人々の目を楽しませることはできたのではないかと思う。



開く コメント(19)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事