ここから本文です
鉢植えで果樹栽培
軒下で果樹を育てて4年目に入りました。 ⇒冬はスキーの話題が多くなります。

実家の野菜

週に1回は、実家に野菜を仕入れに行きます。


秋に定植した、紅伊豆3年生(売れ残りを半額で購入)です。
花穂が沢山出ていました。
イメージ 13 イメージ 14


以降、栽培しているのは、オヤジです。
玉ねぎは、小さいですが、サラダで食べるのに丁度良いです。
イメージ 1 イメージ 2


大根(2回目の種まき分)       大根(1回目の種まき分)
イメージ 3 イメージ 4


人参                 ニンニク(順調そうです)
イメージ 5 イメージ 6


なばな(撤収待ち)          ほうれん草とうたち(撤収待ち)
イメージ 7 イメージ 8


ジャガイモの芽            ブロッコリー(撤収待ち)
イメージ 9 イメージ 10


エンドウ、ようやく食べられる状態になりました
イメージ 11 イメージ 12


稲のハウスです。4/27に田植え予定と言っていました。
イメージ 15 イメージ 16


スイカです              甘夏がまだ成っています。
イメージ 17 イメージ 18

メロンの摘芯

脇芽2本を伸ばす作戦に出た。


昨年:
1本をそのまま伸ばした。
12節で受粉失敗し、結局、受粉に成功したのは、20節以上でした。
メロンの鉢植えは、3mを超え、取り扱いに苦労し、結局
収穫はでず枯れてしまった。

今年:
作戦は、摘芯し、脇芽2本を伸ばし、12節で受粉させ、
脇芽2本にそれぞれ1個づつなれば大成功とする。
今年は、接ぎ木苗を購入したので、昨年より病気に強い。

摘芯前                摘芯した蔓の先
イメージ 1 イメージ 2

摘芯後             脇芽2本を巻き付けて、2m以内で育てる
イメージ 3 イメージ 4

柑橘、柿に良い知らせ

今年は、収穫できるかも


柿(市田柿)に花芽ができています。初めての事です。
桃栗3年、柿8年といいますが、このまま順調に育てば、
4年で収穫したことになる。

柑橘(日南の姫)は、極早生みかんです。
初めて花が咲きそうです。
イメージ 1 イメージ 2

ぶどう

ブドウの世話をしまいた。


天気が良く、充実した世話が出来ました。
虫捕り用の粘着テープを取り換えました。
イメージ 1 イメージ 2


新品の粘着テープに変えます。
イメージ 3 イメージ 4

ブドウの棚にブル下げてから、白い覆いをはがします。
イメージ 5 イメージ 6


ゴルビーは、毎年絶好調です。
この冬に、半分に強剪定し、切りつめましが、影響なく花穂が付いています。
イメージ 7 イメージ 8


シャインマスカットも半分に強剪定しています。
相変わらず、花穂が付かないです。
イメージ 9 イメージ 10


藤稔、相変らず樹勢だけが良い   
ピオーネは、虫に食われたので慌てて全ブドウを消毒した               
イメージ 11 イメージ 12


高級なクインニーナは、まだ幼樹で実ったことがありません。
イメージ 13 イメージ 14

岐阜県関市を旅しました。


日龍峰寺
岐阜県関市下之保4585
駐車場、拝観料ともに無料

「日龍峰寺」は、昨年暮れのNHK行ゆく年くる年で紹介されました。
岐阜県で最も古いお寺です。

山門
イメージ 1

本堂
イメージ 2

山寺の鐘は、余韻が心地よいです。
山々にコダマし、いつまでも響いている。
イメージ 3 イメージ 6

多宝塔(重文)            御朱印
イメージ 4 イメージ 5


宗休寺(関善光寺)
岐阜県関市西日吉町35
駐車場、拝観料ともに無料

京都、奈良と違い、駐車場も拝観料も無料なのがありがたいです。
イメージ 7 イメージ 8

善光寺の鐘は、裾が波打って広がり、低い音でした。  御朱印
イメージ 9 イメージ 10


道の駅、「平成」です。朝10時から満車でした。
カメラで道の駅の看板を撮影している方が沢山いました。
イメージ 17 イメージ 18


食事ができます。           春日神社(重文)
イメージ 11 イメージ 12

弁慶庵(ガイドの方の説明付き)    刃物会館(販売していました)
イメージ 16 イメージ 15


関市の祭りでした。          おまけ:祖父江の善光寺(愛知県)
イメージ 13 イメージ 14

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事