ここから本文です
鉢植えで果樹栽培
軒下で果樹を育てて4年目に入りました。 ⇒冬はスキーの話題が多くなります。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

実家で野菜の収穫

1週間でこれ位食べます。


1か月前のこと、オヤジが、土をネギに高く積み上げていました。
1か月後の今日、掘ってみたら、白い部分が長く成っていました。
(作戦成功の様です)
イメージ 5 イメージ 6

また、なばなは、成長時期になりました。収穫が追いつきません。
イメージ 1 イメージ 2

なばなは、脇芽を切り収穫します。
イメージ 3 イメージ 4

ネギとなばなの写真は、我が家で1週間で消費する量です。
ネギ好き、なばな好きで朝、昼の弁当、夜と三食食べます。

実家の庭では、梅が咲き始めました。
イメージ 8 イメージ 7

アールスメロンの種

アールスメロンの種蒔き準備


「プチトマト」さんの情報で
「種を懐で温めて芽出しする。」を実行に移しました。


昨年秋にアールスメロンを食べ、種を取りました。
イメージ 1 イメージ 2


キッチンペーパーに5粒づつ包み、水で濡らしました。
ジップロックに入れた後、ダウンポケットにしまいました。

今日の種の状態            キッチンペーパーに小分けする
イメージ 3 イメージ 4

水で濡らす
ジップロックに包み、ポケットへ入れる
(夜は、パジャマのポケットに入れる様です)
イメージ 5 イメージ 6

甘夏

1ヶ月貯蔵した甘夏を試食した


1月初旬に収穫した後、玄関でビニール袋内で貯蔵した甘夏、
酸が抜けたか試食してみた。
(1月初旬の収穫直後は、すっぱ過ぎて食べられなかった甘夏である)

感想:
・瑞々しさは残っている
・酸っぱさはない(酸抜き成功)
2月に食べたいなら、上記方法で良い。

3月に食べたいなら、3月に収穫して直ぐに食べると良い。
・もっと粒々感、プチプチ感を楽しめる
・もっと肥大化し、実がパンパンになる
・糖度が増している(1月程の酸味はない)

皆さんは、どちらで食べますか。


1月初旬、収穫後に袋に入れた     八朔よりゴツゴツ感がある
イメージ 3 イメージ 1

剝いた後の皮             出来上がり(八朔より瑞々しい)
イメージ 2 イメージ 4

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事