ここから本文です
鉢植えで果樹栽培
軒下で果樹を育てて4年目に入りました。 ⇒冬はスキーの話題が多くなります。

書庫

記事検索
検索

梨、赤星病に感染

赤星病は、毎年感染している。


今年も、赤星病が発生しました。
葉っぱに、オレンジ色の斑点が付きます。
放置すると、胞子が飛び感染が拡大します。
⇒対策は、発病した葉っぱを取って捨てます。

3日前に、梨の赤星病を撲滅しようと、消毒したが、
既に感染していたようです。

症状:オレンジ色の斑点が現れる   感染した4枚を切り離し、捨てました
イメージ 1 イメージ 2

梨(豊水)は、8月に収穫します。
例年ですと、これから夏の収穫に向けて、
感染した葉を捨てるため葉っぱが少なくなっていきます。


梨、結実

ラフランス、豊作の予感


ラフランスは、受粉時に半数を摘蕾しましたが、
それでも、こんなに結実しました。明日、摘果しますね。
イメージ 1 イメージ 2


豊水は、結実しているのかよく分かりません。様子見です。
イメージ 3 イメージ 4

梨の受粉

梨(ラフランス、豊水)の受粉をした


朝から暖かく、良い天気です。
ラフランスは、満開  豊水は、5部咲きです。

お互いの花粉で受粉してあげました。
ラフランス:今年は、花芽が多い。花芽に着く花の数も多い
イメージ 1 イメージ 2

豊水
イメージ 3 イメージ 4


ラフランスを受粉するには、
①豊水から花を採取する。
(花びらがしっかり開き、花粉が乾いている花が良い)
②花びらを落とす
イメージ 5 イメージ 6


③ラフランスの雌しべに花粉を付ける
この時
④枝に花芽が多い場合は、花芽(数花)ごと落とす
⑤花芽に数花咲くので、未熟な花、他の枝に当たる花、上を向いている花
 などを摘花し、4花にする(のちに行う、摘果作業を少なくするため)
イメージ 7 イメージ 8

梨の花がもう一息で開花します。


出張から帰りました。
梨の花は、週末に咲きそうです。

ラフランス              豊水
イメージ 1 イメージ 2

新幹線から富士山を撮影
イメージ 3 イメージ 4

果実全員集合

梨の花が先に咲きそうな気配


梨の蕾がピンクがかって、いよいよ開花まじかです。
梨2種、同じ時期に咲きそうなので、授粉ができそうです。
(ただ、明日から3日間、出張で家を空けるので心配です)
イメージ 3 イメージ 2


本日朝は、寒かった。地温は5度です。
でも、天気が良いので、全ての果樹を南に移動し、
太陽に当てることにしました。
イメージ 1 イメージ 4

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事