ここから本文です
鉢植えで果樹栽培
軒下で果樹を育てて4年目に入りました。 ⇒冬はスキーの話題が多くなります。

書庫

記事検索
検索
梨の花は散りました


あと1週間まてば、小さな実を付けるでしょう。

豊水                 ラスランス
イメージ 1 イメージ 2




豊水:満開 ラフランス:8分咲き


梨の花が咲いたので、受粉をしました。
花を一輪取り、花弁を落として、がくを持って花粉をめしべにつけました。

花を取る               花びらを落とす
イメージ 1 イメージ 2


通常、1つの花芽に数個の花が咲く。受粉時にプロは、二輪だけ受粉し、
この段階で花を落とします。
僕は、せっかく咲いた花なので全部に受粉させます。
2週間すると、1か所に数個の実がなります。その時、大きな2個を残し
摘果します。

豊水に受粉する            まだ、1mに満たない木です
イメージ 3 イメージ 4

ラフランスに受粉する         2m位の木です
イメージ 5 イメージ 6

梨の花芽には、数輪の花が咲く


梨は、受粉樹が必要です。かつ、受粉させるためには、
2品種の開花時期が合わなければいけません。
蕾の状態がらすると、開花時期はほぼ同じと予想します。

豊水の蕾               ラフランスの蕾
イメージ 1 イメージ 2

5個収穫した。


11月まで木に成らせておくと、木の上で熟るようです。
5個収穫しましたが、いずれも黄色くすぐに食べられそうです。
最大のラフランスは、182gでした。
イメージ 1イメージ 2

最近、ラフランスが落下し始めた


ラフランスの袋は、白色と黄色を利用している。
落下するのは、白色のラフランスです。
日光を浴びて熟すのが早いのでしょうか。
白色の袋のラフランスは、黄色になっている
黄色の袋のラフランスは、青いままです

イメージ 1イメージ 2

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事