ここから本文です
鉢植えで果樹栽培
軒下で果樹を育てて4年目に入りました。 ⇒冬はスキーの話題が多くなります。

書庫野菜総合

記事検索
検索

実家で野菜の収穫

週に1度は、実家で野菜を収穫しています。


野菜が無くなると、実家のおやじに野菜をもらいに行きます。
今日は、白菜、キャベツ、大根、ブロッコリー、椎茸でした。
(白菜、キャベツ、大根は、すぐに花が咲きます)

白菜の外葉を剝いていたら、虫が出てきました。(ゾクゾク)
オヤジに、「この虫何とかならないの」と言うと
オヤジ曰く、「消毒してないからしょうがない」
だけど、食事の時に思い出しそう。。。。
イメージ 1 イメージ 2

大根は、いびつですが、味に変わりなし  おまけ:実家の紅梅
イメージ 3 イメージ 4

椎茸は、温かいので成長が早く、すぐに平たくなります。
イメージ 5 イメージ 6

野菜の収穫

野菜が無くなると迷わず実家で調達


今日は、かぶら、ブロッコリー(脇芽)、チンゲン菜を目的に
一路、実家に向かいました。

かぶらは、そろそろ終演です。
暖かくなると丸いかぶらが、上方向に伸び始め長く成ってしまいます。
イメージ 1 イメージ 2


ブロッコリーの脇芽も取りつくした感があります。
期待のチンゲン菜は、花が咲いていました。(残念)
イメージ 3 イメージ 4


エンドウ、そら豆は、未だ小さいです。   
そら豆には、寒いのにアブラムシがたくさんいました。(放置)
イメージ 5 イメージ 6


キャベツ、白菜は、まだいけそうです。
イメージ 7 イメージ 8


大根も全然問題ないです。      
春キャベツは、鳥が食べる前に網をかぶせて欲しいですが、
オヤジ動かず様子見だそうです。
イメージ 9 イメージ 10

実家で野菜の収穫

1週間でこれ位食べます。


1か月前のこと、オヤジが、土をネギに高く積み上げていました。
1か月後の今日、掘ってみたら、白い部分が長く成っていました。
(作戦成功の様です)
イメージ 5 イメージ 6

また、なばなは、成長時期になりました。収穫が追いつきません。
イメージ 1 イメージ 2

なばなは、脇芽を切り収穫します。
イメージ 3 イメージ 4

ネギとなばなの写真は、我が家で1週間で消費する量です。
ネギ好き、なばな好きで朝、昼の弁当、夜と三食食べます。

実家の庭では、梅が咲き始めました。
イメージ 8 イメージ 7

ケール出没

一昨年に落ちた種から発芽した。


一昨年、ケールを刈り取り種を乾かして置いたら、サヤが割れて
いろんなところに飛び散りました。

1年半後、敷地の砂利の間や、イチゴのポットから
ケールが勝手に発芽してきました。(種まき省略できそう)

イチゴのレッドパール         敷地の砂利
イメージ 1 イメージ 2

水菜をカット

水菜を再生させるため、カットした


水菜が大きく、硬くなりました。
先日、皆様から、水菜は、ネギのごとく再生することを
教えていただき、早速、まねてカットしてみました。
何日待てば再生するのかな。
イメージ 1 イメージ 2

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事