全体表示

[ リスト ]

鶏もも肉の柚胡椒炒め

イメージ 1

イメージ 2

私にとって肉と言えば、鶏肉(親鶏)です、あのコリコリとした食感がたまらなく好きだ!。むろん地鶏も美味しいが、価格が高すぎる、庶民の鶏肉とは言えまい!。今回は頂き物の、水菜と共に盛り付けました、また、玉葱の皮の煮汁で染めた、半熟卵を添えたが、今回は漬け込み時間が短すぎ、オレンジではなく、黄色になってしまったのが残念だ!。近日中にオレンジ色をアップします。


材 料

 ・親鶏もも肉
 ・水菜
 ・玉葱の皮
 ・茹で玉子(半熟)
 ・柚胡椒
 ・日本酒少々
 ・塩
 ・黒胡椒
 ・ニンニク
 ・オリーブオイル
 ・バター

作り方

  1.鶏肉は1cm厚に切り、長さを半分に切る
  2.柚胡椒に日本酒と塩を加えてゆるめ、1の肉に揉み込む
  3.水菜は3cm長さに切る
  4.水を煮立て玉葱の皮を入れす2分間煮るとオレンジ色になる、これを濾して塩を加え味を整え、
    グラスに茹で卵を入れ、煮汁を注ぐ
  5.フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを低温で焦がさないように炒めて、香りが
    立ったら取り出しておく
  6.5にバターをひき、2の肉を入れ焼き、塩、黒胡椒をふり、味を整える
  7.器に水菜を敷き6の肉を盛り付け、4の玉子を4ツ切りし添える

閉じる コメント(2)

おいらはこの「親鳥」の件について、少々怒ってるんですよ〜! 例の地鶏偽装で『廃鶏』なんて名前で呼ばれてたのが、まさか「親鳥」の事だったなんて!! 人間の身勝手でこんな悪い呼び方をするなんてホント気分が悪かったです! hageGさんや仲良しのちゃかぞうさんから「親鳥」の美味しさを聞いていたから、強くそう思いました!

2007/11/27(火) 午後 9:00 本格的にさぼり中

イチロウさん、その通りですね、私が子供の頃は鶏肉と、言えば雌の親鶏でした、それが作りての効率論から、ブロイラーの短期育成になったわけです。かっては全て地面の上で育てていたのも、効率論からケイジで替われるようになりましたね。

2007/11/28(水) 午前 8:55 hag*g*00*

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事