ここから本文です

書庫全体表示

オオイヌノフグリ

 
オオイヌノフグリが道路脇の小さな空き地一面に咲いていた。
青く澄んだ美しいコバルトブルーの小さな花の絨毯は、まるで緑の葉を地に輝く満天の星空のようです。
ずっと見ているぼくの眼の色が青く染まっていくような気がした。

ぼくのなかでは、なぜかエプロン姿で輪になって踊る少女のイメージがついてまわる可憐な花です。
その小さなことから小紋のイメージが強く、カーテンや服地、お皿の絵付けに似たものを想い起こさせます。
ヨーロッパ原産だとか、古くから多くの人たちに春の訪れを告げ、親しまれてきたのでしょう。

この草花の和名はいただけません。学名のVeronica persicaや英名のBird's-Eyeで呼びたいものです。
大地の星(Earth Star, Land Star)とか、春の星花(Spring Star, Star Flower)なんてどうかしら。
信頼、誠実、神聖、清浄という花言葉も大切にしたいです。レンゲ畠が恋しくなる季節でもあります。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事