ここから本文です

書庫全体表示

「春の訪れ」と題して他のサイトに2005年3月3日の日記に記したものです。
-----の部分は、他の方のコメント(ここでは割愛)を挟んでいます。

図書館から出るとき、甘い香りに触れた。
思わず誰かとすれ違ったかと振り返った。
オートドア越しに目にしたのは、
花瓶に生けたフリージャの花だった。
一年振りの懐かしい香りに、春の訪れを感じた瞬間だった。

笑顔のぼくを見ている人はいなかった。
ぼくだけの秘密のようで、余計にうれしくなった。

-----

オオイヌノフグリ、学名のVeronica persicaや
英名のBird's-Eyeで呼びたい澄んだ青が可憐な野草。
ヨーロッパを想像させます。

     犬ふぐり星のまたたく如くなり(高浜虚子)

満天の星をイメージさせます。
花言葉は、信頼、誠実、神聖、清浄だとか、検索で知りました。

-----

絵皿やカーテンなどなどデザインの代表的なモデルのようです。
大草原の小さな家の子供たちのイメージでしょうか。
あどけない少女といった感じのする花ですね。























 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事