緑茶麦茶とポケモンと。

非公式優勝,準優勝,色々。実績はTOPを見てください

ポケモンXY&ORAS<ダブル>

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ ]

【おまけ】ASIACUP戦績。


ほんとはこれについても構築の記事のほうで書きたかったんですがyahooブログの形式?字数制限?の所為で入らなかったので、こちらに一応。
構築に関しては、というか先にこちらの記事(http://blogs.yahoo.co.jp/hagetaka_z/11126975.html)を読んでください。

携帯、スマホだと上手く表が観れないかもしれません、すいません;

ASIACUPでの戦績
 
H
K
緑茶麦茶
ゆういち
IXI
ぬー
へてろ
みずみ
SNOW
やまちゃー
結果
順位
H
×
×
×
×
×
45
K
×
×
×
×
54
緑茶麦茶
×
×
×
×
54
ゆういち
×
×
×
×
54
IXI
×
×
×
×
×
45
ぬー
×
×
×
63
1
へてろ
×
×
×
×
×
×
×
27
みずみ
×
×
×
×
×
×
36
SNOW
×
×
×
×
54
やまちゃー
×
×
×
63
2


54敗です()
ゆういちさんのバンギの悪の波動で屈しました

午前3連敗でクソナエタ状態だったんですが、午後に連勝で巻き返すも悪の波動の怯みで終了。
「ガルドにせいなるつるぎ仕込んでよかったぁぁぁ……!!?エェェェェアァアアァァァァッァァァオオオオン嘘やろオォォォんん」
ってなりました、あれほど叫んだのは久々でした


あと前歯オンバーンには完敗でした。


以上()
どうも皆さんご無沙汰しております、緑茶麦茶です。
 
先日行われました第5回しゃでオフに私も参加させていただきましたので、オフレポを書かせていただきます。
今回のしゃでオフは先の323日に行われる非公式全国大会「バトルロードグロリア」の関西予選という形になっており、優勝者、準優勝者にはその参加権が与えられるということでした。
 
この記事ではパーティの面子と技、予選の各対戦について簡単に書いていきたいと思いますが、
パーティの詳細(配分やこのパーティを使用するに至った経緯)も後日別の記事で上げたいと思います。
 
 
ちなみに私はしゃでオフの1週間前にカロスダブルを真面目に始めました(白目)
カロスダブル初心者だったので自己紹介でも「ポケモン初心者なので1勝できたらいいなと思ってます><」とかほざいてみました()
でも割と本気で1勝を目標にしてましたw
 
 
◆使用パーティ◆
イメージ 1イメージ 2イメージ 5
イメージ 6イメージ 3イメージ 4

・ウォッシュロトム@たべのこし
10万ボルト、ハイドロポンプ、ひかりのかべ、鬼火
・ギルガルド@ラムのみ
ラスターカノン、シャドーボール、キングシールド、ワイドガード
・バンギラス@ロゼルのみ
大文字、冷凍ビーム、守る、岩雪崩
・ボーマンダ@こだわりスカーフ
流星群、大文字、ハイドロポンプ、岩雪崩
・リザードン@リザードナイトY
ねっぷう、ソーラービーム、守る、オーバーヒート
・ガルーラ@ガルーラナイト
恩返し、猫だまし、グロウパンチ、ふいうち
 

 
1戦目 VS yukiaさん ○
相手がガルドーだったのでこちらは初手にマンダガルーラを選出。
相手にダークホールを打たせる前にドーブルを処理でき、後も上手く回し3-0で勝利。
 

 
2戦目 VS ぺっくさん ○
ゴルーグやヘラクロスといった使用率の低いポケモンが入っていたのでなかなか選出の段階でも悩まされた。
ライボルトとギャラドスを上手く回され苦戦するも、
相手のカビゴンにほぼ仕事をさせず処理できたため、後半で巻き返し2-0で勝利。

 
 
3戦目 VS ジュサローさん ●
相手のパーティにパンプジンが入っているのを見てなかなか厳しいものを感じました。
初手はガルーラマンダミラーになるもこちらは強気に流星群を打ちマンダを処理(多分)
しかし後半、後ろから投げて来たパンプジンを処理できず、逆転される形で0-2で敗北。

 
 
4戦目 VS へるぴんさん ○
ガブマンダガルーラガルドリザサナというパーティ。
途中まで良い勝負で、最後ガブサナvsバンギガルドという形になり、
私はワイドガードを撃つも読まれ、ドラクロムーンフォースでバンギに集中されピンチに。
このときロゼルのおかげでバンギが生き残ることが出来、ガブに冷凍ビームを当てるも、
相手のガブが襷でピンチを脱することが出来ず。。
しかしここで脅威の運命力を発揮し、ガブを凍らせ、次ターンサナでバンギを落とされ、ガルドでガブを処理、
更に次ターンで安全のためキングシールド、そしてサナを処理し2-0で勝利。
よくよく考えるとワイドガードを撃たずガブに集中するのが一番よかったと後で思いました。
(守られていた可能性もありましたがあそこでガブリアスが守る意味はほぼないので集中が一番安全な動きでした)

 
 
ここで一度昼休憩。たこ焼きを食べましたζ*’’)ζ
午前3-1と悪くない成績だったので正直この次点では予選抜けワンチャンあるなと思ってました。この時点では。
 

 
5戦目 VS もうふさん ○
バンギガブリザクチガルドにゴチルが組み込まれたというパーティ。
パーティ的にもゴチルに対しての打点が少なく、立ち回りにもあまり自信がなかったので、
選出の段階でもかなり勝つ自信はありませんでした。
実際ガルーラマンダを選出してしまい、ゴチルで縛られるという形になり、なかなか厳しい感じに。
しかしガブを処理したのち、ゴチルゼルに流星群を急所に当て、更には後ろのクチートのじゃれつくをガルーラが回避し、さらにバンギもじゃれつくを回避するという素晴らしい運命力を発揮し、2-0で勝利。
ちなみにガルーラがじゃれつくを回避したときにクチートに恩返しを撃っていたので、後ろのバンギの文字で処理できました。
あそこでガルーラが恩返しを当てることが出来なければ少しきつかったです。(バンギがロゼルだったのでバンギは回避しなくてもどのみち確実に1回は行動できました)

 
 
6戦目 VS キングフレイムさん ●
ニョログドラでした。
雨に対しての立ち回りを全然考えていなかったのでこれに関しては選出ミスだったなと後で後悔しました。
ガルマンダを選出していたのですが、雨に対してはリザードンを積極的に選出したほうがよかったと思ってます。
相手のクチートのじゃれつく回避や、急所等、基本的にこちらに運が傾いていたにもかかわらず気づいたらあと1手足りず1-0負けてました()

 
 
7戦目 VS れてぃあさん ●
ニクスハッサムリザギャラオンバーンデンリュウという見た目かなり変わったパーティで、選出も戸惑いました。
ハッサムやオンバーンはそこまで苦戦することなく処理できたものの、メガ枠がリザードンだと思っていたらギャラドスで、HPの減っていたロトムをメガギャラドスの地震で落とされそこから一気に形勢逆転され1-0で敗北。
この時初めてメガギャラドスの地震強いなと思いました(
負けましたが熱い試合が出来たのでかなり満足でした。
 

 
8戦目 VS みさおさん ●
初手サナガルドに対しこちらまたもガルマンダという選出。
この試合に関してはガルドに文字撃ったら弱点保険発動してその時点で詰んだなと思いました()
最終的に相手3体(サナガルドで後ろがガブ)しか観ることが出来ず、3-0で完全敗北。
途中深読みしすぎてガルド方向にグロウパンチを撃ってしまい自らワンチャンすら逃すというミスもあった。
弱点保険ギルガルド強すぎ。
 

 
9戦目 VS はくひょーさん ●
ニョロルンパ軸。こちらはガルーラマンダを選出しており、途中までは割とこちらに流れがあったように思われた。対戦してる途中からこちらがロトムを出しているにもかかわらず後ろからライボルトを投げてこないのでこれは後ろガブかアローだなと思ってたら後半になって突然ライボルトが出てきてかなり危ない感じに。
相手のニョロトノが処理できた段階で、猫だましが打てる状態のルンパ&ライボルト、
そしてこちらが残りHP9のガルーラとロトムという並びになり、その時にガルーラを引っ込めバンギを出そうと思ったが、
それを読んでロトム方向に猫を撃ってくるかもしれないと考え、
悩んだ末突っ張ったら普通にガルーラに猫打ってきてその時点で終わりました。
素直に安定行動すればよかった。。最後まで健闘するも1-0で敗北。
 
俺将「ウワァァァァンモオオオオオツッパッテクンノオオオオ」
はくひょー氏「これ最強の一手やろ?」
 

 
10戦目 VS がちゃさん ●
この時点で午後ほぼ全敗で正味萎えてました()
が、この試合勝てばなんとか55敗で負け越しは回避できると思い、
「気持ち切り替えてくゾーいww」とか思ってたら2-0で負けてました(遠い目)
ガルーラが落とされた時点でバンギの処理が非常に難しくなるのがこのパーティの難点だなと改めて感じさせられました。
バンギやっぱ強い。
 
 
 
というわけで結果4-6で完全に養分でした(白目)
 
基本的に今回の予選では全体的に運が良かったにも拘わらず、午後は立ち回りが圧倒的にクソでした。
いかに私のプレイングがクソか、わからされました(;´・ω・)
いつもに比べ深読みしすぎて択を外すというのが後半特に多かったように思います。。
 

決勝、3決はかなり熱かったです。
3決でドーブルが隣の腹太鼓マリルリに変身した時は思わず感嘆の声をもらしてしまいました
また、決勝ではカバプテラという見たことのない組み合わせを観ることが出来、非常に勉強になりました。てかメガプテラってあんなに硬い生き物なのか
 
 
正直1週間前から準備したのでは流石にキツかったです、勉強しなおしてきます
 
前日は朝までパーティ調整してたんですが、結局納得のいくパーティが出来ず、
予選が始まる直前までパーティどうするかめちゃくちゃ悩んでましたw
ちなみに予選開始の直前までガルーラのグロウパンチの枠は守るにしてました。
あとそもそもリザードンの枠に他のポケモンを採用するか凄く悩んでました。
そのあたりに関しても、パーティの詳細記事で書いていきたいと思います。
 
 
とまぁそんなこんなで、負け越したもののとても楽しいオフ会でした、次回も参加出来たらなと思います!
みなさんどうもこんにちは、緑茶麦茶です。
 

少し遅れてしまいましたが、言っていた通り、
本日は私がシーズン1ダブルレートで使用したパーティを紹介しておきたいと思います。
 

 

 
◆手始め砂マリルリ◆
 
最高レート1781
最終レート1763
 
 
●ガルーラ@ガルーラナイト
通常:181-147-100-*-100-156
メガ:181-171-120-*-120-167
配分:6-252-0-*-0-252 陽気
恩返し、猫だまし、守る、岩雪崩
 
このパーティのメガシンカ枠。
とりあえず当時まだ環境がまとまっていなかったため、手始めに強そうなガルーラを使おうということから採用。
基本的にマリルリ、カットロトムとの先発が多かった。
サメ肌ゴツメガブやB特化ゴツメ水ロトムが面倒だったがまぁゴリ押しできるので使いやすかった。
こいつで猫してる間にマリルリが腹太鼓するというパターンも多かった。
 
 
●トゲキッス@リリバ
実値:192-*-125-140-135-135
配分:252-*-76-0-0-180 臆病
エアスラッシュ、このゆびとまれ、でんじは、マジカルシャイン
 
ガルーラを選出する理由が少ないときは大体トゲキッスを選出していた感じはあった。
自分は昔からトゲキッスの使い方が下手で苦手なポケモンだったのですが、今回使ううちに慣れてきて、終盤は選出回数もかなり増えました。
マリルリが隣で腹太鼓するサポートとしてこの指をすることも多かった。その際にメガクチートのアイアンヘッドを吸収することが多く、リリバを持たせると耐えられるのでリリバを採用。
また、当初はマジカルシャインを大文字にしており、ハッサムのバレットパンチをリリバで耐えたあと大文字で返り討ちにするという予定だったのだが、虫食いがない現状ハッサムの個体もそこまで多くないということから、大文字をマジカルシャインにチェンジ。
腹太鼓アクジェでもギリギリ残るクチートをマジカルシャインで倒したり、普通にガブリアスやほかのドラゴンに対して有効であった。
 ※追記 キッスのHは244にして実数値191にするのが天候ダメの効率が良いです。(失念してた)
 
●カットロトム@食べ残し
実値:156-*127-165-127-115
配分:244-*-0-196-0-68 控えめ
10万ボルト、おにび、光の壁、リーフストーム
 
とりあえず鬼火の命中が上がり、さらにハイドロポンプや10万ボルト等の威力低下から耐久ゲーとなることを予想し、鬼火と壁が使え、安定感のあるロトムを採用。
流行りの水ロトムでなくカットロトムである理由は、相手の水ロトムが重かったからというのが大きい。また、現時点でハッサムの数は少ないと考えカットロトムを採用。
しかしシーズン1終盤ではハッサムの数が増えてきて少し辛かった。
配分はC165を確保し、Hは偶数になるように調整、そして水ロトムの上をとれるよう少し多めにSに割いた。
シーズン2ではハッサムの大幅な増加が予想されるため活躍させにくいと思われる。
 
 
●バンギラス@スカーフ
実値:176-186-130-*120-124
配分:6-252-0-*-0-252 陽気
いわなだれ、かみくだく、かわらわり、アイアンヘッド
 
まず環境的にクチートやクレッフィ等の鋼フェアリーという優秀なタイプに対して弱点をとれる地面タイプが強いと考え、バンドリを組もうと思いました。
で、バンギの型をどうするかと一瞬悩みましたが、五世代から愛用していたスカーフバンギを使おうと思いとりあえず育成。
当時の環境ではあまりにウエポンが少なく、正直少し厳しいものを感じました。
アイアンヘッドはフェアリーに刺さるのでまぁまぁ使いましたし、瓦割も壁割れるので悪くはなかったです。まぁ基本的には岩雪崩打っとけって感じでしたけどねw
この技の少なさからバンギに関しては結構特殊スカーフバンギが流行っていたみたいでした。冷凍ビーム10万等特殊方面のほうが確かに技はいろいろありましたしね。ガブに上から冷ビぶち込めるというのはでかかったように思えます。
 
 
●ドリュウズ@球
実値:186-205-80-*-85-140
配分:6-252-0-*-0-252 意地っ張り
ドリルライナー、いわなだれ、守る、シザークロス
 
とりあえず上記の理由からドリュウズを育成。
ちょっと努力値のほうはうっかりしていて残りの6をBに回すはずがHに回してしまいましたw
こちらも技が少し乏しいというか…アイアンヘッドが使えるともっと強くなりそうです。
また、魅力としてはガブリアスより先に行動できるというのはなかなか大きいように思えました。
先ほども言ったようにクチートやほかのフェアリーにも基本等倍以上とれる地面タイプは強いです。
 
 
●マリルリ@オボン
実値:206-112-100-*-102-70
配分:244-252-0-*-12-0 意地っ張り
アクアジェット、じゃれつく、ばかぢから、腹太鼓
 
このパーティの主役。先発にガルーラマリルリorトゲキッスマリルリを並べ、腹太鼓からのアクアジェットで無双という至極単純な発想をやろうということだったんですが、まぁ普通に強かったです。案外決まりますし。
6段階うpしてもメガクチートは倒しきれないことがほとんどでした。大体隣のバンギの雪崩、キッスのシャイン、ガルーラの猫だましを絡めないと落ちません。
マリルリのHPはオボンが発動するように偶数に調整。耐久はDに回してますがBDに分けてもいですし、Sにまわしてもよいと思います。
また耐久面に関してはかなり耐えます、ちょっとやそっとでは落ちません。
1つ難点を上げるとすると、腹太鼓しないと全然火力がありませんので、腹太鼓できなかった時のリスクというか、そこには気を付けないといけませんね。素のアクジェだとファイアローも落とせません。




とまぁだいたいこんなところでしょうか。
このパーティはハッサムとギルガルドがキツく、探せばもっと対応しづらい敵は多いでしょう。

というわけで今後このパーティを使うことはほぼないでしょうw


以上です、ではでは('ω')




P.S.
このポケモンの画像を探してる時に知ったんですが、マリルリの海外名ってAzumarillっていうんですね。


…なんか可愛い(笑


全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事