全体表示

[ リスト ]

            1冊の本が晋遊社から届いた。
 
            何かと思い開封した所・・
 
        サンボの先輩の和良コウイチ氏が著した
 
             「ロシアとサンボ」であった。
 
 
イメージ 1
 
 
        これぞまさしく今俺が読みたかった本であり
 
        引き込まれるように一気に読んでしまった。
 
 
 
 
    帯には「本書によって、ぼくは初めて通史として
 
    サンボの歴史を俯瞰することが出来た。貴重な一冊である」
 
    と夢枕獏氏のコメントと
 
 
 
 
    「昭和の三四郎から一本!
 
         社会主義と柔道に隠されたサンボの真実」
  
             松原隆一郎東京大学大学院教授のコメントがあった。
 
 
 頼まれもしないが俺からもコメント。
 
 「今後これを超える本はロシアでも出ないのでは
  ないか?」 萩原幸之助(特化護身術・靭術代表)
 
 
 強さを万人が認めながらもアフガン侵攻から
 
  オリンピック競技となることを逃したサンボ。
 
 (それだけが理由でなく、ブレジネフ氏の裏話が本に掲載)
 
 
      リングスやヒョードルの活躍で注目されながらも
     一行に日本では普及せず競技人口も増えない
 
        時代の徒花であるサンボ。
 
 
 
  五輪で優勝する実力がありながらも表舞台に決して出ることの
 
  無かったサンボ。
 
  怨嗟・呪詛・地の底に眠るサンビスト達の
 
  呻き声が嘆きが聞こえてきそうである。
 
 
 
 
      「格闘最強国家ロシア」の強さの秘密について
 
     そして定説を覆すサンボの誕生秘話に 
 
     大胆にメスを入れた作者会心の一冊である。
 
 
 
     著者は何かに取り付かれたかのようにロシアを探訪し
 
    執念ともいえるロシア単独取材と調査で得た生の証言は
 
    借り物ではない真実の重さをひしひしと感じさせる。
 
 
 
    古賀先生の本に引き続き良書が世に出るのは
 
    喜ばしい限りである。
 
 
 
イメージ 2
 
    
 
  和良コウイチ氏には心から「ありがとう」
 
 
  そして「お疲れ様」と労をねぎらいたい。
 
   
 
  萩原サンボスクール→http://www.sambo.jp/
 
 和良氏のブログ→ http://warakoichi.blogspot.com/
 
  永久凍土が氷解したかのような鮮烈かつ強烈な読後感。 
 
  みなさん、是非ご一読下さい。
 
  絶対お勧めの1冊です!
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ご紹介どうもありがとうございました!
下記ブログにも、ちょっとしたサンボの歴史のまとめをやってみました。
http://warakoichi.blogspot.com/

2010/6/12(土) 午前 11:54 [ gonkakuwara ] 返信する

顔アイコン

和良さん、心から応援しています。第2弾にも着手してください。
7月18日に刊行記念やりましょう! 参加者も募ります!

2010/6/13(日) 午前 1:08 [ 萩原元気堂★ ] 返信する

顔アイコン

和良さん、8月7日に下北沢タウンホールで講習会行いますがご都合が合えばですが、座学で1時間「ロシアとサンボ」をテーマに講演行っていただけませんか?

2010/6/13(日) 午前 1:12 [ 萩原元気堂★ ] 返信する

顔アイコン

いえ、自分は喋るよりも書くほうが性分ですので、とてもとても場を持たせられません…。お誘いありがとうございました。

2010/6/13(日) 午前 10:57 [ gonkakuwara ] 返信する

早速購入して読み始めましたが、サンボに対する思いが深まる著作です!
サンボを習いたいと思ってきました!

2010/6/19(土) 午前 0:25 [ 山猿 ] 返信する

顔アイコン

山猿、ありがとう。和良さんもきっとよろこぶよ!

2010/6/19(土) 午前 0:55 [ 萩原元気堂★ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事