栗田智仁が作る果物大図鑑

色々な種類の果物を栗田智仁が調査します!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

アボカドについて

こんにちは、栗田智仁です。
今回はアボカドについてご紹介します。


唯一のアボカドの国内品種である「ベーコン」は、
国内で11月頃から収穫されます。
サイズは一般的なアボカドに比べて少し大きく、
果皮も緑色が濃くなっています。

追熟果肉はクリーム色で、これは追熟しても
あまり果肉に変化のない品種になっています。

そのため、追熟は果肉の柔らかさで判断します。

味や食感は「ハス」とあまり変わりませんが、
なめらかな口当たりが美味しい品種です。

アボカドについて

こんにちは、栗田智仁です。
今回はアボカドについてご紹介します。


同じアボカドに見えても実は種類がいくつかあります。

日本に輸入しているアボカドは、基本的に「ハス」という
品種が多くなっています。
メキシコ産が多く、卵型で果皮もざらつきがあり、
未熟なときは緑色で、熟してくると黒く変化してきます。

果肉は薄い緑色で、こくがあってねっとりした食感です。
しょうゆやマヨネーズで食べるとおいしくなります。

アボカドについて

こんにちは、栗田智仁です。
今回はアボカドについてご紹介します。


アボカドには適してた保存方法があります。
アボカドは、未熟なうちに収穫されて、そのまま常温で
追熟させることで柔らかさがでてきますが、
皮が緑色のアボカドはまだ未熟なので、温度を20度前後に保って
追熟させる必要があります。

温度も27度超えてしまうと、追熟障害を引き起こしてしまうので、
温度には十分気をつけましょう。

皮が黒ずんできたらおいしく食べてみましょう。

熟したアボカドはポリ袋で保存して、冷蔵庫の野菜室で保管します。
保存期間は2〜3日程度なので、それまでに食べましょう。

食べ方は、真ん中の種に沿って半分に切って種を取り出します。
熟しているなら、そのまま手で剥くことができるので、
皮をむいてお好みのサイズにカットして食べましょう。

半分残すなら、種をつけたままラップで包んでください。
酸化による変色を防ぎたいなら、レモン汁をかけておくと
良いでしょう。

アボカドについて

こんにちは、栗田智仁です。
今回はアボカドについてご紹介します。


美味しいアボカドは、形がきれいで果皮に張りやつややかさがあり、
果皮の間に隙間がないものが良いとされています。

果皮も黒く、しわが入り過ぎていると熟しすぎている証拠です。
早めに食べた方が良いでしょう。

またヘタが取れてその部分が黒ずんでいるものは、
果肉も変化している可能性があるので避けましょう。

数日後に食べるなら果皮が緑色のものを
すぐに食べるなら果皮が黒いものを選ぶと良いでしょう。
こんにちは、栗田智仁です。
今回はアボカドについてご紹介します。


アボカドの歴史は、今から約7000年以上も前から続いています。
記録として残っているのは13世紀頃の話で、
当時のインカ王の墓からアボカドの種が出土していたことが
きっかけとなります。
16世紀になるとアメリカに伝わり、オーストラリアや
ヨーロッパにも伝わっていったといわれています。

日本に入ってきたのは、約100年以上も前になります。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事