日々あれこれ

時代は保守の時代へ 訪問・コメントが遅れてすみません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

稲田防衛相 国民を裏切る重大疑惑


 稲田朋美防衛相にまた重大な疑惑が持ち上がった。

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報について、保管の事実を非公表とする方針を了承していたというものだ。事実なら国民への背信行為である。大臣を続ける資格はない。

 陸上自衛隊部隊が作成した日報は当初「陸自で廃棄済み」とされた。一転、統合幕僚監部での電子データ保管を認め、一部黒塗りで公開したのは2月上旬だ。ところが、3月になって陸自にも保管されていたことが報道で判明、組織的な隠蔽(いんぺい)の疑いが強まった。

 政府関係者によると、2月中旬に防衛省最高幹部による緊急会議が行われ、陸自に残されていた事実を「公表する必要はない」との方針を決定した。隊員個人が収集したもので公文書に当たらないといった理屈だ。稲田氏は異議を唱えなかったという。

 会議の2日前にも陸自側から報告を受けていたとされる。組織のトップとして事実関係の公表を指示すべきなのに、不当な判断を容認したことになる。

 国会で虚偽の説明をした可能性も見過ごせない。陸自でのデータ保管が明るみに出た翌日、衆院の安全保障委員会で「報告はされなかった」と答弁している。「徹底的に調査し、改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」とも述べていた。

 緊急会議について稲田氏は「隠蔽を了承したとかいう事実は全くない」と否定する。黒江哲郎事務次官も「記憶にない。(防衛相が了承したとの)事実関係はないと思う」としており、政府関係者の証言と食い違っている。

 本当に報告がなく、承知していなかったとすれば、組織を統率できていなかったことになる。いずれにしても責任は免れない。

 データの保管や消去、非公表の方針決定にどんな経緯があったのか、事実関係をはっきりさせる必要がある。

 解明に向け、防衛相直轄の防衛監察本部による特別防衛監察が3月から行われている。速やかに結果を公表するよう求める。すぐに報告書を出せないなら、これまでの調査で分かったことを明らかにすべきである。

 稲田氏は都議選の応援で自衛隊の政治利用と取れる発言をするなどこれまでも度々、大臣としての資質が疑問視されてきた。安倍晋三首相の任命責任も問われる。来月早々に行う方針の内閣改造で交代が取り沙汰される。退任でうやむやにすることは許されない。

(7月20日)


イメージ 2


戸籍の公表 問われる蓮舫氏の判断

 なぜ戸籍を開示して“身の証し”を立てなくてはならないのか。理解に苦しむ。

 民進党の蓮舫代表が自身の戸籍謄本の一部を公表した。日本国籍を選択し、「二重国籍」を解消した証拠を示すためだという。

 戸籍には出自が記され、深刻な差別に結びついてきた歴史がある。蓮舫氏個人の問題にとどまらず、開示して出自を明かすよう求める圧力が強まり、排外的な風潮を助長しないか心配だ。

 昨秋の党代表選の際、台湾籍との「二重国籍」を指摘された。その後、日本国籍を選ぶ手続きを取ったと説明したが、証拠がないとネット上で批判が続いていた。ここへきて党内からも、東京都議選の敗因の一つだとして戸籍の公表を求める声が上がった。

 一方で、反対する意見は党内にも強かった。蓮舫氏自身「本来、戸籍は開示すべきではない」「前例とすることは断じて認めない」と述べている。

 ならばなぜ反対を押し切って公表に踏み切ったのか。野党第1党の代表として政権に説明責任を求める立場であることを勘案したというが、それとこれとは分けて考えるべきだろう。

 戸籍はかつて公開が原則とされ、結婚や就職の際の身元調査に利用されて、被差別部落出身者らの重大な人権侵害につながってきた。公開や利用が制限されてからも戸籍情報の不正取得はやまず、原則非公開に転換したのは2008年のことだ。

 差別は根深く残っている。街頭やネット上で排外的なヘイトスピーチもやまない。「戸籍を見せられないのは、やましいところがあるからだ」といった見方が広がれば、出自による差別は防げない。戸籍は開示を要求すべきものではないし、応じるべきでもない。

 そもそも二重国籍であることはそれほど大問題なのか。国際化が進み、外国で生まれたりして二重国籍になることは珍しくなくなった。多くの国が二重国籍を認めている。欧州には、どちらかを選べと求めないことなどを定めた国籍条約がある。

 日本にも70万〜80万人いるといわれている。具体的な弊害が生じているわけではない。むしろ、複数の国籍を持つ人は社会に多様性をもたらす存在でもある。

 国籍法の「国籍唯一の原則」を見直すときではないか。多様な価値観と人権が尊重され、誰もが排除されない社会の実現を綱領にうたう民進党は、その議論をけん引する役割こそ果たすべきだろう。

(7月20日)


信濃毎日新聞は、もう社説の掲載は止めたら?と呆れました。

東京地検が動かず、蓮舫議員を放置している事が反日マスゴミをやりたい放題にさせてます。

民進党議員は国賊だらけ、マスゴミが報道しないので守られてますね。

この記事に

閉じる コメント(3)

多重国籍であろうと日本の総理大臣、国会議員はもちろん外交官にもなれるような日本でありたいと信濃毎日新聞は言ってます。異常な思考としか思えません。

2017/7/20(木) 午後 9:25 [ bigboy rick ] 返信する

顔アイコン

> bigboy rickさん
信毎の中の日本は、既にシナや韓国の一部なんでしょうね。

自分達だけ安泰だと思ってる。

2017/7/20(木) 午後 10:18 まお 返信する

まおさん、こんばんは
疑惑が持ち上がったって、また疑いをかけられた方が証明しろと言ってるんですかね、信濃毎日は
疑惑じゃなく裏どりしてから書けばいいのに
今回の件も稲田大臣に問題は無いようですが、こうやって疑惑が!!とやっていると騙される人もいるのでしょうね。稲田は駄目だーという世論を作りたいんでしょう

信濃毎日は自民党の小野田議員が戸籍を公開した時に、何か反応したのかしら?

2017/7/20(木) 午後 11:55 watasiyarimasu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事