過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

青春走者  その28

「洸児センパイ・・何か元気ないっすね」

放課後になり部活に打ち込む陸上部の面々だが洸児だけはテンションも上がらず、

後輩部員たちから心配される状態だった。


翔は頭を掻きながら洸児に近づき、

「おい!いい加減シャキッとしろよ!お前らしくねぇんだよ!」

と、軽くキックをくらわせる。


「あぁ・・分かってるよ。すまん・・・」

帰ってくる言葉は覇気の無いものだった。

「なぁ、洸児。お前何かあったんだろ?部活終わったら話せよ。」

「・・・・・」


翔の言葉に複雑な顔をする洸児だったが、ふぅっと息を吐くと、

「・・・分かった。後で話すよ。」

と、少し笑顔を見せながら答えた。





「なにぃ!あの美佐センパイとぉ?」

「バカ野郎!声がデカイんだよ。」

部活の後、いつものハンバーガーショップで美佐との出来事を

洸児から聞いた翔は思わず立ち上がり叫んでいた。


「でもよぉ・・なんで今頃なんだ?」

「俺にも分からない。翔、お前なら分かるんじゃないのか?」

「う〜ん、いくら俺でもなぁ・・女心は秋の空って言うしなぁ・・」

そう言いながら二人して天を仰いだ。



「とにかくよ、お前は早苗ちゃん一筋なんだからキッチリとケジメつける必要があるよな」

「あぁ。それも分かってる。問題は・・早苗ちゃんが会ってくれない事だ・・・」

「とりあえずは美佐センパイにハッキリと言うしかない。」

「でも、俺と早苗ちゃんの事を知っているんだぜ?どうハッキリ言えばいいんだ?」

洸児の問いにハンバーガーをかじりながら翔は答えた。


「んなもん、簡単だろ?俺には愛する彼女がいますとビシッとだなぁ」

「お前・・真面目に聞いてないだろ・・・?」

「は?・・いや・・こんな面白い展開めったに見れないしさ・・あれ?洸児?」

翔の言葉が終る前に洸児はテーブル上に崩れていた。


つづく

青春走者  その27

夜が明けた・・・。洸児は結局一睡もせずに朝を迎えた。

「はぁ・・寝られなかった・・」

洗面所に行き、冷たい水で顔を洗いながら考える。

・・・俺は、何を悩んでいるんだ?・・

・・・俺には早苗ちゃんだけなんだ・・

・・・ならば、やることは一つだけだ!・・

洗面台の鏡に映る自分を見て頷いた。




「早苗〜!おっはよ〜!・・・って、どうしたの!?」

朝の登校時間。知恵は元気よく早苗に話しかけるが振り向いた早苗の顔を見て驚いた。

「あ・・・ごめん・・昨夜眠れなくて・・」

「なんか、泣いた顔だね・・どした?何かあった?」

知恵の優しい言葉に早苗は複雑な表情を見せる。

「早苗、無理しないでいいよ。話したくなったらいつでも聞くからね」

「うん・・・ありがと。ねぇ、放課後少し時間ある?」

「今日、全然OK!」

二人は放課後に話をする約束を交わして学校へと歩いた。


つづく

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事