はこだて外国人居留地研究会

外国人居留地マップ「中国編」が完成しました。

函館外国人居留地

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

「150ハコダテ」販売状況の最新アップデート(3月5日現在)です。

●函館市内書店(14)での取り扱いが決定。
お店によって多少前後することはあっても、3月10日頃には店頭にお目見えすると思われます。

スーパーブックス桔梗店
文教堂 湯川店
文教堂 昭和店
文教堂 テーオー店
加藤栄好堂美原店
栄文堂書店
北文館 本店
北文館 函館駅店
くまざわ書店 ボーニ店
くまざわ書店 ポールスター店
蔦屋書店
三省堂書店
白水書店
昭和書房

●函館(その他)書店以外にも下記6か所で販売中
まちせん CafeDripDrop
立待岬物語(谷地頭)
函館元町ホテル
ホテル ラビスタ函館ベイ
五稜郭タワー売店
喫茶モーリエ

●札幌でも
古書 サッポロ書店 (札幌)
函館市内書店での取り扱いは決定しました。
お店によって多少前後することはあっても、3月10日頃には店頭にお目見えすると思われます。

スーパーブックス桔梗店
文教堂 湯川店
文教堂 昭和店
文教堂 テーオー店
加藤栄 光堂美原店
栄文堂書店
北文館 本店
北分館 函館駅店
くまざわ書店 ボーニ店
くまざわ書店 ポールスター店
蔦屋書店
三省堂書店
白水書店
昭和書房

イメージ 1

はこだて外国人居留地研究会が編集・発行
「150枚の画像が語る 幕末・明治の国際都市ハコダテ」
(オールカラー64ページ 販売価格800円)
市内主要書店での発売間近です。

内容紹介

幕末開港以来、北の国際都市として発展し、国際交流の歴史と独特の街並みを継承してきた函館について、合計150 枚の豊富な図版と簡潔な文章で紹介。市街を眺望する写真、関連年表、参考地図などを交え、本文に記載の各テーマの時間的・空間的な関係も把握しやすくしています。
新幹線延伸が、今後の函館発展の契機となってほしいとの願いのもと、「2013 年度トヨタ財団国内助成」を受けて刊行しました。

著者について

「はこだて外国人居留地研究会」は、外国人が共に住み、和洋折衷住宅が混在した旧市街地(西部地区)独自の異国情緒を今も生きている歴史遺産ととらえ、地元の目線でかつての外国人居留地に関する知られざる事実を明らかにし、函館市民の知的財産とすることをめざす市民団体。その会員有志が分担で執筆し、編集しました。

函館市内などでの「150ハコダテ」販売状況のアップデートです。
まちせん CafeDripDrop
立待岬物語(谷地頭)
函館元町ホテル
ホテル ラビスタ函館ベイ
五稜郭タワー売店
喫茶モーリエ
以上は店頭在庫有り・発売開始済
市内主要書店 (近日発売)
古書 サッポロ書店 (札幌) (近日発売)
はこだて外国人居留地研究会はこのたび、函館のビジュアル歴史本『150枚の画像が語る 幕末・明治の国際都市ハコダテ』を発刊しました。
新発見を含む多数の画像資料駆使した、見やすい、読みやすい函館の歴史入門書です。
市内書店などで3月上旬から店頭販売を開始します。
また、遠隔地の方向けにネット販売を準備中。近日中に本ブログでもお知らせします。

イメージ 2

イメージ 1

久々の投稿です。いままで専らお願いしていた遠藤さんからバトンタッチを受けて、今後本ブログではこだて外国人居留地研究会の活動を随時レポートしていきます。
第1回は、例年参加しているNPOまつりへの参加。
当研究会が定例会でいつもお世話になっている「まちせん」で開催されるこのイベント。市内のNPO団体が大挙集合します。
当研究会はポスター展示と会の紹介パンフの配布という地味な参加ですが、皆様、この機会に当研究会についての認識を深めていただき、例会への見学参加、あわよくば入会もご検討いただきたいと思います。

イメージ 1

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事