読めば必ず幸せになる「幸福の話」と「光明の波状攻撃」

順番に読むように書かれていますので、お手数ですが 2010年1月1日からお読み下さい

全体表示

[ リスト ]


http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2015/09/06/065330
私は昔、縄文時代が1万年以上続いたということを、
単なる文化の低迷状態だった、と思っていましたが、

最近は、
1万年をかけて、日本の地に
「縄文的文化価値観」を「日本の理念」として、
日本の地霊にしみこませるためだったのでは、
と思うようになりました。

それは
人の幸せを自分の幸せとする
という価値観です。

それは
「すべての本来相は神である、自他は本来一体である」
という真理を現象に表現したものです。

その後に弥生人が来ようとも、何がどうあろうとも、
ゆるぎない「日本の理念」というものを
しっかりと日本の地霊にしみこませる
そのために、1万年以上をかけたのです。

大和政権から千年以上、皇紀2600年と言えども
縄文1万数千年に比べたたら何ほどのものでしょうか。
そんなものに負けない理念を日本の地に染み込ませるために
1万年以上の歳月が必要だったのです。

最近、車以外にも、歩いて八戸の地を巡っていると、
土や草木の匂いを嗅いで、デジャブ的な感覚に襲われます。

やはり前世の縄文時代にこの地にいたために、
今生でもこの地に導かれてきたのでしょうか。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事