白鳥イチゴ

イチゴの育種を通して、日本の農業の今後を想う

苺小説 泥炭 / 電照とナメクジ

すべて表示

電照とナメクジ(49)

突然、その半分を口にして密かにいい思いをした山村が、前に緊張して語りだしたことを思い出し、 今度はにっこりとリラックスして、「姫様が、『心許せる善良な方に囲まれて、身分も外聞も気にせず、 心置きなく味わえるこの瞬間が最も幸せです』という言葉こそが、イチゴの全てだと思います」と 十五夜姫の言葉を繰り返しました。 「物心がついた頃から野山のイチゴに親しみ、それに因んで十五夜姫という名前まで冠せられた方。 その貴方が今、何気なく語った感想こそが、イチゴに魅せられた者としての結語だと思いました。 その言葉をお聞きして、改めて貴方が並々ならぬ方だと確信しました」 誕生日用に特別に装飾されたデコレーションケーキのイチゴを残らず平らげてしまった十五夜姫は、 前に、山村が『イチゴには独自のイメージがある』と述べた点を心すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ホットスポット(02)

2011/6/2(木) 午前 11:26

ホットスポット[ イチゴ生産法人果楽土 ] 「果楽土」は、兵庫県猪名川町で促成イチゴを主に生産販売する農業会社です。 異業種からイチゴ分野へ新規参入しました。 果楽土という名前は、宝石の大きさの単位であるカラットに由来し、 ...すべて表示すべて表示

これまでに筆者が真剣に関わってきた最新イチゴ栽培において、 どう考えても「これだけは確かだ」と断言できる生産方式についてまとめておきます。 今回は夏秋イチゴに関してです。ちなみに、次回は促成イチゴです。 夏の涼しい北海道を ...すべて表示すべて表示

この時代(01)

2011/5/12(木) 午後 3:36

この時代 [ デフレの正体(藻谷浩介・角川書店)] 1990年代から今日までの約20年間、 豊かさの実感を得ないまま、 進むべき方向を見失って、 正体の見えない不気味なものに振り回されてきたように思います。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事