Baseball Dolphins

海外野球・国際野球のいろんな話

全体表示

[ リスト ]

NZ近況


最近レッドソックスと契約したマオリ人Te Wera Bishopの記事。前半にはスカウトとの出会いの様子が、後半にはNZ野球界の近況が書かれています。以下気になったところ

・野球人口の上昇
ここ1年間に1200人だった野球人口が4000人に増えたようです。オークランドにはクリケットと競合している学校もある中で、この増加は注目に値します。

・大学リーグ創設
10チームによる大学リーグがオークランドで始まる予定だそうです。St Kentigern Collegeが、ダイヤモンドとバッティングケージを整備し出したのがきっかけのようで、それを見た周りの学校が次々に関わりたいと申し出たんだとか。

・豪州リーグ(ABL)への参加
Baseball New Zealandの最高責任者・Ryan Flynnはニュージーランドに本拠地を置く球団をABLに参入させることを計画しており、実際に豪州側の職員と交渉中らしいです。ニュージーランドはワールドクラスの野球プログラムを作り上げる力があると思う、と彼は言っています。

・ソフトボール界からの反応
 いわば有望選手を野球に奪われた形になったソフトボールですが、NZソフト界のレジェンドMark Sorenson氏は今回の契約を好意的に受け止めているようです。「経済的な見返りや選手が歩むであろう道のりは、野球の方が遥かに大きい。非凡な才能を持つソフトボール選手が、何故ソフトボールのプレーだけに限定されなくてはならないのか?」とまで言っています。彼は野球とソフトのさらなる密な連携、最終的には合併まで考えているようです。
 また、Softball New ZealandのGMであるDane Dougan氏も、ダイアモンドスポーツへ全体への関心が高まるという点から、肯定的なコメントをしています。

 先日はオセアニアAA選手権のテレビ中継もありましたし、わりかし注目度は上がってるみたいですね。シニアの代表が結成されるのも、そう遠くない日だと思いたいです。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

先日はどうもありがとうございました、フィリピン野球記事が書けたのも管理人さんのおかげですね

NZですが、すごいですね。ABLまで視野入れてるとは。大学でリーグができれば高校などの下地も整ってくる可能性も高いのではないでしょうか
NZはオセアニア、アジア圏の国ではかなり急成長しそうな予感です、そりゃ時間はかかるだろうけど。楽しみですねぇ〜
問題といえば、オセアニア選手権が・・・ってくらいでしょうか。

しかし、こちらのブログの情報量というかかゆいところに手が届くというか。なんていったらいいのか自分の日本語力じゃわからないですけど、とにかくすごいです、さすがですね。

2011/3/27(日) 午後 9:43 [ 野球ふぁん ]

顔アイコン

いえいえ、恐縮です。
ニュースサイトの記事つまんでるだけなんで、大したことはしてないですから(笑)

ニュージーランドは成人層の選手があんまりいなそうなんで、大学リーグにしてもABLにしてもそのへんの受け皿が広がるのはうれしいですね。
オセアニアAA選手権でもグアムを2度大差で下してますし、オセアニアレベルでもやや抜けた存在になりつつあるのかもしれません。楽しみですね。

2011/3/28(月) 午後 4:56 [ ruirui ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事